ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D210-0550A
文化人類学演習I
Seminar on Cultural Anthropology I
田辺 明生
TANABE Akio
A1A2 未定
To Be Arranged 
宗教と世俗主義の人類学

 近年、「公共的な世俗/私秘的な宗教」という二分法に対して疑義が呈されている。従来は公共圏から排除されていた「個人的なるもの」や「宗教的なるもの」が社会・政治的な重要性を帯びつつあるなかで、そもそも世俗性や公共性とは何かが問い直されているのである。本授業では、主要な理論的著作と民族誌を参照しながら、宗教と世俗主義をめぐる問題について論じていく。宗教と世俗主義をめぐる問題は、植民地主義、文化政治、アイデンティティといった広い問題と不可避的に関わっている。宗教と世俗主義の問題を軸としつつ、現代世界および現代人類学を問い直すことを試みる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1354A
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
田辺 明生
TANABE Akio
A1A2 未定
To Be Arranged 
宗教と世俗主義の人類学

 近年、「公共的な世俗/私秘的な宗教」という二分法に対して疑義が呈されている。従来は公共圏から排除されていた「個人的なるもの」や「宗教的なるもの」が社会・政治的な重要性を帯びつつあるなかで、そもそも世俗性や公共性とは何かが問い直されているのである。本授業では、主要な理論的著作と民族誌を参照しながら、宗教と世俗主義をめぐる問題について論じていく。宗教と世俗主義をめぐる問題は、植民地主義、文化政治、アイデンティティといった広い問題と不可避的に関わっている。宗教と世俗主義の問題を軸としつつ、現代世界および現代人類学を問い直すことを試みる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0550A
文化人類学演習I
Seminar on Cultural Anthropology I
田辺 明生
TANABE Akio
A1A2 未定
To Be Arranged 
宗教と世俗主義の人類学

 近年、「公共的な世俗/私秘的な宗教」という二分法に対して疑義が呈されている。従来は公共圏から排除されていた「個人的なるもの」や「宗教的なるもの」が社会・政治的な重要性を帯びつつあるなかで、そもそも世俗性や公共性とは何かが問い直されているのである。本授業では、主要な理論的著作と民族誌を参照しながら、宗教と世俗主義をめぐる問題について論じていく。宗教と世俗主義をめぐる問題は、植民地主義、文化政治、アイデンティティといった広い問題と不可避的に関わっている。宗教と世俗主義の問題を軸としつつ、現代世界および現代人類学を問い直すことを試みる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1354A
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
田辺 明生
TANABE Akio
A1A2 未定
To Be Arranged 
宗教と世俗主義の人類学

 近年、「公共的な世俗/私秘的な宗教」という二分法に対して疑義が呈されている。従来は公共圏から排除されていた「個人的なるもの」や「宗教的なるもの」が社会・政治的な重要性を帯びつつあるなかで、そもそも世俗性や公共性とは何かが問い直されているのである。本授業では、主要な理論的著作と民族誌を参照しながら、宗教と世俗主義をめぐる問題について論じていく。宗教と世俗主義をめぐる問題は、植民地主義、文化政治、アイデンティティといった広い問題と不可避的に関わっている。宗教と世俗主義の問題を軸としつつ、現代世界および現代人類学を問い直すことを試みる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0410S
文化構造論I
Cultural Systems I
田辺 明生
TANABE Akio
S1S2 月曜4限
Mon 4th
現代インド論--歴史人類学的視点から

 本授業は、大きく変わりつつある現代インドの様相を理解するために、どのような新たな視角と枠組が必要かを歴史人類学的視点から検討する。現在のインドの動態を支えるメカニズムを理解するにあたっては、グローバルな文脈と国家レベルの変容をおさえながら、現代インドがつくってきた独自の発展のかたちに着目する.そして地域固有の〈生態環境〉のなかで発展してきた〈政治経済〉〈社会文化〉の構造と歴史的変化を長期的な視野において検討する。そのうえで,インド独自の発展径路やデモクラシーのかたちを総合的視野から明らかにし、それが現在の政治経済社会の活況そして問題といかに結びついているかを把握することを試みる。それは、欧米の発展モデルとも東アジアのそれとも異なる「南アジア型の発展径路とデモクラシー」のありかたを探る試みとなるであろう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1354S
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
田辺 明生
TANABE Akio
S1S2 月曜4限
Mon 4th
現代インド論--歴史人類学的視点から

 本授業は、大きく変わりつつある現代インドの様相を理解するために、どのような新たな視角と枠組が必要かを歴史人類学的視点から検討する。現在のインドの動態を支えるメカニズムを理解するにあたっては、グローバルな文脈と国家レベルの変容をおさえながら、現代インドがつくってきた独自の発展のかたちに着目する.そして地域固有の〈生態環境〉のなかで発展してきた〈政治経済〉〈社会文化〉の構造と歴史的変化を長期的な視野において検討する。そのうえで,インド独自の発展径路やデモクラシーのかたちを総合的視野から明らかにし、それが現在の政治経済社会の活況そして問題といかに結びついているかを把握することを試みる。それは、欧米の発展モデルとも東アジアのそれとも異なる「南アジア型の発展径路とデモクラシー」のありかたを探る試みとなるであろう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0410S
文化構造論I
Cultural Systems I
田辺 明生
TANABE Akio
S1S2 月曜4限
Mon 4th
現代インド論--歴史人類学的視点から

 本授業は、大きく変わりつつある現代インドの様相を理解するために、どのような新たな視角と枠組が必要かを歴史人類学的視点から検討する。現在のインドの動態を支えるメカニズムを理解するにあたっては、グローバルな文脈と国家レベルの変容をおさえながら、現代インドがつくってきた独自の発展のかたちに着目する.そして地域固有の〈生態環境〉のなかで発展してきた〈政治経済〉〈社会文化〉の構造と歴史的変化を長期的な視野において検討する。そのうえで,インド独自の発展径路やデモクラシーのかたちを総合的視野から明らかにし、それが現在の政治経済社会の活況そして問題といかに結びついているかを把握することを試みる。それは、欧米の発展モデルとも東アジアのそれとも異なる「南アジア型の発展径路とデモクラシー」のありかたを探る試みとなるであろう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1354S
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
田辺 明生
TANABE Akio
S1S2 月曜4限
Mon 4th
現代インド論--歴史人類学的視点から

 本授業は、大きく変わりつつある現代インドの様相を理解するために、どのような新たな視角と枠組が必要かを歴史人類学的視点から検討する。現在のインドの動態を支えるメカニズムを理解するにあたっては、グローバルな文脈と国家レベルの変容をおさえながら、現代インドがつくってきた独自の発展のかたちに着目する.そして地域固有の〈生態環境〉のなかで発展してきた〈政治経済〉〈社会文化〉の構造と歴史的変化を長期的な視野において検討する。そのうえで,インド独自の発展径路やデモクラシーのかたちを総合的視野から明らかにし、それが現在の政治経済社会の活況そして問題といかに結びついているかを把握することを試みる。それは、欧米の発展モデルとも東アジアのそれとも異なる「南アジア型の発展径路とデモクラシー」のありかたを探る試みとなるであろう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-324-07-07
国際政治専攻指導
International Politics (Guidance in Major)
高原 明生
Akio Takahara
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-324-14-07
比較政治専攻指導
Comparative Politics (Guidance in Major)
高原 明生
Akio Takahara
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 25 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account