ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0970S
アジア太平洋文化交流論I
Cultural Exchange in Asia and the Pacific Area I
岡田 泰平
OKADA Taihei
S1S2 火曜4限
Tue 4th
東南アジア研究の焦点

主に19世紀以降の東南アジアについてのいくつかのテーマを取り上げ、先行研究がどのように展開されているのかを考察します。輪読の授業を行います。 本授業の目的は、それぞれのテーマにおける最新の議論を押さえた上で、どのような議論を展開できるかを考えることにあります。基本的には歴史学の手法から取り組みます。先行研究を押さえ、資料の渉猟によって課題に取り組むという手順があります。ただし、東南アジア史の場合、文書が少なかったり、多言語や複数のアーカイブスにわたっていることから、様々なアプローチが試みられてきました。そういう点では、隣接分野にも目を配る必要があります。 修士課程・博士課程の授業の大きな目的は、質の高い修士論文・個別論文・博士論文を書くことへの貢献だと思っています。ゼミが論文執筆に直接資する訓練の場であるとすると、授業は科目の側から理論や個別テーマにおける論理構成を学ぶ点にあります。 このような前提からすると、より具体的なテーマは受講生の関心に合わせて決めていくのが妥当でしょう。教員の役割は、比較的広範囲の分野において、新しい研究を講じる(または紹介する)準備があることだと考えており、そのためにいくつかの文献リストを用意します。他方、受講生の役割は、自らの関心事について調べ発表することとともに、他の受講生への関心事へも真剣なまなざしを向けることにあります。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0970S
アジア太平洋文化交流論I
Cultural Exchange in Asia and the Pacific Area I
岡田 泰平
OKADA Taihei
S1S2 火曜4限
Tue 4th
東南アジア研究の焦点

主に19世紀以降の東南アジアについてのいくつかのテーマを取り上げ、先行研究がどのように展開されているのかを考察します。輪読の授業を行います。 本授業の目的は、それぞれのテーマにおける最新の議論を押さえた上で、どのような議論を展開できるかを考えることにあります。基本的には歴史学の手法から取り組みます。先行研究を押さえ、資料の渉猟によって課題に取り組むという手順があります。ただし、東南アジア史の場合、文書が少なかったり、多言語や複数のアーカイブスにわたっていることから、様々なアプローチが試みられてきました。そういう点では、隣接分野にも目を配る必要があります。 修士課程・博士課程の授業の大きな目的は、質の高い修士論文・個別論文・博士論文を書くことへの貢献だと思っています。ゼミが論文執筆に直接資する訓練の場であるとすると、授業は科目の側から理論や個別テーマにおける論理構成を学ぶ点にあります。 このような前提からすると、より具体的なテーマは受講生の関心に合わせて決めていくのが妥当でしょう。教員の役割は、比較的広範囲の分野において、新しい研究を講じる(または紹介する)準備があることだと考えており、そのためにいくつかの文献リストを用意します。他方、受講生の役割は、自らの関心事について調べ発表することとともに、他の受講生への関心事へも真剣なまなざしを向けることにあります。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0970A
アジア太平洋文化交流論I
Cultural Exchange in Asia and the Pacific Area I
岡田 泰平
OKADA Taihei
A1A2 水曜5限
Wed 5th
東南アジア研究の焦点

主に19世紀以降の東南アジアについてのいくつかのテーマを取り上げ、先行研究がどのように展開されているのかを考察します。輪読の授業を行います。 本授業の目的は、それぞれのテーマにおける最新の議論を押さえた上で、どのような議論を展開できるかを考えることにあります。基本的には歴史学の手法から取り組みます。先行研究を押さえ、資料の渉猟によって課題に取り組むという手順があります。ただし、東南アジア史の場合、文書が少なかったり、多言語や複数のアーカイブスにわたっていることから、様々なアプローチが試みられてきました。そういう点では、隣接分野にも目を配る必要があります。 修士課程・博士課程の授業の大きな目的は、質の高い修士論文・個別論文・博士論文を書くことへの貢献だと思っています。ゼミが論文執筆に直接資する訓練の場であるとすると、授業は科目の側から理論や個別テーマにおける論理構成を学ぶ点にあります。 このような前提からすると、より具体的なテーマは受講生の関心に合わせて決めていくのが妥当でしょう。教員の役割は、比較的広範囲の分野において、新しい研究を講じる(または紹介する)準備があることだと考えており、そのためにいくつかの文献リストを用意します。他方、受講生の役割は、自らの関心事について調べ発表することとともに、他の受講生への関心事へも真剣なまなざしを向けることにあります。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 506B室 Komaba Bldg.14 Komaba Bldg.14
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0970A
アジア太平洋文化交流論I
Cultural Exchange in Asia and the Pacific Area I
岡田 泰平
OKADA Taihei
A1A2 水曜5限
Wed 5th
東南アジア研究の焦点 Key Topics in Southeast Asian Studies

主に19世紀以降の東南アジアについてのいくつかのテーマを取り上げ、先行研究がどのように展開されているのかを考察します。輪読の授業を行います。 本授業の目的は、それぞれのテーマにおける最新の議論を押さえた上で、どのような議論を展開できるかを考えることにあります。基本的には歴史学の手法から取り組みます。先行研究を押さえ、資料の渉猟によって課題に取り組むという手順があります。ただし、東南アジア史の場合、文書が少なかったり、多言語や複数のアーカイブスにわたっていることから、様々なアプローチが試みられてきました。そういう点では、隣接分野にも目を配る必要があります。 修士課程・博士課程の授業の大きな目的は、質の高い修士論文・個別論文・博士論文を書くことへの貢献だと思っています。ゼミが論文執筆に直接資する訓練の場であるとすると、授業は科目の側から理論や個別テーマにおける論理構成を学ぶ点にあります。 このような前提からすると、より具体的なテーマは受講生の関心に合わせて決めていくのが妥当でしょう。教員の役割は、比較的広範囲の分野において、新しい研究を講じる(または紹介する)準備があることだと考えており、そのためにいくつかの文献リストを用意します。他方、受講生の役割は、自らの関心事について調べ発表することとともに、他の受講生への関心事へも真剣なまなざしを向けることにあります。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 506B室 Komaba Bldg.14 Komaba Bldg.14
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-61
数理科学特別講義VII
Special Lecture on Mathematical Sciences VII
岡田 拓三
Takuzo Okada
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0041A
環境適応機構論II
Adaptation Mechanism to Environment II
岡田 由紀
OKADA Yuki
A1A2 集中
Intensive 

開講時に指示する

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0041A
環境適応機構論II
Adaptation Mechanism to Environment II
岡田 由紀
OKADA Yuki
A1A2 集中
Intensive 

開講時に指示する

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3910146
海外研究協力論
Research collaboration and management abroad
岡田 謙介
Kensuke Okada
S1 集中
Intensive 
海外研究協力論

海外での研究実施に必要な知識を修得する

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
3920220
ライフサイエンス統計学講義
Statistics in Life Science
西村 亮平
Ryohei Nishimura
S2 集中
Intensive 
ライフサイエンス統計学講義 Statistics in Life Science

獣医学研究に必要な疫学および統計学の基礎知識と技術を習得する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
23-215-19
教育心理学論文指導
Dissertation Research in Educational Psychology
岡田 猛
Takeshi Okada
通年
Full Year (from Apr.)
火曜5限
Tue 5th

教育心理学の論文指導を通して、院生の研究論文を執筆能力を高める。

単位 Credit:2
教室 Room: 本郷その他(学内等) 担当教員研究室
講義使用言語 Language: Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 50 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account