ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0712A
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
A1A2 未定
To Be Arranged 
アメリカの社会運動―人種・階級・ジェンダーの交錯

アメリカ合衆国の歴史を、人種・階級・ジェンダーをキーワードに学ぶ。特に第二次大戦後の女性解放運動の歴史を扱った文献を取り上げ、運動の特色とその重層的性格について学習する。史料収集の行い方、注の付け方、参考文献の書き方など、アメリカ史/アメリカ研究のレポート、論文を書くための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、人種、階級、ジェンダー等授業で取り上げたテーマに関連させ、報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0712A
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
A1A2 未定
To Be Arranged 
アメリカの社会運動―人種・階級・ジェンダーの交錯

アメリカ合衆国の歴史を、人種・階級・ジェンダーをキーワードに学ぶ。特に第二次大戦後の女性解放運動の歴史を扱った文献を取り上げ、運動の特色とその重層的性格について学習する。史料収集の行い方、注の付け方、参考文献の書き方など、アメリカ史/アメリカ研究のレポート、論文を書くための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、人種、階級、ジェンダー等授業で取り上げたテーマに関連させ、報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3734-042
航空機力学特論II
Flight Dynamics II
土屋 武司
Takeshi Tsuchiya
S1S2 水曜3限
Wed 3rd

現代制御の一種である最適制御の最新トピックスを学び,航空機の飛行制御への応用を考えるとともに,自らの研究課題解決に応用できるようにする. We study optimal control theory and apply it to flight controls of aircrafts.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工7号館 工72号講義室 Faculty of Engineering Bldg.7 #72
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3724-105
ファインマシニング
Fine machining
土屋 健介
Kensuke Tsuchiya
A1A2 水曜3限
Wed 3rd

理想的な加工を実現するために必要な加工の原理,加工のメカニズム,解析法,測定法などを学ぶ.さらに加工技術を多面的に捉えることにより加工の本質を理解する. 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工222号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-157
福島学演習
岡本 孝司
Koji Okamoto
A1A2 月曜
Mon 

福島第一原子力発電所の事故は、日本で原子力を学ぶ者にとって重要な問題である。事故の物理的な進展を知るだけではなく、組織や人が具体的にどのように対応を行っていったかを考える事は、これからの原子力を考える上での基礎となる。工学的な課題だけにとどまらず、事故の社会的なインパクトや、国民の信頼といった社会科学的な課題についても重要な視点となる。福島学として体系的に、工学的、社会学的な課題を学ぶことを目的とする。 ** Fukushima Dai'ichi NPP accident is an important subject for students to learn nuclear engineering in Japan. Understanding of responses of organizations and peoples, as well as physical aspect of the accident, may be the fundamental of the next coming nuclear engineering. Not only engineering subjects, but also social subjects such as social impact and confidence from the public are important viewpoints. Objective is that these technical and social subjects are systematically lectured as Fukushi-gaku.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3910146
海外研究協力論
Research collaboration and management abroad
岡田 謙介
Kensuke Okada
S1 集中
Intensive 
海外研究協力論

海外での研究実施に必要な知識を修得する

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
3794-154
リスクコミュニケーション/メディア対応演習
Exercise of Risk Communication and Media Correspondence
谷口 武俊
Taketoshi Taniguchi
A1A2 水曜
Wed 

「リスク認知とコミュニケーション」の講義において学んだ知識を踏まえた上で、特に将来のリーダーに求められる基本的スキルである、情報の収集能力、事例の分析能力、プレゼンテーション能力、ファシリテーション・コミュニケーション能力を身に付けることを目的とし、リスクコミュニケーションそしてメディア対応の演習を行う。 ** Purpose is to acquire the ability to collect information, ability to analyze cases, presentation skill, facilitation/communication skill, which are requisite for prospective leaders.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-051
リスク認知とコミュニケーション
Risk Perception and Communication
谷口 武俊
Taketoshi Taniguchi
A1A2 水曜
Wed 

原子力技術の開発・利用が人間・社会との間にいかなる諸問題を生み出しているか、あるいは生み出す可能性があるか、両者の新たな関係はいかにあるべきか、それらはどのように構築していくかについて、欧米をはじめ日本においても90年代後半より社会学や政策科学などトランス・ディスプリナリーな視野から議論がされてきたが、2011年3月の福島原子力災害は日本国民に改めて問いかけている。  原子力利用は、原子力施設の立地地域社会、日本社会、国際社会との間でそれぞれ質の異なったリスク問題を抱えている。それは健康リスクであったり、経済リスクであったり、政治的リスクであったりと多様であり、利害関係者の立場によって何をリスクとして認識するか、何のリスクを重大視するかも異なる。したがって原子力リスク問題への対処には、科学技術的な方策だけでなく、人々のもつ心理的要素の存在を十分認識しつつ、利害関係者間での問題認識の共有、対話、共考そして協働が求められる。  講義では、原子力技術のもつ社会的課題への理解向上と課題対応への基礎的知識の習得を目的とし、(1)科学技術リスクと社会、(2)リスク認知と社会信頼、(3)リスク・コミュニケーション、(4)メディア対応、を主な柱として、技術リスクの社会的ガバナンスに係る諸課題について論じるとともに、リスク心理学の基礎的知識および専門家と非専門家のリスク認知ギャップの問題の理解を深めた上で、リスク・コミュニケーション活動の企業行動や規制活動における意義や技法など基本的な事項について実践事例を交え教授する。 ** Purpose of this course is to understand social subjects in nuclear engineering, and to acquire the fundamental knowledge to correspond them; based on 1) Risk in science and technology and Society, 2) Risk perception and confidence from society, 3) Risk communication and 4) Media correspondence. Subjects related to social governance of technical risk will be discussed, and fundamental knowledge in risk psychology and gap in risk perception between experts and non-experts will be understood. Importance and techniques of risk communication activities by enterprises and regulatory bodies are lectured with practical examples.  

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3773-109
化学システムマネジメント
Chemical Systems Management
土屋 淳
Tsuchiya
A1 金曜3限
Fri 3rd

大学院における化学システム的なマネージメントの実践的な方法論を習得する。企業経験者を中心とした講師陣の体験に基づいた方法論を事例を交えて講義する。化学システム工学専攻における専門分野の講義を横断的に捉え、融合させることにより実社会で通用する技術マネージメントを学ぶ。 カラー印刷は黄、赤、藍、黒の約200μmまでの様々なサイズの網点で構成されており、インキが印刷版から紙に移る速さは1ミリ秒以下で目に見えないが、現場には感性と経験でこれを操る勘とコツがある。日本の現場や伝統技術は、先人の感性が育んだ技や知恵が詰まり暗黙知の宝庫である。 1回目(黒田)の講義では、広く生活と産業を下支えする印刷産業を例に、ものづくり現場にひそむ技と課題について、高速VTR映像などで現場目線の課題解決を進めた実例を紹介する。 2回目(黒田)には、卓越した先人の感性が育んだ伝統技術にひそむ未解明の工学要素を解明する研究を紹介し、科学のない時代に感性をよりどころにして技を獲得した手法を洞察する。これにより、ものづくり現場のナノ構造のゆらぎの素過程を制御して所期のマクロな機能へ誘導するには、科学と感性の融合が大切であることを解説する。日本のものづくりは縄文以来1万年以上、科学は150年たらずの歴史である。科学は過去知を体系化した共有基盤で、感性は夢の未来への架け橋である。3回目(黒田)には、各自の感性と将来に関するレポートをレビューして個々人の感性の自覚を喚起する。確固たる科学基盤やデータマイニングの上に創造的な感性を育んでこそ、比類のない目標を極め新たな暗黙知を生みだす。この姿勢が、現代を生きる我々に課せられた使命ではないだろうか。        

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工5号館 工53号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6301
民事事実認定論
Fact Finding in Civil Litigation
畑 佳秀
Yoshihide Hata
S1S2 水曜2限 木曜3限 木曜4限
Wed 2nd Thu 3rd Thu 4th

年次の民事実務基礎で学修した要件事実論による分析手法,及び民事事実認定の総論的・基礎的事項を踏まえつつ,訴訟実務に即したより実践的な観点から事例を分析検討することを通じて,民事事実認定についての思考方法や検討の視点,手法を修得する。具体的には,指定教科書の事例検討や記録教材を用いた演習を行うほか,ロールプレイ方式による模擬争点整理や模擬交互尋問を行い,事実認定の着眼点や手法を一層効果的に学修することができるようにする。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 404号室、法学政治学系総合教育棟 204号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account