ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-1131A
通文化研究基礎論I
Foundations of Trans-regional Studies I
菅 豊
Yutaka Suga
A1A2 未定
To Be Arranged 
現代民俗学の可能性と課題―日常生活のあたりまえを問い直す

民俗学は、過去に拘束された「日常生活」文化に関心を持ち続けてきた。それはあたりまえとして見過ごされがちな、身の回りの所与の世界や事物に対する理解行為であった。そしてそれは、眼前に広がる世界に存在する現象や事物の自明性を疑う行為であり、さらに、自明のこととして思考を停止させている素朴な日常的見方(自然的態度)を疑う批判的、批評的行為であった。しかし、その批判性や評論性は、現在の民俗学からは失われている。本授業では、現代社会において「評論としての民俗学」を再構築、強化するための視点、目的、手法について、自己の研究課題と対照させながら実践的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1131A
通文化研究基礎論I
Foundations of Trans-regional Studies I
菅 豊
Yutaka Suga
A1A2 未定
To Be Arranged 
現代民俗学の可能性と課題―日常生活のあたりまえを問い直す

民俗学は、過去に拘束された「日常生活」文化に関心を持ち続けてきた。それはあたりまえとして見過ごされがちな、身の回りの所与の世界や事物に対する理解行為であった。そしてそれは、眼前に広がる世界に存在する現象や事物の自明性を疑う行為であり、さらに、自明のこととして思考を停止させている素朴な日常的見方(自然的態度)を疑う批判的、批評的行為であった。しかし、その批判性や評論性は、現在の民俗学からは失われている。本授業では、現代社会において「評論としての民俗学」を再構築、強化するための視点、目的、手法について、自己の研究課題と対照させながら実践的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47180-25
GFS-SC6D06L1
統計的データ解析
Statistical Data Analysis
菅澤 翔之助
A1A2 水曜5限
Wed 5th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 6F 講義室6 Environmental Studies, GSFS Lecture Room 6
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1131S
横断型 University-wide
通文化研究基礎論I
Foundations of Trans-regional Studies I
菅 豊
Yutaka Suga
S1S2 水曜4限
Wed 4th
ヴァナキュラー文化研究の射程―ヴァナキュラー芸術の世界

 ヴァナキュラー(vernacular)とは、元来、土地固有の土着的な地方語、話し言葉、日常語を形容する言葉として使用されていたが、ここ数十年のあいだ、種々の人文・社会科学ではその語義を拡大し、文化論におけるより魅力ある現代的キーワードとして発展させてきている。その語には、普遍に対する土着、中央に対する地方、権力に対する反権力、権威に対する反権威、正統に対する異端、フォーマルに対するインフォーマル、パブリックに対するプライベート、プロフェッショナルに対するアマチュア、高踏に対する世俗、エリートに対する非エリート、マジョリティに対するマイノリティ、市場に対する反市場、非日常に対する日常、仕事に対する趣味、他律に対する自立、洗練に対する野卑、教育に対する独学などなど.....実に多様な含意を込めることが可能である。  この語を文化に冠することにより、多様な文化のなかから括り取られる「ヴァナキュラー文化(vernacular culture)」は、社会の表舞台に登場し、すべての人びとから称賛される文化では必ずしもないが、社会のどこかの舞台には必ず登場し、特定の人びとから特別な熱意をもって執着される文化である。それは諸局面で正統な文化の対概念として、ときに対立性から語られ、またときに対称性から語られうるが、同時に表裏一体の交渉性も保持される文化である。  本授業では、そのようなヴァナキュラー文化のなかのヴァナキュラー芸術(vernacular arts)を題材にして、ヴァナキュラーな学問ともいえる民俗学におけるヴァナキュラー文化研究の対象領域、方法、視点、そして意義などについて一緒に考えてみたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 7階・705号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1131S
横断型 University-wide
通文化研究基礎論I
Foundations of Trans-regional Studies I
菅 豊
Yutaka Suga
S1S2 水曜4限
Wed 4th
ヴァナキュラー文化研究の射程―ヴァナキュラー芸術の世界

 ヴァナキュラー(vernacular)とは、元来、土地固有の土着的な地方語、話し言葉、日常語を形容する言葉として使用されていたが、ここ数十年のあいだ、種々の人文・社会科学ではその語義を拡大し、文化論におけるより魅力ある現代的キーワードとして発展させてきている。その語には、普遍に対する土着、中央に対する地方、権力に対する反権力、権威に対する反権威、正統に対する異端、フォーマルに対するインフォーマル、パブリックに対するプライベート、プロフェッショナルに対するアマチュア、高踏に対する世俗、エリートに対する非エリート、マジョリティに対するマイノリティ、市場に対する反市場、非日常に対する日常、仕事に対する趣味、他律に対する自立、洗練に対する野卑、教育に対する独学などなど.....実に多様な含意を込めることが可能である。  この語を文化に冠することにより、多様な文化のなかから括り取られる「ヴァナキュラー文化(vernacular culture)」は、社会の表舞台に登場し、すべての人びとから称賛される文化では必ずしもないが、社会のどこかの舞台には必ず登場し、特定の人びとから特別な熱意をもって執着される文化である。それは諸局面で正統な文化の対概念として、ときに対立性から語られ、またときに対称性から語られうるが、同時に表裏一体の交渉性も保持される文化である。  本授業では、そのようなヴァナキュラー文化のなかのヴァナキュラー芸術(vernacular arts)を題材にして、ヴァナキュラーな学問ともいえる民俗学におけるヴァナキュラー文化研究の対象領域、方法、視点、そして意義などについて一緒に考えてみたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 7階・705号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4917550
文化・人間情報学特論XXⅤ
Special Seminars in Cultural and Human Information Studies XXⅤ
菅 豊
Yutaka Suga
S1S2 水曜4限
Wed 4th
文化・人間情報学特論XXⅤ ヴァナキュラー文化研究の射程―ヴァナキュラー芸術の世界

ヴァナキュラー(vernacular)とは、元来、土地固有の土着的な地方語、話し言葉、日常語を形容する言葉として使用されていたが、ここ数十年のあいだ、種々の人文・社会科学ではその語義を拡大し、文化論におけるより魅力ある現代的キーワードとして発展させてきている。その語には、普遍に対する土着、中央に対する地方、権力に対する反権力、権威に対する反権威、正統に対する異端、フォーマルに対するインフォーマル、パブリックに対するプライベート、プロフェッショナルに対するアマチュア、高踏に対する世俗、エリートに対する非エリート、マジョリティに対するマイノリティ、市場に対する反市場、非日常に対する日常、仕事に対する趣味、他律に対する自立、洗練に対する野卑、教育に対する独学などなど.....実に多様な含意を込めることが可能である。  この語を文化に冠することにより、多様な文化のなかから括り取られる「ヴァナキュラー文化(vernacular culture)」は、社会の表舞台に登場し、すべての人びとから称賛される文化では必ずしもないが、社会のどこかの舞台には必ず登場し、特定の人びとから特別な熱意をもって執着される文化である。それは諸局面で正統な文化の対概念として、ときに対立性から語られ、またときに対称性から語られうるが、同時に表裏一体の交渉性も保持される文化である。  本授業では、そのようなヴァナキュラー文化のなかのヴァナキュラー芸術(vernacular arts)を題材にして、ヴァナキュラーな学問ともいえる民俗学におけるヴァナキュラー文化研究の対象領域、方法、視点、そして意義などについて一緒に考えてみたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 7階・705号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4915080
メディア表現論I
Media Practice I
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
メディア表現論 Media Practice

 ここでいう「メディア表現」とは、せまい意味でのアートやデザインの表現活動や作品を意味するのではありません。メディアに媒介された、一般的な人々のコミュニケーション活動を、私たちが生きる社会文化的な文脈のもとで「表現」ととらえて使っています。デジタル・メディア社会における人々の自己実現と、共同体の形成、維持、ネットワーク化のためには、メディア表現としてのコミュニケーション活動の充実を図ることが欠かせないと考え、このことについてみなさんと実践的に考えていきたいと思います。そのことは必然的に、デジタル時代のメディア・リテラシーについての実践や研究にも結びつくことになります。したがってこの授業はメディア表現とメディア・リテラシーの両方を射程に入れたものになります。  授業はS1 タームのみ(月曜と木曜のそれぞれ2時限目に開講)。  メディア表現、あるいはメディア・リテラシーの実践的なグループ活動を月曜におこない(実践編)、それらに関する思想や理論の講義や講読を木曜におこないます(思想編)。すなわち実践と思想を並行して進める予定です。いうまでもなく実践と思想は循環的な関係にあり、最終的にはそれらを総合したかたちでのグループ活動の成果発表をしてもらいます。  実践編の具体的な活動内容は、授業に参加する学生らの面構えと人数などを見て決めます。2017年度は「memories×History」というメディアをめぐる記憶と歴史についてのワークショップをおこないました。16年度はデジタル・ストーリーテリング「メディア・コンテ」をおこない、各自の作品を制作しました。15年度は微弱電波ラジオづくりをおこないました。  実践活動は基本的にグループワークで進め、なんらかの制作物の発表・公表をおこない、情報学環のイベントやウェブサイトを通じて一般に向けて公開することまで考えています。  思想編では、メディア・リテラシー、市民のメディア表現をめぐる運動や実験などを含む実践的な手法に基づくメディア研究(批判的メディア実践)、オルタナティブ・メディアなどをめぐって講義と文献講読をおこないます。  この授業の目標を箇条書きにすると次のようになります。  メディア論、メディア・リテラシー、コミュニケーション論の領域で、理論や思想(批判的人文知)と実践やデザイン(創造的デザイン知)を架橋することの意義や、そのための方法の基本を体得すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47151-21
GFS-NE6L21L1
海洋物理環境論
Marine Physical Environments
道田 豊
Yutaka Michida
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 大気海洋研究所 216号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291203
GEC-EC5203L3
Mathematical Statistics
Mathematical Statistics I
菅澤 翔之助
A1 火曜2限 金曜2限
Tue 2nd Fri 2nd
Mathematical Statistics

この授業では,確率,数理統計の基礎的な内容を扱う. ※英語で開講 The course is an introduction to the most important general tools in probability and statistics, those that lie behind estimation and testing procedures in all application areas. We will study the ideas and the unifying mathematical theory on which contemporary statistical practice is based.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟 第3教室
講義使用言語 Language:英語 English
47195-04
GFS-EC6A04L1
環境経済学
Environmental Economics
飛原 英治
HIHARA Eiji
S1S2 木曜5限
Thu 5th
環境経済学(2) Environmental Economics

学部で経済学を学んでいない受講者を念頭において,環境経済学の基礎と実践的なテーマを対象とした事例研究に基づき,環境問題やその対策の経済的側面を講義する。学習目標は環境問題についての経済的な見方を理解し,現行経済制度のしくみ,環境政策と経済活動との関係を理解することである。 Environmental problems and the economical side of the measure will be provided to the participants who are not studying economics in an undergraduate level. Objectives of this lecture are understanding the economical view about an environmental problem and understanding the relation between the structure of the present economy system, an environmental policy, and an economic activity.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 1F FSホール Environmental Studies, GSFS FS Hall 1st fl.
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 40 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account