ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-1351S
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
伊地知 紀子
IJICHI Noriko
S1S2 集中
Intensive 
日常から考える朝鮮半島と日本

モノ・ヒト・情報がさまざまなボーダーを越えて移動する現代世界では、グローバル化が一つのキーワードとなり、日本もまたその流れのなかにある。 この講義では、グローバル化のなかで生じる日本社会の変化を朝鮮半島との関わりのなかから考える。具体的には、明治期から現代までを射程に入れ、生活史という手法で得られた知見をもとに生活世界から考えることの可能性について論じる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-1351S
地域文化研究特殊研究III
Specialized Topics in Area Studies III
伊地知 紀子
IJICHI Noriko
S1S2 集中
Intensive 
日常から考える朝鮮半島と日本

モノ・ヒト・情報がさまざまなボーダーを越えて移動する現代世界では、グローバル化が一つのキーワードとなり、日本もまたその流れのなかにある。 この講義では、グローバル化のなかで生じる日本社会の変化を朝鮮半島との関わりのなかから考える。具体的には、明治期から現代までを射程に入れ、生活史という手法で得られた知見をもとに生活世界から考えることの可能性について論じる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
23-214-07
GED-IE6440L1
大学経営政策各論(3)
Topics in Higher Education Policy and Management(4)
福留 東土
FUKUDOME Hideto
S1S2 土曜4限
Sat 4th
大学と地域の関係について、政策、連携、実践等の視点から講義を行う。担当講師の他、南山大学の五島敦子教授にゲスト講師として講義を依頼する。

(中田担当分) 平成期に入り急増し、地域の高等教育において存在感を増している公立大学について、その設置政策の概要を把握するとともに、法人化、評価、財政・経営課題等の特徴について国私立大学とも比較しながら理解することを目標とする。その上で、地方自治と大学自治の接点にある公立大学が、その特性を活かして地域の高等教育にどのように役割を果たすことができるのか考える。 (五島・福留担当分) アメリカにおける大学開放の理念と歴史を学んだうえで、大学開放部局の組織・運営のあり方と今日的課題を理解することを目標とする。とくに州立大学に焦点を当て、継続高等教育と地域連携事業の事例を検討することを通じて、社会に開かれた大学づくりのために何が必要かを考える。 (伊地知担当分) 大学における研究・教育活動や研究成果と育成された人材の地域における活用という観点に焦点を置き、地域科学技術・イノベーション政策も踏まえつつ、地域に関連した大学における政策や経営の概要について理解することを目標とする。なお、その基盤として、研究やイノベーションのシステム、その推進を図る科学技術イノベーション政策等の概要についても理解する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 A200講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0750A
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0750S
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

 近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0750A
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0750S
民俗社会論I
Folk Society I
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1024A
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
A1A2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1024S
アジア太平洋地域文化演習IV
Asian and Pacific Area Studies: Seminar IV
渡辺 美季
WATANABE Miki
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
近世琉球と中国・日本

  近世期(1609-1879年)の琉球は、中国・日本と二重の君臣関係を有しながら、そのどちらにも包摂されずに王国を維持した。この授業では、近世琉球に関わる文献や史料を講読し、琉球および琉球と関わる国や地域を比較し、近世東アジアにおける国・通交・境界・秩序等について議論と考察を深めることを目的とする。今年度は夏秋学期を通じて、琉球が中・日との二重の君臣関係を開始した近世初期の状況を具体的に検討すべく、関連する史料を講読する(*和文・漢文の古文書の解読が授業の主な内容である)。  夏学期には1638年に琉球に派遣された薩摩藩士の渡海日記(『肥後守祐昌様琉球御渡海日記』)を、秋学期は薩摩藩士の史家である伊地知季安(1782-1867年)が薩琉関係の展開についてまとめた『南聘紀考』を講読する予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0010S
人間の安全保障基礎論I
Introduction to Human Security I
阪本 拓人
SAKAMOTO Takuto
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
人間の安全保障基礎論I

「人間の安全保障」について,国際関係論の観点からマクロに俯瞰する授業である. 具体的には,「人間の安全保障」概念が形成される背景となった国際社会の歴史的な変容を論じた上で,「人間の安全保障」の実践に関わる現代世界の規範・制度・政策を取り上げ,平和・開発・人権といった領域におけるこれらの運用・効果・限界について議論する.授業の後半では,受講者自身のグループワークと討論を通じて,「人間の安全保障」に対するグローバルな取り組みへの理解と問題意識を深めてもらう.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-209 Komaba Bldg.8 Room 8-209
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 21 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account