ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D340-0052S
グローバル社会動態III
Global Dynamics III
和田 毅
WADA Takeshi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
『研究計画申請書』を書く

この授業の主な目的は、「研究計画申請書」というものを作成する作業を通じて、社会科学における重要な「問い」のたてかた、「理論」についての考え方、「研究方法」の設定の仕方、学術資料の収集の仕方、学術論文引用のルール、論述の組み立て方などを学ぶ。「研究計画申請書」とは、その名前から推測できるように、各学生が何をどのように研究したいのかを記したものである。これから論文を書こうという学生、博士課程に進んで本格的な学究生活を送りたいと考えている学生、また、社会に出て否応なく発表・プレゼンテーションをうまくこなしていかなければならなくなる学生諸君にとって最適の課題であると思われる。 また、単なる計画書ではなく、その「申請書」である点が重要である。学生が「こういう研究をしたい」というアイデアを誰かに申請するというのである。自分の考えを他人に売り込むのだと考えればわかりやすい。他人に認めてもらうためには、独りよがりの計画書ではなく、学術ルールにのっとった形式で自分の考えをアピールし、「面白い」と思わせる必要がある。この意味では、非常に高度な授業になるかもしれない。他人に売り込むと述べたが、「他人」とは、奨学金を提供する団体であるかもしれないし、フルブライトなど留学生を募集している組織かもしれない。また、将来論文指導をする教官、大学院での面接試験官、海外の大学の入学審査機関などかもしれない。申請先はどこであれ、学生たちの将来に役に立つような授業にしたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1223教室 Komaba Bldg.12 Room 1223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0052S
グローバル社会動態III
Global Dynamics III
和田 毅
WADA Takeshi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
『研究計画申請書』を書く

この授業の主な目的は、「研究計画申請書」というものを作成する作業を通じて、社会科学における重要な「問い」のたてかた、「理論」についての考え方、「研究方法」の設定の仕方、学術資料の収集の仕方、学術論文引用のルール、論述の組み立て方などを学ぶ。「研究計画申請書」とは、その名前から推測できるように、各学生が何をどのように研究したいのかを記したものである。これから論文を書こうという学生、博士課程に進んで本格的な学究生活を送りたいと考えている学生、また、社会に出て否応なく発表・プレゼンテーションをうまくこなしていかなければならなくなる学生諸君にとって最適の課題であると思われる。 また、単なる計画書ではなく、その「申請書」である点が重要である。学生が「こういう研究をしたい」というアイデアを誰かに申請するというのである。自分の考えを他人に売り込むのだと考えればわかりやすい。他人に認めてもらうためには、独りよがりの計画書ではなく、学術ルールにのっとった形式で自分の考えをアピールし、「面白い」と思わせる必要がある。この意味では、非常に高度な授業になるかもしれない。他人に売り込むと述べたが、「他人」とは、奨学金を提供する団体であるかもしれないし、フルブライトなど留学生を募集している組織かもしれない。また、将来論文指導をする教官、大学院での面接試験官、海外の大学の入学審査機関などかもしれない。申請先はどこであれ、学生たちの将来に役に立つような授業にしたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1223教室 Komaba Bldg.12 Room 1223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21172351-2
宋学研究
The Study of Song Learning
小島 毅
Tsuyoshi Kojima
S1S2 水曜2限
Wed 2nd

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
31D220-0060A
文明技術遷移論II
Transmission of Civilization and Technology II
和田 毅
WADA Takeshi
A1 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
Contentious Politics II 社会運動・抗議行動研究の方法論

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。「Contentious Politics」の授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していく。 「CONTENTIOUS POLITICS I」では、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては「一丁目一番地」といわれる主要な理論的文献を読んだ。「CONTENTIOUS POLITICS II」では、方法論について学ぶ。Contentious Politics研究では、その他の政治社会学分野同様、多様な研究方法を用いて実証分析を行っている。具体的に、この授業では、比較歴史事例分析法、公文書・口述歴史分析法、参与観察法、フィールド調査法、ディスコース・フレーム分析法、インタビュー調査法、生活史解析法、フォーカス・グループ分析法、質的比較分析法(QCA)、世論・意識調査法、イベント分析法、社会ネットワーク分析法、オンライン分析法、イメージ分析法、などを取り上げる予定である。最近の実証研究で用いられているこれらの方法論の是非を検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D340-0052A
グローバル社会動態III
Global Dynamics III
和田 毅
WADA Takeshi
A1 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
Contentious Politics II 社会運動・抗議行動研究の方法論

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。「Contentious Politics」の授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していく。 「CONTENTIOUS POLITICS I」では、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては「一丁目一番地」といわれる主要な理論的文献を読んだ。「CONTENTIOUS POLITICS II」では、方法論について学ぶ。Contentious Politics研究では、その他の政治社会学分野同様、多様な研究方法を用いて実証分析を行っている。具体的に、この授業では、比較歴史事例分析法、公文書・口述歴史分析法、参与観察法、フィールド調査法、ディスコース・フレーム分析法、インタビュー調査法、生活史解析法、フォーカス・グループ分析法、質的比較分析法(QCA)、世論・意識調査法、イベント分析法、社会ネットワーク分析法、オンライン分析法、イメージ分析法、などを取り上げる予定である。最近の実証研究で用いられているこれらの方法論の是非を検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0060A
文明技術遷移論II
Transmission of Civilization and Technology II
和田 毅
WADA Takeshi
A1 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
Contentious Politics II 社会運動・抗議行動研究の方法論

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。「Contentious Politics」の授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していく。 「CONTENTIOUS POLITICS I」では、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては「一丁目一番地」といわれる主要な理論的文献を読んだ。「CONTENTIOUS POLITICS II」では、方法論について学ぶ。Contentious Politics研究では、その他の政治社会学分野同様、多様な研究方法を用いて実証分析を行っている。具体的に、この授業では、比較歴史事例分析法、公文書・口述歴史分析法、参与観察法、フィールド調査法、ディスコース・フレーム分析法、インタビュー調査法、生活史解析法、フォーカス・グループ分析法、質的比較分析法(QCA)、世論・意識調査法、イベント分析法、社会ネットワーク分析法、オンライン分析法、イメージ分析法、などを取り上げる予定である。最近の実証研究で用いられているこれらの方法論の是非を検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0052A
グローバル社会動態III
Global Dynamics III
和田 毅
WADA Takeshi
A1 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
Contentious Politics II 社会運動・抗議行動研究の方法論

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。「Contentious Politics」の授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していく。 「CONTENTIOUS POLITICS I」では、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては「一丁目一番地」といわれる主要な理論的文献を読んだ。「CONTENTIOUS POLITICS II」では、方法論について学ぶ。Contentious Politics研究では、その他の政治社会学分野同様、多様な研究方法を用いて実証分析を行っている。具体的に、この授業では、比較歴史事例分析法、公文書・口述歴史分析法、参与観察法、フィールド調査法、ディスコース・フレーム分析法、インタビュー調査法、生活史解析法、フォーカス・グループ分析法、質的比較分析法(QCA)、世論・意識調査法、イベント分析法、社会ネットワーク分析法、オンライン分析法、イメージ分析法、などを取り上げる予定である。最近の実証研究で用いられているこれらの方法論の是非を検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0060S
文明技術遷移論II
Transmission of Civilization and Technology II
和田 毅
WADA Takeshi
S1S2 水曜5限
Wed 5th
CONTENTIOUS POLITICS I

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。この授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していきたい。 政治・経済・社会・文化の抗争、要するに集団と集団の争いという現象は、常に社会科学者たちの関心を集めてきた。現在では、社会運動論という高度に専門化した学問分野が発達しているが、このような狭い分野に止まらずに、広範な社会科学の思想・理論の枠組みの中でContentious Politicsを理解することが重要である。このため、社会科学の根底にある四つの異なる考え方・理論を理解し、それぞれがどのように抗争を説明してきたのかを考えていく。“Contentious Politics I”では社会科学の古典的理論やContentious Politics研究のパラダイムとなった作品を読んでいく。コース終盤では、現在Contentious Politics研究において新たなパラダイムの位置を確立しようとする学派の論文を読む。この授業で読む文献は、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては、「一丁目一番地」といわれるものばかりである。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0410S
比較現代政治I
Comparative Politics I
和田 毅
WADA Takeshi
S1S2 水曜5限
Wed 5th
CONTENTIOUS POLITICS I

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。この授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していきたい。 政治・経済・社会・文化の抗争、要するに集団と集団の争いという現象は、常に社会科学者たちの関心を集めてきた。現在では、社会運動論という高度に専門化した学問分野が発達しているが、このような狭い分野に止まらずに、広範な社会科学の思想・理論の枠組みの中でContentious Politicsを理解することが重要である。このため、社会科学の根底にある四つの異なる考え方・理論を理解し、それぞれがどのように抗争を説明してきたのかを考えていく。“Contentious Politics I”では社会科学の古典的理論やContentious Politics研究のパラダイムとなった作品を読んでいく。コース終盤では、現在Contentious Politics研究において新たなパラダイムの位置を確立しようとする学派の論文を読む。この授業で読む文献は、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては、「一丁目一番地」といわれるものばかりである。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0060S
文明技術遷移論II
Transmission of Civilization and Technology II
和田 毅
WADA Takeshi
S1S2 水曜5限
Wed 5th
CONTENTIOUS POLITICS I

革命、社会運動、民衆抗議行動、政党活動、NGO活動、テロなど、各国で繰り広げられる社会勢力と国家・企業間の争い・対立を “Contentious Politics”と呼ぶ。市民による社会運動やNGO活動が活発な社会がある一方で、市民運動は弱体でContentious Politicsは政党活動に限られた社会もある。また、ゲリラ活動やテロが盛んな社会も存在する。この授業では、(1)このような違いがどうして生じているのか、(2)社会運動はそもそもどのようにして生まれ、発展し、消滅するのか、(3)抗議行動やNGO活動は、どのような場合に成功し、どのような場合に失敗するのか、(4)民衆抗議行動の手法や形態は歴史的にどう変わってきたか、(5)欧米をモデルとした社会運動論の概念がそれ以外の地域のContentious Politicsを説明するのに有効であるのか、等の問いを探求していきたい。 政治・経済・社会・文化の抗争、要するに集団と集団の争いという現象は、常に社会科学者たちの関心を集めてきた。現在では、社会運動論という高度に専門化した学問分野が発達しているが、このような狭い分野に止まらずに、広範な社会科学の思想・理論の枠組みの中でContentious Politicsを理解することが重要である。このため、社会科学の根底にある四つの異なる考え方・理論を理解し、それぞれがどのように抗争を説明してきたのかを考えていく。“Contentious Politics I”では社会科学の古典的理論やContentious Politics研究のパラダイムとなった作品を読んでいく。コース終盤では、現在Contentious Politics研究において新たなパラダイムの位置を確立しようとする学派の論文を読む。この授業で読む文献は、社会運動等の政治社会学研究を目指す者にとっては、「一丁目一番地」といわれるものばかりである。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 49 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account