ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D210-0750A
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 未定
To Be Arranged 
近世琉球と中国・日本

近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0750S
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

 近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1024A
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 未定
To Be Arranged 
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1024S
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D340-0100S
東アジアの共生IV
Commonality and Diversity in East Asia IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

 近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0750A
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 未定
To Be Arranged 
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0750S
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1024A
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 未定
To Be Arranged 
近世琉球と中国・日本

 近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1024S
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0100S
東アジアの共生IV
Commonality and Diversity in East Asia IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

 近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 36 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account