ホーム > 大学院版 > 法学政治学研究科

Home > Graduate > Law and Politics

法学政治学研究科 Law and Politics

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
25-300-01
GLP-LP6122L1
消費者法
Consumer Law (Special Study)
大村 敦志
Atsushi Omura
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
判例による立法の克服―信用供与の場合

法規範の生成という観点から消費者法を検討する。特に、立法と判例の相互作用、社会問題・社会運動と法の相互作用を重視する。具体的な素材として、利息制限法・貸金業法を主たる素材とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 21番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-300-02
GLP-LP6202L3
Introduction to Japanese Law
Comparative Law (Special Study)
FISHER JAMES CLAYTON
FISHER JAMES CLAYTON
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
Introduction to Japanese Law

This course will give help students understand the fundamentals of law in contemporary Japan. Students will emerge with at least a foundational understanding of key concepts in Japanese law, both in isolation and in their social context. Students will learn critically to discuss strengths and weaknesses of various areas of Japanese law, and offer comparisons with other systems where appropriate. The course assumes no knowledge of Japanese law, or law in general.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 21番教室
講義使用言語 Language:英語 English
25-300-03
GLP-LP6203S1
現代アメリカ法
Anglo-American Law (Special Study)
淺香 吉幹
Kichimoto Asaka
S1S2 火曜5限 木曜4限
Tue 5th Thu 4th

ミシガン大学とコロンビア大学のロー・スクール教授により,今日のアメリカ法が直面するホット・イッシューにつき英語で授業をしていただく。授業のスタイルは各教授によって多少異なるが,予習を前提としたソクラティック・メソッド(質疑応答形式)を主流とするアメリカのロー・スクールの雰囲気を体感してもらう。時間が変則(主要部分は5月,6月,7月の火曜5限,木曜4限を使った週2コマ)であることに注意。日本人教授が同席して補助するので,多少英語に自信がなくとも,英語での授業にチャレンジしようという学生の参加を歓迎する。第1回のイントロダクション(説明会)にも必ず参加すること。出席・発言と授業内容に関連したレポート(日本語または英語)とが評価の基準となる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:英語 English
25-300-04
GLP-LP6207L1
ヨーロッパ法
European Law (Special Study)
伊藤 洋一
Yoichi Ito
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
ヨーロッパ法

東西冷戦の終結とともに,ヨーロッパ連合は,安全保障をも視野にいれた広い権限を持つ地域的国際組織として,今や国際経済のみならず国際政治においても大きな意義を持つ存在となった. また,ヨーロッパ統合の進展とともに,ヨーロッパ共同体法の重要性は,近年増加の一途をたどっており,特に,EU法の基礎的知識は,EU加盟国の国内法理解に際しても今や不可欠となっている.ヨーロッパ法が,いかにして国内法においても重要性を獲得するようになってきたのかは,国際レベルにおける法の支配の確立事例としても極めて興味深い問題である. 近年のユーロ危機,移民危機,ポーランド・ハンガリーの権威主義体制化問題,更に2019年3月が期限となっているイギリスのEU脱退(Brexit)等,岐路に立つ欧州統合に関する話題には事欠かない.これらの「複合危機」を背景として,EUに関する報道は少なくないが,残念ながら,日本のマスコミ関係者でも,現実のEUにおける制度設計,法形成がどのようになされ,またどのように運用されているかにつき,正確な理解を持つ者は多くない.一方で,Brexitキャンペーンの際に,「ブリュッセル」が諸悪の根源であって,ユーロないしEUから脱退しさえすれば,全ての問題が解決するとの,単純にして明快なポピュリストの主張が,しばしば報道されたことは記憶に新しい.ところが他方で,EUの運営がうまくいかないのは組織原理が「民主的」だからだという主張(塩野七生)もある.しかし,EUが常に「非民主的」だと非難され,「ブリュッセル」だけが諸悪の根源だとする非難は本当に正しいのか,正しいとした場合,誰もが「民主的」だと認めるような制度は,どのようにすれば形成できるのか.それほどまでに「非民主的」な組織であるにも拘らず,なぜ加盟国は,イギリスの後を追って脱退し,あるいはEUを直ちに廃止しようとしないのか.単に,不満の矛先をEUに向けるだけで,ヨーロッパの全ての問題が解決できるのか,といった疑問が次々に浮ぶであろう. 一言で言えば,グローバル化の進展過程において,古典的な主権国家の枠を超える「民主的」な国際組織をどのように設計すべきかという大きな問題としても,EUの制度・運用の研究は重要な意義を持つのである. 以上のように,EC/EU法は,従来の古典的国際法とどのように異なるのか,加盟国の国内法との間にどのような影響関係があるのか,「民主的」な国際組織の設計はどのようなものであるべきかといった問題は,学問的にも重要な理論的問題を提起している. 本講では,上述のような近時の問題状況をも念頭に置きつつ,現行法たるリスボン条約を中心に講義を行う予定である.EU法の対象分野は,共同体管轄事項が拡張されてきた結果,今や多岐にわたっているが,EU組織法の理解は,個別のEU実体法理解のため不可欠の前提となる.本講では,EU法の総論部分にあたる組織法,具体的には,EUの機構,法源,争訟制度等について順次講じる予定である.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 404号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-300-05
GLP-LP6207S1
ヨーロッパ法と国内法
European Law (Special Study)
伊藤 洋一
Yoichi Ito
A1A2 水曜4限
Wed 4th
ヨーロッパ法と国内法

ヨーロッパ統合の大きな特色は,「法による統合」であることである.特に,広義のヨーロッパ法(EU法およびヨーロッパ人権法)の国内法に対する優越の結果,加盟国においては,国内法の「ヨーロッパ法化」が近年顕著な現象となっており,ヨーロッパ法の影響を無視して加盟国の国内法のみを研究することは,もはや困難となってきている.特に,ヨーロッパ諸国の基本権保障については,EU裁判所・ヨーロッパ人権裁判所と国内裁判所との協力が不可欠となっており,両者の間の「対話(dialogue)」ないし「ネットワーク」が今や重要化し,国内法も変容を遂げつつある. 本演習では,執筆当時フランス憲法院の構成員であった公法学者Nicole Belloubetの論文を教材として講読する予定である.同論文は,法秩序間関係に関する1800頁を超える論文集の中の1編であるが,「ガラパゴス化」が囁かれつつある日本の裁判所の現況とは全く異なる,近時のヨーロッパにおける「裁判官対話」の実情,国内裁判所活動の国際化,フランス公法変容の実態を垣間見せてくれるであろう.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 A2演習室
講義使用言語 Language:フランス語 Others
25-300-06
GLP-LP6213L1
ドイツ法史における20世紀
Occidental Legal History (Special Study)
西川 洋一
Yoichi Nishikawa
A1A2 火曜4限
Tue 4th
ドイツ法の20世紀

 近代ドイツの法は、単に日本法の母法国の一つとして重要であるのみならず、ドイツの政治体制の変遷のみを見ても、権威主義的君主制国家、民主的共和政、ファシズム、資本主義にもとづいた民主政と社会主義体制との対立的併存、再統一、ヨーロッパ統合と、いわば20世紀における法の実験室のような様相を呈しているという意味でも、きわめて興味深い対象である。  本講義では、ビスマルク帝国から再統一とヨーロッパ統合の深化にまで及ぶ時代から、幾つかのトピックを取り上げて、ドイツ法史の発展の特徴について考えてみたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-300-07
GLP-LP6213S1
ドイツ法制史入門
Occidental Legal History (Special Study)
西川 洋一
Yoichi Nishikawa
A1A2 水曜5限
Wed 5th
ドイツ法制史入門(中世都市法とは何か?)

 中世都市法史を取り上げ、それがこれまでどのような視角と方法にもとづいて研究されてきたかを見た上で、最新の研究論文を読む。中世都市は、マックス・ヴェーバーがそれに注目したことからもわかるように、ヨーロッパの歴史においてきわめて重要な位置を占める歴史事象であり、そこにおける法や裁判のあり方も、中世から近代への法の発展を考える際に、範型的な意味を与えられてきた。ある時代の学者の中世都市法像の中には、その時代の法や国家についての見方の特色が反映されていると言っても過言ではない。  このような認識を前提として、この演習では、以下の二点を主たる目標とする。   (1) 中世都市法を対象として、法の歴史の研究が、それぞれの時代の法についての見方といかに関連しているかを考える。   (2) ドイツ語の学術文献の厳密な読解の訓練をする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 A1演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-300-08
GLP-LP6215S3
Law and Society in East Asia
Oriental Legal History (Special Study)
松原 健太郎
Kentaro Matsubara
S1S2 火曜5限
Tue 5th

This seminar aims to discuss the social / historical bases on which a modern legal system might operate in various East Asian societies, and to provide an introduction to some of those problems involving the integration of different legal traditions into a pluralistic yet coherent legal regime. We will focus on the tensions experienced by these societies, involving the importation of what were presented as "universal" values and norms, and the near-universal resistance to these values and norms, such resistance being based on the notions of custom and tradition. While the initial focus will be mainly on the experiences concerning the formation of legal institutions in China and Japan, students will be encouraged to bring in perspectives from other societies as well. The problems discussed will include: the difficulties regarding what exactly can be identified as East Asian legal traditions; how legal regimes were structured through the actions of actors exploiting the plurality of legal traditions; and how the relationship between legal arrangements and the political power-structure played out. Particular attention will also be paid to the issues of colonialism, and the uneasy relationship between Modernisation, Westernisation and Colonisation in these societies. The ability to read source materials written in Chinese and/or Japanese would be of much help, but will not be essential.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 A5演習室
講義使用言語 Language:英語 English
25-300-09
GLP-LP6216L1
法と経済学
Sociology of Law (Special Study)
太田 勝造
Shozo Ota
A1A2 水曜3限
Wed 3rd
法と経済学

 法規範・法制度・法現象の分析と評価のために,理論構築・仮説導出・仮説検証をミクロ経済学やゲーム論,統計学などを応用して行う学際的研究方法が「法と経済学(law & economics)」である.このように法と経済学は研究パラダイム(方法論)であり,特定の価値判断に立脚する「もう一つの法解釈学説」であるというような誤解をしてはならない.また,経済学やゲーム論を「合理人の経済活動を探求する学問」であるというような誤解をしてはならない(法と行動経済学も発展中である). 法と経済学が準拠する経済学自体の発展にともなう分析道具の進化の影響を受けて,法と経済学の対象領域も,不法行為法や契約法,所有権法,会社法,競争法などから,家族法,消費者法,知的財産権法,情報法,訴訟法,紛争処理法,国際私法,国際法,刑事法などへと広がって来ている.また,エイジェントについても不完備情報や限定合理性,バイアスなどを組み込んだ集団現象を分析できるようになっている.  参加者には,法を用いて社会をよりよくしたいという法政策的認識関心と,事実と証拠に基づいて(evidence-based)議論しようとする着実性と,法解釈学から見れば新奇な分析方法や結論をも理解する柔軟な分析力だけがあればよい.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 22番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-300-10
GLP-LP6217L1
現代法過程論
Law and Social Science (Special Study)
太田 勝造
Shozo Ota
A1A2 金曜5限
Fri 5th
現代法過程論

法の定立によって法が自動的に実現されるものではない.法システムの強制の通りに法が実現されるわけでもない.法は社会構成員間の相互作用のひとつのパラメータとして作用するに過ぎない.この社会的相互作用のプロセスを経由することを通じて,同じ内容の法も社会の多様性にしたがってさまざまな社会状態を帰結する.法の解釈適用も法実務も,このような法の社会過程(法過程)を通じてその社会的意味を付与されるものでしかない.したがって,現代社会における法過程への洞察なくして法を論じることはできない.法過程への洞察は,社会科学的手法によってのみ得ることができる.  本講義は,法の解釈適用,法実践,法と社会の相互作用に対して,学際的手法を用いてアプローチするものである.学際的手法として本講義で重視するものは,「法と経済学」,ゲイムの理論,進化論,認知科学,社会心理学,および,経験科学的社会学の手法である.法と経済学の手法を重視するのは,その政策科学としての色彩が,法の解釈適用という政策的価値判断の色彩の強い社会行為に対して従来の法解釈学とは異なる新たな光を当てるものだからである.進化論とゲイムの理論を重視するのは,それが社会構成員間の相互行為の構造とダイナミクスを明らかにするものだからである.経験科学的社会学の手法を重視するのは,法律学の多くの争点が社会の現実に対して開かれた問題であり,社会的事実の間主観的理解なしには意味のある解決を探求できない性質のものだからである.社会心理学を重視するのは法規整の対象たる人間の本質に科学的に肉薄するものだからである. 社会科学の諸手法は,公共政策大学院の学生にとっては比較的慣れ親しんだ手法と言えるものであろうが,差し当たりは,社会科学の発想方法まで遡って説明して行く.その上で,統計学,法と経済学,社会心理学,ゲイムの理論,進化論などの初歩を説明して行く. 本講義では,法をめぐる現代的で具体的な諸問題を主要な対象とし,上記社会科学の諸手法を学際的に用いてアプローチする.具体的には,司法制度,裁判手続,所有権法,契約法,不法行為,および刑事法における具体的諸問題を対象として議論する. なお,本講義は公共政策大学院の司法過程論と合併で行う.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 201号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 593 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account