ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-1155S
環インド洋地域文化演習I
Indian Ocean Area Studies: Seminar I
内川 秀二
UCHIKAWA Shuji
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
環インド洋地域文化演習I

インドは20年間にわたり安定した経済成長を遂げ、GDPはその間に4倍以上になった。インドの社会・経済は変貌を遂げた。単に所得が上昇したということに留まらず、農村部の社会構造も変化した。それにもかかわらず、貧困の問題を解決できていない。貧困を削減するために必要なのは雇用の創出である。雇用の問題を考える際に重要なのは、都市と農村あるいは大企業と中小企業の二重構造である。農村部には就業しているが、十分な所得を得られるだけの就業機会がない半失業者が滞留している。彼らは出稼ぎ労働者として都市部に移動するが、低賃金で不安定な職にしか就けない。また、就業をとおして自らのスキルを向上させる機会も限られている。本講義では独立後のインド経済の発展過程を検証し、インドの社会・経済がどのように変化してきたかを考える。 また、インド現在の状況を掴むために、Economic Survey 2017と出稼ぎ労働者についての論文を輪読する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-112 Komaba Bldg.8 Room 8-112
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
31M220-1155S
環インド洋地域文化演習I
Indian Ocean Area Studies: Seminar I
内川 秀二
UCHIKAWA Shuji
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
環インド洋地域文化演習I

インドは20年間にわたり安定した経済成長を遂げ、GDPはその間に4倍以上になった。インドの社会・経済は変貌を遂げた。単に所得が上昇したということに留まらず、農村部の社会構造も変化した。それにもかかわらず、貧困の問題を解決できていない。貧困を削減するために必要なのは雇用の創出である。雇用の問題を考える際に重要なのは、都市と農村あるいは大企業と中小企業の二重構造である。農村部には就業しているが、十分な所得を得られるだけの就業機会がない半失業者が滞留している。彼らは出稼ぎ労働者として都市部に移動するが、低賃金で不安定な職にしか就けない。また、就業をとおして自らのスキルを向上させる機会も限られている。本講義では独立後のインド経済の発展過程を検証し、インドの社会・経済がどのように変化してきたかを考える。 また、インド現在の状況を掴むために、Economic Survey 2017と出稼ぎ労働者についての論文を輪読する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-112 Komaba Bldg.8 Room 8-112
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-2 / 2 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account