ホーム > 大学院版 > 学際情報学府

Home > Graduate > Interdisciplinary Information Studies

学際情報学府 Interdisciplinary Information Studies

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
4912020
情報社会心理学
Information Social Psychology
橋元 良明
Yoshiaki Hashimoto
A1A2 火曜4限
Tue 4th
乳幼児に及ぼすデジタル機器の認知的影響と幸福の心理学

『デジタル・デメンチア』の輪読を軸に、新しいメディアやITの負の影響に関する議論の真偽を検討する。また、ネット社会、とくにSNSの利用と心理的充足(←→抑うつ・孤独)との関連を考察する基礎として「幸福の心理学」についての文献を読む

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館7階演習室1
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4912030
GII-CS6103L1
横断型 University-wide
情報記号論
Information Semiotics
石田 英敬
ISHIDA Hidetaka
S1S2 水曜5限
Wed 5th
情報記号論講義 〜 最終年度講義 〜

 私は2000年の大学院情報学環・学際情報学府の設立以来、この「情報記号論」を講義してきた。 ロック、ライプニッツのバロック時代に、のちのコンピュータの発明にいたる「哲学計画」の名前として提唱されたのが「記号論」という学問だった。その後、この学問は、一方では、19世紀に起こった論理学の革命をへて、思考の形式化へと向かう「情報学」の系譜をつくり出し、他方では、20世紀の言語革命・メディア革命をへて、人間の意識と意味を分析する「記号学」へといたる流れを生みだした。  2000年の情報学環の設立に際して、文系の意味の学問としての記号学と理系の計算の学問としての情報学とを架橋する新しい学問領域として、「情報記号論」の学問領域を拓こうとした理由は、情報学環こそ、文系と理系をむすびつける、情報と意味の知の研究教育組織であるべきだと考えたからだった。  それから18年をへて、本年が最終年度講義であるから、これまでに蓄積してきた、私自身の「記号論」についての研究成果と、「情報記号論」の構想を、まとめて講義する年としたい。  **  24時間モバイル機器を手放せず、情報産業に囲い込まれた現代人の生活。ヒトが二足歩行へと進化し文字を持ち始めた時から宿命づけられたこの現象は、二十世紀に二つのメディア革命をへて加速した。写真・電話・映画などの技術が人間の意識できない瞬間を記録し、広告・マーケティング技術が我々自身よりも先に消費・欲望を生み出し、デジタル機器が人間の生活全体をアルゴリズム化して統治していく。この現代人の意識生活を理解するための理論パラダイムを人文社会科学は持つことができるのか。本講義では、この問題へのアプローチを総合的に提示する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館2階教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4912050
数理言語学概論
Introduction to Mathematical Linguistics
田中 久美子
Kumiko Tanaka
A1A2 木曜2限
Thu 2nd

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工61号講義室 Faculty of Engineering Bldg.6 #61
講義使用言語 Language: Japanese
4912080
情報行動論
Communication Behavior
石崎 雅人
Masato Ishizaki
A1A2 火曜5限
Tue 5th
情報行動のための研究法

コミュニケーションに関するデータを分析する方法には、内容分析、談話分析、質的分析、会話分析などがある。従来、これらの分析法は別々の分野で利用されてきた。本授業では、複数の方法を併置させ、その関係を検討することにより、量的研究と質的研究の関係について議論する。さらに、時間が許せば、外部の研究者によるトークを聞いたり、取り上げた方法を利用して実際のデータ分析を行なってみたいと考えている。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館7階第3演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4913040
情報経済学
Information Economics
須藤 修
Osamu Sudo
A1A2 水曜5限
Wed 5th
人工知能の社会的インパクトとデータ分析

人工知能の社会的インパクトに関する文献資料を理解するとともに、データ加工やデータ分析の手法に関する理解を深める。

単位 Credit:2
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館7階演習室1
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4913100
ネットワーク経済論
Network Economies
田中 秀幸
Hideyuki Tanaka
A1A2 木曜4限
Thu 4th
情報技術による社会経済システムへの影響に関する分析

本授業は、ネットワーク化する社会経済活動を理解するための基礎的な知識や学術的な研究可能性を探索することを目的とする。今期はブロックチェーン技術を題材として、分散型のコンピューティング・アーキテクチャが組織やサービス、社会経済システムに与える影響について検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館6階・実験室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4913150
社会システム論
Social Systems Theory
三谷 武司
A1A2 月曜4限
Mon 4th
研究発表・文献購読

履修者が研究の進展状況等を発表し、全員で議論する。適宜、社会システム論関係等の文献購読を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館7階演習室1
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4914020
横断型 University-wide
メディア文化研究I
Media Cultural Studies I
吉見 俊哉
Shunya Yoshimi
A1A2 木曜5限
Thu 5th
AMERICA IN JAPAN: 150 years history of culture and politics

Future—phantasm—desire—mirror-image—ruler—Other—Self: for modern Japan, America represents all of these and more. America looms as a central presence in Japan’s cultural and political landscape throughout the “long twentieth century” of Japan’s modern era, and there is no other country on earth that has incorporated “America” into its own self-identity so willingly and to such a degree. America has not only been a foreign country outside Japan, but also the most powerful referential instance inside the society. This class will explore what “America” has meant to Japan in concrete terms. Beginning with the arrival of the American navy’s “black ships” in the 1850s, we will then turn to consider, among other topics, Protestantism and Americanism in the late nineteenth century; urban modernism and American culture in the early twentieth century; Japanese reactions to the American air raids on Japan during World War II; the American Occupation and its influence on postwar popular culture; and the connections between Americanism and nationalism in postwar consumer society. Key players will range from Commodore Perry, General MacArthur, and Emperor Hirohito to Godzilla, Mickey Mouse, and Astro Boy, and the stage of our story will shift from Ginza, Roppongi, and Harajuku in downtown Tokyo to Tokyo Disneyland, Fukushima, and Okinawa. This course assumes no previous knowledge of Japanese history or culture, and is designed as an introduction to modern Japanese history through the unique lens of American points of contact. At the same time, the course’s central focus on Japanese popular audio-visual culture, such as film, advertisement, and television, will enable students to think critically about representation and cultural objects from a variety of historical and theoretical perspectives.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館2階教室
講義使用言語 Language:英語 English
4914060
ジャーナリズム研究
Journalism Studies
林 香里
Kaori Hayashi
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
Doing interviews for qualitative investigation: How patterns of media consumption have changed with the use of mobile device

This course is intended as an introduction to learn interviewing through a practical approach. Interviews are one of the most used method for social research. During the course, we learn how to conduct interviews within the settings of academic research. Besides conducting interviews during and outside classes, students are expected to learn what to prepare for an interview, how to record and apply interview data in an academic thesis as well. The aim of this class is therefore to develop skills required as a researcher to use and theorize the application of interview data.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:英語 English
4914070
メディア社会学I
Media Sociology I
北田 暁大
Akihiro Kitada
A1A2 水曜3限
Wed 3rd

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館7階第2演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 176 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account