ホーム > 大学院版 > 総合文化研究科

Home > Graduate > Arts and Sciences

総合文化研究科 Arts and Sciences

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D200-0011A
一般言語理論I
Foundations of Linguistics Theory I
稲葉 治朗
INABA Jiro
A1A2 木曜3限
Thu 3rd
統語論入門(続)

夏学期の必修科目「言語理論1/言語科学基礎論1」(統語論入門)の続編という位置付けで、いわゆる「原理とパラメータ理論」(1980年代~現在)を中心とする統語論の基礎をさらに学ぶ。 (前学期の復習も含まれるので、同授業を受講していなくても、やる気があれば受講可。) 受講者の関心や知識も考慮しながら、原則として基本的な事項を押さえることを目的とする。 統語論(理論言語学)における議論の仕方の練習もしたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-206 Komaba Bldg.8 Room 8-206
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0030A
文法解析I
Linguistic Analysis I
伊藤 たかね
ITO Takane
A1A2 水曜4限
Wed 4th
「文法と語彙」を考える

理論的枠組みを超えた「統合的アプローチ」を目指した論文集を取り上げ,受講者が興味をもったトピックを選んで,「深掘り」を試みる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0030S
文法解析I
Linguistic Analysis I
伊藤 たかね
ITO Takane
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
「語」の文法を考える

「語」は,文の基礎的な構成要素であり,レキシコンに記憶されるひとまとまりの要素として句には見られない語彙性を示す。一方で,複数の形態素から成る語には内部構造があり,句に似た規則性を示す側面もある。この二つの相反する性質がせめぎあうところに,「語」の文法の面白さがある。この授業では,「語」の成り立ちと振る舞いにかかわる具体的な言語現象をとりあげて,「語」の文法を考えていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language: Japanese
31D200-0050S
日本語解析I
Analysis of Japanese I
矢田 勉
YADA Tsutomu
S1S2 金曜4限
Fri 4th
近世日本の文字論を読む

近世日本において、「文字」は、「新井白石」という例外を除いて、体系的・総体的に研究対象になることはなかった。しかし、近世人に「文字」が意識化されていなかったわけでは決してなく、中国=漢字との関係の中で、いびつな形で「文字論」は大いに展開されていた。それら近世の文字論は、初期の近代国語学がまず克服しなければならない対象であったと同時に、陰に陽に近代日本の文字論にも影響を遺していった。近代・現代の日本語文字をめぐる言説を正しく理解する前提として、近世の文字論を原テキストによって読解・理解したい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0071A
翻訳理論I
Theory of Translation I
野崎 歓
Kan Nozaki
A1A2 月曜4限
Mon 4th
ネルヴァル「シルヴィ」研究

ジェラール・ド・ネルヴァル(1808-1855年)は、一方ではマルセル・プルースト、他方ではシュルレアリスムにつながる系譜の端緒をなす存在である。代表作の一つとされる中編小説「シルヴィ」(1854年、『火の娘たち』所収)を精細に読み解き、ネルヴァルの具現した文学的可能性の核心をさぐるとともに、同時代の社会・文化的状況のなかに作品を位置づけることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 文学部・人文社会系研究科 各研究室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0071S
翻訳理論I
Theory of Translation I
野崎 歓
Kan Nozaki
S1S2 月曜4限
Mon 4th
シャトーブリアン『キリスト教精髄』研究

シャトーブリアン(1768-1848年)の『キリスト教精髄』(1802年)は19世紀フランスの文学はもちろんのこと、社会・文化に決定的な影響を及ぼした書物でありながら、日本においてはそこに小説『アタラ』『ルネ』が収録されていること以外、ほとんど知られていない。大著の全容をとらえ、革命後の時代においてこの詩的アポロジェティック(護教論)の企図が持ちえた射程を理解することを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 文学部3号館 仏文研
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0100A
言語記号分析II
Semiotics of Language II
森 芳樹
MORI Yoshiki
A1A2 金曜4限
Fri 4th
言語記号分析Ⅱ:談話と文法のインターフェイス (13)

意味論と、その他部門へのインターフェイスを問題にする。意味論・語用論(実用論)を考察の中心に据えるということは、一般にコンテクストと呼ばれる文脈情報、談話情報と文法情報の相互干渉を認知と認識のレベルで問題にすることだと思う。このレベルで、一方では理論を使いながら個別言語から「言語」の探求を行い、他方では言語理論の知識を用いながら具体的な作業を行い個別言語の理解を深めていきたい。重点分野としてはAspect/Tense/ModalityやInformation Structureを考えている。今学期は名詞句の定性・不定性や指示と談話構造の関わりを重点的に取り上げたいが、参加者の希望なども聞きながら扱うテーマ、論文などを決めていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0100S
言語記号分析II
Semiotics of Language II
森 芳樹
MORI Yoshiki
S1S2 金曜4限
Fri 4th
言語記号分析Ⅱ:談話と文法のインターフェイス (12)

意味論と、その他部門へのインターフェイスを問題にする。意味論・語用論(実用論)を考察の中心に据えるということは、一般にコンテクストと呼ばれる文脈情報、談話情報と文法情報の相互干渉を認知と認識のレベルで問題にすることだと思う。このレベルで、一方では理論を使いながら個別言語から「言語」の探求を行い、他方では言語理論の知識を用いながら具体的な作業を行い個別言語の理解を深めていきたい。重点分野としてはAspect/Tense/ModalityやInformation Structureを考えている。今学期は文ムードと談話構造の関わりを重点的に取り上げたいが、参加者の希望なども聞きながら扱うテーマ、論文などを決めていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-320 Komaba Bldg.8 Room 8-320
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0110A
言語科学基礎理論演習I
Seminar: Foundations of Scientific Linguistics I
大堀 壽夫
OHORI Toshio
A1A2 火曜2限
Tue 2nd
Seminar in syntax, semantics, and pragmatics

言語学の新しい論文(主として認知・機能言語学の観点からの、文法、意味論、語用論に関する研究;言語変化の研究も含む)を読み、討議することで、参加者各人が学会論文や学位論文を作り上げるための実力養成を目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0110S
言語科学基礎理論演習I
Seminar: Foundations of Scientific Linguistics I
大堀 壽夫
OHORI Toshio
S1S2 金曜5限
Fri 5th
意味論・語用論セミナー

言語学の新しい論文(主として認知意味論、談話分析、語用論に関するもの)を読み、討議することで、参加者各人が学会論文や学位論文を作り上げるための実力養成を目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-208 Komaba Bldg.8 Room 8-208
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 1821 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account