ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0310A
ヨーロッパ地域システムI
European Systems I
西川 杉子
NISHIKAWA Sugiko
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
18世紀イングランドの政治文化と大陸との関係

18世紀のイングランド政治文化とヨーロッパ大陸の関連性についての英書を読む。テキストは Brendan Simms, Three Victories and a Defeat: The Rise and Fall of the First British Empire, 1714-1783 (Penguin, 2018)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0310A
ヨーロッパ地域システムI
European Systems I
西川 杉子
NISHIKAWA Sugiko
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
18世紀イングランドの政治文化と大陸との関係

18世紀のイングランド政治文化とヨーロッパ大陸の関連性についての英書を読む。テキストは Brendan Simms, Three Victories and a Defeat: The Rise and Fall of the First British Empire, 1714-1783 (Penguin, 2018)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-323-10-2
GLP-LP6242T1
西洋法制史専攻指導
Occidental Legal History (Guidance in Major)
西川 洋一
Yoichi Nishikawa
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180002
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅰ:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180097
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅰ:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180905
GHS-GC6H01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅰ:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21181203
GHS-JS6B01L1
明治期社会経済史演習
Topics in Socio-economic History of Meiji Period Japan
鈴木 淳
Jun Suzuki
通年
Full Year (from Apr.)
水曜2限
Wed 2nd
明治期社会経済史演習

明治期の史料の読解、批判とそれに基づく実証研究論文執筆法を研鑽することを目標とし、参加者の発表とそれに関する討論を基本とする。発表は、1点の基本史料の徹底的な検討に立脚する史料検討の発表と、研究論文に近いまとまった研究成果を発表する研究発表の2種類を、各参加者がそれぞれ1回以上行う。 史料検討は、国立公文書館所蔵「公文録」などから任意の一件を選んで行う、発表の一週間前に基本史料を提示した発表予告を行い、参加者はその史料を読解してくることを要求される。発表は、基本史料の性格を、その作成過程を含めてよく検討した上で、必要な関連資料を提示しながら行う。なお、本演習ですでに「公文録」による発表を経験したことがある者は他の史料群から基本史料を選んでも良い。 研究発表は、発表の一週間前に、題目のみ提示し、初めて聞く参加者にも課題と発表者の発見の意味がよく伝わるように報告する。発表内容は基本的に明治・大正期の日本を対象とした研究とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185073
GHS-CR6A02S1
明治期社会経済史演習
Topics in Socio-economic History of Meiji Period Japan
鈴木 淳
Jun Suzuki
通年
Full Year (from Apr.)
水曜2限
Wed 2nd
明治期社会経済史演習

明治期の史料の読解、批判とそれに基づく実証研究論文執筆法を研鑽することを目標とし、参加者の発表とそれに関する討論を基本とする。発表は、1点の基本史料の徹底的な検討に立脚する史料検討の発表と、研究論文に近いまとまった研究成果を発表する研究発表の2種類を、各参加者がそれぞれ1回以上行う。 史料検討は、国立公文書館所蔵「公文録」などから任意の一件を選んで行う、発表の一週間前に基本史料を提示した発表予告を行い、参加者はその史料を読解してくることを要求される。発表は、基本史料の性格を、その作成過程を含めてよく検討した上で、必要な関連資料を提示しながら行う。なお、本演習ですでに「公文録」による発表を経験したことがある者は他の史料群から基本史料を選んでも良い。 研究発表は、発表の一週間前に、題目のみ提示し、初めて聞く参加者にも課題と発表者の発見の意味がよく伝わるように報告する。発表内容は基本的に明治・大正期の日本を対象とした研究とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185253
GHS-CR6C02S1
明治期社会経済史演習
Topics in Socio-economic History of Meiji Period Japan
鈴木 淳
Jun Suzuki
通年
Full Year (from Apr.)
水曜2限
Wed 2nd
明治期社会経済史演習

明治期の史料の読解、批判とそれに基づく実証研究論文執筆法を研鑽することを目標とし、参加者の発表とそれに関する討論を基本とする。発表は、1点の基本史料の徹底的な検討に立脚する史料検討の発表と、研究論文に近いまとまった研究成果を発表する研究発表の2種類を、各参加者がそれぞれ1回以上行う。 史料検討は、国立公文書館所蔵「公文録」などから任意の一件を選んで行う、発表の一週間前に基本史料を提示した発表予告を行い、参加者はその史料を読解してくることを要求される。発表は、基本史料の性格を、その作成過程を含めてよく検討した上で、必要な関連資料を提示しながら行う。なお、本演習ですでに「公文録」による発表を経験したことがある者は他の史料群から基本史料を選んでも良い。 研究発表は、発表の一週間前に、題目のみ提示し、初めて聞く参加者にも課題と発表者の発見の意味がよく伝わるように報告する。発表内容は基本的に明治・大正期の日本を対象とした研究とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185353
GHS-CR6D02S1
明治期社会経済史演習
Topics in Socio-economic History of Meiji Period Japan
鈴木 淳
Jun Suzuki
通年
Full Year (from Apr.)
水曜2限
Wed 2nd
明治期社会経済史演習

明治期の史料の読解、批判とそれに基づく実証研究論文執筆法を研鑽することを目標とし、参加者の発表とそれに関する討論を基本とする。発表は、1点の基本史料の徹底的な検討に立脚する史料検討の発表と、研究論文に近いまとまった研究成果を発表する研究発表の2種類を、各参加者がそれぞれ1回以上行う。 史料検討は、国立公文書館所蔵「公文録」などから任意の一件を選んで行う、発表の一週間前に基本史料を提示した発表予告を行い、参加者はその史料を読解してくることを要求される。発表は、基本史料の性格を、その作成過程を含めてよく検討した上で、必要な関連資料を提示しながら行う。なお、本演習ですでに「公文録」による発表を経験したことがある者は他の史料群から基本史料を選んでも良い。 研究発表は、発表の一週間前に、題目のみ提示し、初めて聞く参加者にも課題と発表者の発見の意味がよく伝わるように報告する。発表内容は基本的に明治・大正期の日本を対象とした研究とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 26 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account