ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
41821563
GME-HN6563S2
創傷看護学演習I
Seminar in Wound Care NursingI
各教員
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41821565
GME-HN6565P2
創傷看護学実習I
Practice in Wound Care NursingI
各教員
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41821564
GME-HN7564S2
創傷看護学演習II
Seminar in Wound Care NursingII
各教員
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41821566
GME-HN7566P2
創傷看護学実習II
Practice in Wound Care NursingII
各教員
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3791-120
GEN-BI6f71L1
医工学概論
Overview of Biomedical Engineering
各教員
A1A2 金曜2限
Fri 2nd

世界的に少子高齢化が急速に進行する現状において、低侵襲診断・治療、分子標的創薬、再生医療などの先端医療開発システムの実現、すなわちライフイノベーションが、人類社会の主要な課題の一つである。ライフイノベーションは、多要素が複雑に絡み合っており、単一のディシプリンで成し遂げられる可能性は低く、複数のディシプリンの協働と融合が必須である。本講義では、医学及び工学の融合領域において最先端研究を行っている学内の医学系研究者と、学外の講師をお招きして、最新の研究成果を講義していただく。これにより互いの分野のニーズとシーズを理解し、実用化プランを描くのに必要な知識を得る。 Global and rapid aging of the population now requires ‘life innovation,’ which realizes R&D systems for advanced medicines. Life innovation will be achieved by a cooperation and fusion of multiple disciplines, since it is often derived from a complex of multiple fields. In this course, cutting-edge researchers, who have been working on interdisciplinary fields between engineering and medicine in School of Medicine, UTokyo or in other institutes, give lectures on recent progresses of their studies. This course is expected to enable students to understand needs and seeds found in each field, and thereby obtain broad perspective on application.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工5号館 工56号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-786
GEN-CO6930L1
医工学概論
Overview of Biomedical Engineering
各教員
A1A2 金曜2限
Fri 2nd

世界的に少子高齢化が急速に進行する現状において、低侵襲診断・治療、分子標的創薬、再生医療などの先端医療開発システムの実現、すなわちライフイノベーションが、人類社会の主要な課題の一つである。ライフイノベーションは、多要素が複雑に絡み合っており、単一のディシプリンで成し遂げられる可能性は低く、複数のディシプリンの協働と融合が必須である。本講義では、医学及び工学の融合領域において最先端研究を行っている学内の医学系研究者と、学外の講師をお招きして、最新の研究成果を講義していただく。これにより互いの分野のニーズとシーズを理解し、実用化プランを描くのに必要な知識を得る。 Global and rapid aging of the population now requires ‘life innovation,’ which realizes R&D systems for advanced medicines. Life innovation will be achieved by a cooperation and fusion of multiple disciplines, since it is often derived from a complex of multiple fields. In this course, cutting-edge researchers, who have been working on interdisciplinary fields between engineering and medicine in School of Medicine, UTokyo or in other institutes, give lectures on recent progresses of their studies. This course is expected to enable students to understand needs and seeds found in each field, and thereby obtain broad perspective on application.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工5号館 工56号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
430007300
GPH-PH7503P1
創薬学実践研究
Practical Research on Drug Discovery
船津 高志
Takashi Funatsu
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

東京大学創薬機構における創薬探索実習に参加して創薬探索研究の実際を学ぶ。また、医薬品の探索研究、非臨床・臨床試験、さらに市販後安全性におよぶプロセスを網羅する講義シリーズに参加し討論する。これらの講義演習を通じて、創薬研究などの現場で社会のニーズに応え得る実践的・主体的な問題発見・解決能力を習得することを目標とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21183802
GHS-EA6H01L1
ラテン語史料講読演習
Seminar in Latin Historical Sources
田中 創
TANAKA Hajime
通年
Full Year (from Apr.)
火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。本年度は教会規定の箇所から読み始め、その後は、適当な会期を読み進める予定である。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場その他(学内等) 駒場
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0522A
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。帝国政府や都市内政治など世俗の問題が宗教的な論題と結びついていることを学生に実感できるような会期を読み進める予定。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0522S
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。本年度は教会規定の箇所から読み始め、その後は、適当な会期を読み進める予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 181 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account