ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0711A
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
A1A2 水曜3限
Wed 3rd
アメリカにおける女性解放運動の歴史―人種・階級・ジェンダーの交錯

アメリカ合衆国の歴史を、人種・階級・ジェンダーをキーワードに学ぶ。特に第二次大戦後の女性解放運動の歴史を扱った文献を取り上げ、運動の特色とその重層的性格について学習する。史料の扱い方、注の付け方、参考文献の書き方など、歴史学/アメリカ研究のレポート、論文を書くための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、授業で取り上げたテーマに関連させ、報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0711A
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
A1A2 水曜3限
Wed 3rd
アメリカにおける女性解放運動の歴史―人種・階級・ジェンダーの交錯

アメリカ合衆国の歴史を、人種・階級・ジェンダーをキーワードに学ぶ。特に第二次大戦後の女性解放運動の歴史を扱った文献を取り上げ、運動の特色とその重層的性格について学習する。史料の扱い方、注の付け方、参考文献の書き方など、歴史学/アメリカ研究のレポート、論文を書くための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、授業で取り上げたテーマに関連させ、報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0711S
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
アメリカにおける人種・エスニシティ

20世紀のアメリカ合衆国の歴史を人種・エスニシティをキーワードに学ぶ。黒人解放運動、ポスト公民権期の人種主義、人種と階級及びジェンダー、トランスナショナルな歴史、比較史、チカーノ運動、アジア系アメリカ人運動の歴史を扱った文献を取り上げる。これらの運動について、英語の文献・論文を読み、それぞれの運動の特色とその重層的性格について学ぶ。史料の扱い方、注の付け方、参考文献の書き方など、歴史学/アメリカ研究の論文を執筆するための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、授業で取り上げたテーマに関連させ報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0711S
現代アメリカ文明論I
Contemporary American Civilization I
土屋 和代
TSUCHIYA Kazuyo
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
アメリカにおける人種・エスニシティ

20世紀のアメリカ合衆国の歴史を人種・エスニシティをキーワードに学ぶ。黒人解放運動、ポスト公民権期の人種主義、人種と階級及びジェンダー、トランスナショナルな歴史、比較史、チカーノ運動、アジア系アメリカ人運動の歴史を扱った文献を取り上げる。これらの運動について、英語の文献・論文を読み、それぞれの運動の特色とその重層的性格について学ぶ。史料の扱い方、注の付け方、参考文献の書き方など、歴史学/アメリカ研究の論文を執筆するための方法も学ぶことも目的の一つである。「研究報告」の回では、自身の研究課題について、授業で取り上げたテーマに関連させ報告すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D340-0060S
グローバル社会動態IV
Global Dynamics IV
遠藤 泰生
ENDO Yasuo
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
反米:共生か闘争か

アメリカ合衆国に対する批判言説として「反米」が世界に流布し始めた20世紀初頭以降を対象に、異文化共生と異文化闘争のかたち、およびお文化外交の可能性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 208室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0060S
グローバル社会動態IV
Global Dynamics IV
遠藤 泰生
ENDO Yasuo
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
反米:共生か闘争か

アメリカ合衆国に対する批判言説として「反米」が世界に流布し始めた20世紀初頭以降を対象に、異文化共生と異文化闘争のかたち、および文化外交の可能性を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 208室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35616-2048
GSC-EP6432L2
固体地球科学特論VI
Special Lecture of Solid Earth Science VI
土屋 卓久
TSUCHIYA Taku
A1A2 集中
Intensive 
固体地球科学特論 VI (Advanced Mineral Physics)

Understand fundamentals of stability and physical chemical properties of minerals. Understand how mineral physics is applied to Earth and space sciences

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21182403
GHS-AS6C01L1
中国禅宗文献講読1
Topics in Chinese Buddhist Literature 1
土屋 太祐
TSUCHIYA Taisuke
S2 集中
Intensive 

唐代禅宗の思想史について理解する。 2000年代以降の研究を紹介し、それを基礎として、唐代末期に出現した雪峰系の禅者の思想について考える。 後半には担当者を決めて禅文献を会読する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 116教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-051
GEN-NP5m75L1
リスク認知とコミュニケーション
Risk Perception and Communication
谷口 武俊
Taketoshi Taniguchi
A1A2 水曜
Wed 

 原子力技術の開発・利用が人間・社会との間にいかなる諸問題を生み出しているか、あるいは生み出す可能性があるか、両者の新たな関係はいかにあるべきか、それらはどのように構築していくかについて、欧米をはじめ日本においても90年代後半より社会学や政策科学などトランス・ディスプリナリーな視野から議論がされてきたが、2011年3月の福島原子力災害は日本国民に改めて問いかけている。  原子力利用は、原子力施設の立地地域社会、日本社会、国際社会との間でそれぞれ質の異なったリスク問題を抱えている。それは健康リスクであったり、経済リスクであったり、政治的リスクであったりと多様であり、利害関係者の立場によって何をリスクとして認識するか、何のリスクを重大視するかも異なる。したがって原子力リスク問題への対処には、科学技術的な方策だけでなく、人々のもつ心理的要素の存在を十分認識しつつ、利害関係者間での問題認識の共有、対話、共考そして協働が求められる。  講義では、原子力技術のもつ社会的課題への理解向上と課題対応への基礎的知識の習得を目的とし、(1)科学技術リスクと社会、(2)リスク認知と社会信頼、(3)リスク・コミュニケーション、(4)メディア対応、を主な柱として、技術リスクの社会的ガバナンスに係る諸課題について論じるとともに、リスク心理学の基礎的知識および専門家と非専門家のリスク認知ギャップの問題の理解を深めた上で、リスク・コミュニケーション活動の企業行動や規制活動における意義や技法など基本的な事項について実践事例を交え教授する。

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6962
GLP-LS6501S9
演習(民事実務)
Civil Law Seminar
森 健二
A1A2 金曜5限
Fri 5th
民事裁判の思考プロセス

現在行なわれている民事裁判の思考プロセスを体現し、ときに批判的にこれを検討する。具体的には、実際の訴訟事件を基に作成した記録教材や最高裁で扱われた裁判例等、多くの事案を素材にして、主張分析(要件事実)及び事実認定の基本を徹底して身に着けてもらうとともに、在るべき「紛争解決」「民事裁判」についても思いを巡らせる機会を持ってもらう。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 401号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 20 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account