ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
47240-20
現代創薬概論
Introduction to modern drug discovery and development
菅野 純夫
Sumio Sugano
A1A2 集中
Intensive 
現代創薬概論 (Introduction to modern drug discovery and development)

医療における医薬品の開発は最も重要な課題の一つである。これまでの薬剤開発の戦略は、近年の分子生物学の発展と共に大きく変貌してきている。がん等の疾患を中心に、これまでの創薬方法がどのように変化しているのか、さらには最近の新薬開発の基本的な概念と創薬の実際を紹介すると共に、その課題を明らかにする。 (Drug development is the most important issue in improving medical care. The strategy of drug development has been changing greatly with the recent progresses of molecular biology. In this lecture series, we will discuss about the recent improvement of the methods for drug development and introduce the recent fundamental concepts for new drug development and drug design by focusing on diseases, such as cancer. We will also comment on the problems of the new drug development.)

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室、分子細胞生物学研究所 2F 会議室(206号室) Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.,
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
430007300
創薬学実践研究
Practical Research on Drug Discovery
一條 秀憲
Hidenori Ichijo
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

科目概要: 研究科内外の関連施設と連携し、創薬研究などの現場で、社会のニーズに応え得る実践的・主体的な問題発見・解決能力を習得する。 ・東京大学創薬機構と東京大学大学院薬学系研究科の講義で構成。 ・出席点ならびにレポートにて評価。 ・東京大学創薬機構における実習は原則として7月に実施。 1. 創薬探索の実習 疾病の治療薬開発研究の第一段階は、標的分子(例えば酵素あるいは受容体など)の活性を阻害する化合物を見出すスクリーニングであるが、ここでは代表的な酵素阻害剤の開発を実習で行う。 1-1 阻害剤の一次スクリーニング系の構築。安価で信頼性があり、かつ多量の化合物をスクリーニングできるアッセイ系の構築法を学ぶ(例:レポータージーンアッセイなど)。同時にカウンターアッセイ系も構築する。 1-2 構築した一次スクリーニング系が機能するかを評価するために、少数の化合物を用いてパイロットスタディーを行う。 1-3 確立した一次スクリーニング系を用いて、ハイスループットスクリーニングを行う。得られたヒット化合物からfalse positiveを除くために、すなわち確定ヒットを得るために、二次スクリーニング系を構築する(例:Caliperのlab chipあるいは表面プラズモン共鳴などを用いる)。 1-4 二次スクリーニングを行い、確定ヒットを得る。 1-5 ヒット化合物に活性の向上、選択性、好ましい体内動態等の特性を付与するための最適化研究を学ぶ。 2. 講義 医薬品の探索研究、非臨床・臨床試験、さらに市販後安全性におよぶプロセスを網羅する講義に参加・討論し、課題についてレポートを提出する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47243-07
創薬体験演習
Exercises in drug discovery and development
菅野 純夫
Sumio Sugano
A1A2 集中
Intensive 
創薬体験演習 (Exercises in drug discovery and development)

創薬に使われる様々な方法、治験や薬事業務の実際を現場に行って体験する。 1、ハイスループットスクリーニング 2、立体構造科学とインフォマティクススクリーニング 3、治験の実際 など

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5140347
事例研究(地域銀行と地方経済)
Case Study (Regional banks and vitalizing local economy)
今泉 宣親
IMAIZUMI Yoshichika
S1S2 水曜5限
Wed 5th

地域経済活性化に地域銀行が貢献可能か、特にビジネス的に見てサステナブルであるかを、行政等の取組み・考えを概観しつつ考察し、地域金融についての理解を深めるとともに、少子高齢化下での持続可能な日本経済のあり方について思索する機会とすることを目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21173802
ラテン語史料講読演習
Seminar in Latin Historical Sources
田中 創
TANAKA Hajime
通年
Full Year (from Apr.)
火曜3限
Tue 3rd
古代ローマ法史料を読む

 紀元6世紀の東ローマ皇帝ユスティニアヌスが編纂させた『法学提要Institutiones』第2巻のラテン語テキストを輪読する。読解を通じて古代ローマ法に関する基礎的な知識を獲得するとともに、古典期法学者の著作との比較を通じて、時代の要請に応じて法原則が修正されていった歴史的過程を探ることを目指す。また、1次史料や2次文献を利用する上での作法についても適宜指導する。  第2巻は物権法にまつわる内容に入り、所有権などの諸々の権利、贈与・相続などそれら権利の移譲方法が論じられる。ただし、ラテン語の精読に重きを置くため、内容的に第2巻すべてを読むとは限らないので注意すること。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場その他(学内等) 駒場
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-322-03-6
商法専攻指導
Commercial Law (Guidance in Major)
田中 亘
Wataru Tanaka
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

単位 Credit:4
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6980-7
リサーチペイパー
Research Paper
田中 亘
Wataru Tanaka
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0592A
地中海・イスラム地域文化演習I
The Mediterranean and Islam Area Studies:Seminar I
田中 創
TANAKA Hajime
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
古代ローマ法史料を読む

 紀元6世紀の東ローマ皇帝ユスティニアヌスが編纂させた『法学提要Institutiones』第2巻のラテン語テキストを輪読する。読解を通じて古代ローマ法に関する基礎的な知識を獲得するとともに、古典期法学者の著作との比較を通じて、時代の要請に応じて法原則が修正されていった歴史的過程を探ることを目指す。また、1次史料や2次文献を利用する上での作法についても適宜指導する。  第2巻は物権法にまつわる内容に入り、所有権などの諸々の権利、贈与・相続などそれら権利の移譲方法が論じられる。ただし、ラテン語の精読に重きを置くため、内容的に第2巻すべてを読むとは限らないので注意すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0592S
地中海・イスラム地域文化演習I
The Mediterranean and Islam Area Studies:Seminar I
田中 創
TANAKA Hajime
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
古代ローマ法史料を読む

 紀元6世紀の東ローマ皇帝ユスティニアヌスが編纂させた『法学提要Institutiones』第2巻のラテン語テキストを輪読する。読解を通じて古代ローマ法に関する基礎的な知識を獲得するとともに、古典期法学者の著作との比較を通じて、時代の要請に応じて法原則が修正されていった歴史的過程を探ることを目指す。また、1次史料や2次文献を利用する上での作法についても適宜指導する。  第2巻は物権法にまつわる内容に入り、所有権などの諸々の権利、贈与・相続などそれら権利の移譲方法が論じられる。ただし、ラテン語の精読に重きを置くため、内容的に第2巻すべてを読むとは限らないので注意すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0592A
地中海・イスラム地域文化演習I
The Mediterranean and Islam Area Studies:Seminar I
田中 創
TANAKA Hajime
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
古代ローマ法史料を読む

 紀元6世紀の東ローマ皇帝ユスティニアヌスが編纂させた『法学提要Institutiones』第2巻のラテン語テキストを輪読する。読解を通じて古代ローマ法に関する基礎的な知識を獲得するとともに、古典期法学者の著作との比較を通じて、時代の要請に応じて法原則が修正されていった歴史的過程を探ることを目指す。また、1次史料や2次文献を利用する上での作法についても適宜指導する。  第2巻は物権法にまつわる内容に入り、所有権などの諸々の権利、贈与・相続などそれら権利の移譲方法が論じられる。ただし、ラテン語の精読に重きを置くため、内容的に第2巻すべてを読むとは限らないので注意すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 159 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account