ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0951S
アジア社会比較発展論I
Comparative Studies in Asian Social Development I
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0242S
人間の安全保障演習VI
Seminar on Human Security VI
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0951S
アジア社会比較発展論I
Comparative Studies in Asian Social Development I
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0242S
人間の安全保障演習VI
Seminar on Human Security VI
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35620-4003
GSC-CC5A08L1
現代科学史概論III
Introduction to Modern History of Science III
専攻各教員
Professor in charge
A1A2 集中
Intensive 
2月6日(水)8:30~12:10 岡本 拓司 教授(総文) 「ノーベル賞から見る世界と日本の現代科学史」 2月6日(水)13:00~16:40 大塚 孝治 退職教員(物理) 「発見への道」 2月7日(木)8:30~12:10 尾中 敬 教授(天文) 「スペース赤外線天文学と星間物理」 2月7日(木)13:00~16:40 多田 隆治 教授(地惑) 「古気候学における”天文学的”理論の確立とその意義」 2月8日(金)8:30~12:10 尾中 篤 教授(化学) 「鉱物固有の微小空間で誘起する有機反応の特異性と可能性」 2月8日(金)13:00~16:40 中野 明彦 退職教員(生科) 「「生命とは何か」の変遷 〜マクロからミクロへそしてまたマクロへ〜」

理学の本質は、宇宙、物質、生命、地球をどのように認識するかという点にある。先人が悪戦苦闘して到達した認識は、「概念」という形で、現在の理学の基礎を成している。本講義では、各専門分野における重要概念の形成過程に焦点を当て、科学史論的な立場から、オムニバス形式で分かりやすく解説する。 The way we perceive and recognize the world—the universe, material, life, and Earth—provides a foundation of science. Our predecessors have overcome through hardships to obtain these perceptions and recognitions, which are now organized as various “concepts” and form the basis of our current scientific understanding. This class focuses on the historical development of important concepts in each specific field in an omnibus manner from science historical point of view.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 小柴ホール
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21181107
GHS-JS6A01L1
近世文学研究
Researches on Early Modern Japanese Literature
佐藤 至子
通年
Full Year (from Apr.)
水曜3限
Wed 3rd

近世後期の代表的な戯作者のひとりである柳亭種彦の読本を多角的に分析し、古典文学における読本の位置づけについて考察する。 『近世怪談霜夜星』と『勢田橋竜女本地』をとりあげ、先行作品の利用・人物造型・主題・構想・文体・書物としての体裁などの角度から検討を加える。担当者を決めて注をつけながら読解し、成果を報告して全員で討論する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 115教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-41
数学史
History of Mathematics
三浦 伸夫
S1S2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21182116
GHS-AS6A01L1
中国語圏映画研究
Studies on Chinese Cinemas
松村 茂樹
Shigeki Matsumura
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
中国語圏映画研究

中国語圏映画に込められたメッセージを読み解く。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 310教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D283-0440A
量子光学
Quantum Optics
久我 隆弘
KUGA Takahiro
A1A2 木曜2限
Thu 2nd
量子光学

光(電磁波)の性質、光と原子との相互作用を量子論的な観点から理解する。 理論的な式の細かな導出などは家庭で学習するとして、講義では式のもつ意味などを議論する。また、エポックメーキングな実験を幾つか取り上げ、講義で解説、もしくは担当者を決めて説明してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 827室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M283-0440A
量子光学
Quantum Optics
久我 隆弘
KUGA Takahiro
A1A2 木曜2限
Thu 2nd
量子光学

光(電磁波)の性質、光と原子との相互作用を量子論的な観点から理解する。 理論的な式の細かな導出などは家庭で学習するとして、講義では式のもつ意味などを議論する。また、エポックメーキングな実験を幾つか取り上げ、講義で解説、もしくは担当者を決めて説明してもらう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 827室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 1239 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account