ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
430007300
GPH-PH7503P1
創薬学実践研究
Practical Research on Drug Discovery
船津 高志
Takashi Funatsu
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

東京大学創薬機構における創薬探索実習に参加して創薬探索研究の実際を学ぶ。また、医薬品の探索研究、非臨床・臨床試験、さらに市販後安全性におよぶプロセスを網羅する講義シリーズに参加し討論する。これらの講義演習を通じて、創薬研究などの現場で社会のニーズに応え得る実践的・主体的な問題発見・解決能力を習得することを目標とする。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-53
GFS-MJ6D02L1
創薬データサイエンス概論
Basic Lecture for Data Science for Drug Development
鈴木 穣
SUZUKI Yutaka
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47243-22
GFS-MJ6D03S1
創薬データサイエンス演習
Exercise of Data Science for Drug Development
鈴木 穣
SUZUKI Yutaka
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21183802
GHS-EA6H01L1
ラテン語史料講読演習
Seminar in Latin Historical Sources
田中 創
TANAKA Hajime
通年
Full Year (from Apr.)
火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。本年度は教会規定の箇所から読み始め、その後は、適当な会期を読み進める予定である。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場その他(学内等) 駒場
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0522S
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。本年度は教会規定の箇所から読み始め、その後は、適当な会期を読み進める予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0522S
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。本年度は教会規定の箇所から読み始め、その後は、適当な会期を読み進める予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 706号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0522A
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
A1A2 未定
To Be Arranged 
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。帝国政府や都市内政治など世俗の問題が宗教的な論題と結びついていることを学生に実感できるような会期を読み進める予定。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0522A
地中海文化干渉論II
Cultural Interaction in the Mediterranean Area II
田中 創
TANAKA Hajime
A1A2 未定
To Be Arranged 
ラテン語史料講読演習

紀元451年に東ローマ皇帝マルキアヌスの主導によって開かれたカルケドン公会議の『議事録』(ラテン語版)を読む。キリスト教会の諸派形成に大きな影響を及ぼし、現在の東地中海世界にも大きな刻印を残すことになった公会議の歴史的経緯を追うほか、議事進行、勅法の利用方法、記録に対する考え方など帝政後期社会の制度や人々の心性などを考えることを目的とする。また、読解に関連する調査を通じて、帝政後期関連事項の調査方法や教会関連史料についての知見を深めることも目指す。帝国政府や都市内政治など世俗の問題が宗教的な論題と結びついていることを学生に実感できるような会期を読み進める予定。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3909102
GAG-AC6E01L1
ゲノムと生体情報の科学
Genome Biology
田中 智
Satoshi Tanaka
A1A2W 集中
Intensive 

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
3909108
GAG-AS6A08L1
動物テクノロジー概論
Introductory course of animal-biotechnology
田中 智
Satoshi Tanaka
A2W 集中
Intensive 

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 148 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account