ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0391A
ヨーロッパ・ロシア地域文化演習I
European and Russian Area Studies:Seminar I
安岡 治子
YASUOKA Haruko
A1A2 火曜4限
Tue 4th
ロシア文化とロシア精神史

19世紀、20世紀を中心としたロシアの文学、音楽、絵画、宗教、歴史などに関する著作、論文の読解訓練をするとともに、「東と西」の両面をもつロシア地域文化の特性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1223教室 Komaba Bldg.12 Room 1223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0391S
ヨーロッパ・ロシア地域文化演習I
European and Russian Area Studies:Seminar I
安岡 治子
YASUOKA Haruko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
ロシア文化とロシア精神史

19世紀、20世紀を中心としたロシアの文学作品、文化、芸術、歴史に関する論文の講読および、それらの著作と関連するロシア正教を中心としたロシア精神史関連著作の読解を訓練をするとともに、「東と西」の両面をもつロシア地域文化の特性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0391A
ヨーロッパ・ロシア地域文化演習I
European and Russian Area Studies:Seminar I
安岡 治子
YASUOKA Haruko
A1A2 火曜4限
Tue 4th
ロシア文化とロシア精神史

19世紀、20世紀を中心としたロシアの文学、音楽、絵画、宗教、歴史などに関する著作、論文の読解訓練をするとともに、「東と西」の両面をもつロシア地域文化の特性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1223教室 Komaba Bldg.12 Room 1223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0391S
ヨーロッパ・ロシア地域文化演習I
European and Russian Area Studies:Seminar I
安岡 治子
YASUOKA Haruko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
ロシア文化とロシア精神史

19世紀、20世紀を中心としたロシアの文学作品、文化、芸術、歴史に関する論文の講読および、それらの著作と関連するロシア正教を中心としたロシア精神史関連著作の読解を訓練をするとともに、「東と西」の両面をもつロシア地域文化の特性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4990170A
共通 Common
大学教育開発論
Teaching Development in Higher Education
栗田 佳代子
S1S2 木曜3限 木曜4限
Thu 3rd Thu 4th
大学教育開発論 Teaching Development in Higher Education

【概要】  現在,大学教員としてのキャリアを進むにあたっては,研究者としてだけでなく,教育者としての資質も問われています.本授業は,東京大学フューチャーファカルティプログラムとして,学生が主体的に学ぶために必要な学生のモチベーションの高め方,授業デザインやシラバス,評価方法などを実践的に学びます.また,アクティブラーニングの手法を取り入れたグループワークを多く経験し,模擬授業の実践も行います.多様な研究領域から集う受講者相互の学び合いは,新しい視点の獲得につながり,また,プログラムの修了後も継続するネットワークを培います.本授業で学んだことは「目的・目標を達成するためのデザイン」や「伝えたいことが確かに相手に伝わるコミュニケーション」を学ぶという点で研究活動の向上にも活きることでしょう. 【目的と目標】 (目的)  未来の大学教員として,責務としての「教育」の重要性を認識し,学生の立場にたった教育の設計と実行を可能にすることを目的とする.そのために,授業実施に向けた実践的な知識やスキルを多様な専門領域の受講生とともに学び合いながら獲得し,さらに,研究だけでなく教育についても探究し続ける姿勢を身につける. (目標) 高等教育の現状の概要について説明できる デリバリースキルの観点を知り,自分のスキルの向上につなげる グループワークに積極的に参加し,当事者およびファシリテーターとしてのコミュニケーション力をつける 学生が主体的に学べるデザイン(コース,クラス)ができる 評価の基礎知識をふまえた評価をデザインできる 学んだ知識を模擬授業に活用し実施できる キャリアパスについて考え,日頃の活動や今後の展望について整理できる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4990170C
共通 Common
大学教育開発論
Teaching Development in Higher Education
栗田 佳代子
A1A2 木曜3限 木曜4限
Thu 3rd Thu 4th
大学教育開発論 Teaching Development in Higher Education

【概要】  現在,大学教員としてのキャリアを進むにあたっては,研究者としてだけでなく,教育者としての資質も問われています.本授業は,東京大学フューチャーファカルティプログラムとして,学生が主体的に学ぶために必要な学生のモチベーションの高め方,授業デザインやシラバス,評価方法などを実践的に学びます.また,アクティブラーニングの手法を取り入れたグループワークを多く経験し,模擬授業の実践も行います.多様な研究領域から集う受講者相互の学び合いは,新しい視点の獲得につながり,また,プログラムの修了後も継続するネットワークを培います.本授業で学んだことは「目的・目標を達成するためのデザイン」や「伝えたいことが確かに相手に伝わるコミュニケーション」を学ぶという点で研究活動の向上にも活きることでしょう. 【目的と目標】 (目的)  未来の大学教員として,責務としての「教育」の重要性を認識し,学生の立場にたった教育の設計と実行を可能にすることを目的とする.そのために,授業実施に向けた実践的な知識やスキルを多様な専門領域の受講生とともに学び合いながら獲得し,さらに,研究だけでなく教育についても探究し続ける姿勢を身につける. (目標) 高等教育の現状の概要について説明できる デリバリースキルの観点を知り,自分のスキルの向上につなげる グループワークに積極的に参加し,当事者およびファシリテーターとしてのコミュニケーション力をつける 学生が主体的に学べるデザイン(コース,クラス)ができる 評価の基礎知識をふまえた評価をデザインできる 学んだ知識を模擬授業に活用し実施できる キャリアパスについて考え,日頃の活動や今後の展望について整理できる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4990170D
共通 Common
大学教育開発論
Teaching Development in Higher Education
栗田 佳代子
A1A2 金曜3限 金曜4限
Fri 3rd Fri 4th
大学教育開発論 Teaching Development in Higher Education

【概要】  現在,大学教員としてのキャリアを進むにあたっては,研究者としてだけでなく,教育者としての資質も問われています.本授業は,東京大学フューチャーファカルティプログラムとして,学生が主体的に学ぶために必要な学生のモチベーションの高め方,授業デザインやシラバス,評価方法などを実践的に学びます.また,アクティブラーニングの手法を取り入れたグループワークを多く経験し,模擬授業の実践も行います.多様な研究領域から集う受講者相互の学び合いは,新しい視点の獲得につながり,また,プログラムの修了後も継続するネットワークを培います.本授業で学んだことは「目的・目標を達成するためのデザイン」や「伝えたいことが確かに相手に伝わるコミュニケーション」を学ぶという点で研究活動の向上にも活きることでしょう. 【目的と目標】 (目的)  未来の大学教員として,責務としての「教育」の重要性を認識し,学生の立場にたった教育の設計と実行を可能にすることを目的とする.そのために,授業実施に向けた実践的な知識やスキルを多様な専門領域の受講生とともに学び合いながら獲得し,さらに,研究だけでなく教育についても探究し続ける姿勢を身につける. (目標) 高等教育の現状の概要について説明できる デリバリースキルの観点を知り,自分のスキルの向上につなげる グループワークに積極的に参加し,当事者およびファシリテーターとしてのコミュニケーション力をつける 学生が主体的に学べるデザイン(コース,クラス)ができる 評価の基礎知識をふまえた評価をデザインできる 学んだ知識を模擬授業に活用し実施できる キャリアパスについて考え,日頃の活動や今後の展望について整理できる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4990170B
共通 Common
大学教育開発論
Teaching Development in Higher Education
栗田 佳代子
S1S2 金曜4限 金曜5限
Fri 4th Fri 5th
大学教育開発論 Teaching Development in Higher Education

【概要】  現在,大学教員としてのキャリアを進むにあたっては,研究者としてだけでなく,教育者としての資質も問われています.本授業は,東京大学フューチャーファカルティプログラムとして,学生が主体的に学ぶために必要な学生のモチベーションの高め方,授業デザインやシラバス,評価方法などを実践的に学びます.また,アクティブラーニングの手法を取り入れたグループワークを多く経験し,模擬授業の実践も行います.多様な研究領域から集う受講者相互の学び合いは,新しい視点の獲得につながり,また,プログラムの修了後も継続するネットワークを培います.本授業で学んだことは「目的・目標を達成するためのデザイン」や「伝えたいことが確かに相手に伝わるコミュニケーション」を学ぶという点で研究活動の向上にも活きることでしょう. 【目的と目標】 (目的)  未来の大学教員として,責務としての「教育」の重要性を認識し,学生の立場にたった教育の設計と実行を可能にすることを目的とする.そのために,授業実施に向けた実践的な知識やスキルを多様な専門領域の受講生とともに学び合いながら獲得し,さらに,研究だけでなく教育についても探究し続ける姿勢を身につける. (目標) 高等教育の現状の概要について説明できる デリバリースキルの観点を知り,自分のスキルの向上につなげる グループワークに積極的に参加し,当事者およびファシリテーターとしてのコミュニケーション力をつける 学生が主体的に学べるデザイン(コース,クラス)ができる 評価の基礎知識をふまえた評価をデザインできる 学んだ知識を模擬授業に活用し実施できる キャリアパスについて考え,日頃の活動や今後の展望について整理できる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場17号館 駒場KALS
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-8 / 8 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account