ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0910S
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
谷垣 真理子
TANIGAKI Mariko
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
香港の政治と社会(中国語文献講読)

今学期は、英領植民地以前から特別行政区までを扱った香港の教育についての概説書か、第二次世界大戦後の香港と大陸と台湾との学術交流をとりあげた論文集を読む。どちらかひとつにしてよいし、希望があれば、2冊ともに読んでかまわない。なお、学期中には1回、自身の研究状況について報告してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-320 Komaba Bldg.8 Room 8-320
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0910S
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
谷垣 真理子
TANIGAKI Mariko
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
香港の政治と社会(中国語文献講読)

今学期は、英領植民地以前から特別行政区までを扱った香港の教育についての概説書か、第二次世界大戦後の香港と大陸と台湾との学術交流をとりあげた論文集を読む。どちらかひとつにしてよいし、希望があれば、2冊ともに読んでかまわない。なお、学期中には1回、自身の研究状況について報告してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-320 Komaba Bldg.8 Room 8-320
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0910A
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
谷垣 真理子
TANIGAKI Mariko
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
中国世界における政治と社会(香港:英語文献講読)

文献講読主体の授業。中国世界の政治と社会を視野にいれた文献をを読む。論文を読み込むことと、その際に周辺状況を調べることに慣れてもらうことが目標である。本年度はNorman Miners氏のThe Government and Politics of Hong Kong, 劉兆佳氏の Society and Politics in Hong Kong もしくはNgo Tat Wing(ed.) State and Society under a Colonial Rule のいずれかを、参加者と相談の上決定する。なお、学期中には1回、自身の研究状況について報告してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0910A
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
谷垣 真理子
TANIGAKI Mariko
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
中国世界における政治と社会(香港:英語文献講読)

文献講読主体の授業。中国世界の政治と社会を視野にいれた文献をを読む。論文を読み込むことと、その際に周辺状況を調べることに慣れてもらうことが目標である。本年度はNorman Miners氏のThe Government and Politics of Hong Kong, 劉兆佳氏の Society and Politics in Hong Kong もしくはNgo Tat Wing(ed.) State and Society under a Colonial Rule のいずれかを、参加者と相談の上決定する。なお、学期中には1回、自身の研究状況について報告してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0541A
地中海文化構造論II
Cultural Structure of the Mediterranean Area II
村松 真理子
MURAMATSU Mariko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
イタリア語テクスト分析

イタリア語のテクストの精読分析から、時代背景、テクスト間のつながり、思想的背景、解釈史について、地中海的文脈において考察検討します。今年度は『神曲』地獄篇を読む予定です。あわせて、それぞれの修士論文のテーマや分野との関わりから、発表をしてもらいます。今年度は、参加者の専門によって他のテクストをあわせて講読することも予定しています。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D370-0280A
多文化共生・統合人間学演習Ⅸ
Seminar in Integrated Human Sciences for Cultural Diversity Ⅸ
村松 真理子
MURAMATSU Mariko
A1A2 金曜5限
Fri 5th
「共生のプラクシス 市民社会と地域という思想」

共生をテーマとするいくつかの基本的な文献を共有しながら、それぞれ専門とする研究分野からの発表やディスカッションを通して、さまざまな視点にふれるための授業である。多文化共生・統合人間学プログラムのプロジェクト「共生のプラクシス 市民社会と地域という思想」を構成する3つのユニット「東アジア」「ヨーロッパ」「格差・人権」に所属する教員が主催する研修に関連する報告や講義も予定しているので、なるべく積極的に参加してほしい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-209 Komaba Bldg.8 Room 8-209
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0541A
地中海文化構造論II
Cultural Structure of the Mediterranean Area II
村松 真理子
MURAMATSU Mariko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
イタリア語テクスト分析

イタリア語のテクストの精読分析から、時代背景、テクスト間のつながり、思想的背景、解釈史について、地中海的文脈において考察検討します。今年度は『神曲』地獄篇を読む予定です。あわせて、それぞれの修士論文のテーマや分野との関わりから、発表をしてもらいます。今年度は、参加者の専門によって他のテクストをあわせて講読することも予定しています。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21176503
韓国朝鮮文学研究
Topics in Korean Literature
李 亨眞
LEE Hyungjin
通年
Full Year (from Apr.)
火曜4限
Tue 4th
韓国朝鮮文学研究 - 1990年以降の韓国文学

1990年以降活発に活動している当代韓国文学の主要な作家の作品を中心に今日の韓国文学や韓国社会を深層的に探求することを目標とする。授業は韓国語で行う。対象テキストは韓国語の原本と日本語翻訳本の中から選択可能。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 赤門723
講義使用言語 Language:韓国朝鮮語 Others
31D370-0100S
多文化共生・統合人間学講義Ⅰ
Integrated Human Sciences for Cultural Diversity Ⅰ
高橋 英海
TAKAHASHI Hidemi
S1S2 月曜6限
Mon 6th
多文化共生・統合人間学概論

この授業では、多文化共生・統合人間学プログラムの全体を俯瞰するために、同プログラムの各教育ユニットのリーダーが、各自の専門的視点及び、ユニットにおける研究教育の学問的理念について、オムニバス形式で、毎回の講義と討論を行う。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21173409
音韻論の諸問題 6
Topics in English Linguistics: English Phonology 6
田中 伸一
TANAKA Shinichi
A1A2 金曜5限
Fri 5th
音韻論演習

 この授業では,音韻論に関する基本的なテーマや方法論を網羅した著作を通して,母音・子音などのセグメント体系,モーラ・音節・強さ/高さアクセントなどのプロソディ体系,形態や統語とのインターフェイス,そして最新の研究動向などの諸相を俯瞰する。テキストは朝倉日英対照言語学シリーズ第3巻『音韻論』を使用し,分析のための基本的な考え方や方法論を身につけることを目標とする。 また,担当教員や受講者の知識やセンスを総動員して議論することで,論考を批判的に検討しテーマを深めることも重要な目標の1つである。  テキストは分野の概要を広く深くまとめ,かつ基本的概念を丁寧に解説した格好の入門書となっている。また,各テーマは一見ありきたりに見えるが,既習者にも学ぶところと突っ込みどころがあって,興味深い論考に満ちている。音韻論を体系的に学びたい初心者はもちろん,ある程度知識はあるが改めてテーマを掘り下げて磨きをかけたい中・上級者も歓迎したい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 116教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 11 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account