ホーム > 大学院版 > 人文社会系研究科

Home > Graduate > Humanities and Sociology

人文社会系研究科 Humanities and Sociology

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
21180001
GHS-XX6A02S2
東京大学草創期の授業再現 5
Animating the Lectures of Tokyo University at the Foundation Days 5
葛西 康徳
KASSAI Yasunori
通年
Full Year (from Apr.)
木曜5限 木曜6限
Thu 5th Thu 6th
東京大学草創期の授業再現

日本の学問、特に人文社会科学は、世界の学問から孤立している、と言われることがあるが、それは発信言語(日本語)にのみ原因があるのであろうか?換言すれば、日本語で発表された業績を「英訳」すれば、問題は解決するのであろうか?そもそも、「英訳」できるのだろうか? 周知のように、東京大学の草創期、「洋学」はお雇い外国人によって、彼らの母国語(英独仏)で為された。その点に限って言えば、これらの授業は世界とつながっていたのである。そこで、いつ、なぜ、独自の発生を遂げていったのか?洋学以外の学問、即ち、漢学や国学は、東京大学創立後、それ以前とどのように異なるのか?そこに連続はあるのか?本授業はこれらの疑問を抱えたまま、具体的な学問分野ごとに、変化の足跡をたどり、原因を究明したい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
21180002
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅰ:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180003
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅱ:ネットワーク応用
Topics in Network Computing (An Advanced Topics in Information Media)
西川 賀樹
A1A2 水曜3限
Wed 3rd
情報セキュリティ

本講義では主に不正アクセスや情報漏洩といったインターネットにおけるセキュリティ問題を取り上げ、事例の紹介や対策方法について技術的に論じる。また、インターネット利用において詐欺や権利侵害のような問題では法律の知識も必要となることから、法的事柄についても解説する。受講にあたって、情報メディア論(1)で扱っているインターネットに関する技術について知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180004
GHS-XX6A01L1
研究倫理入門
Introduction to Research Ethics
小松 美彦
Yoshihiko Komatsu
A1A2 金曜4限
Fri 4th
 研究倫理を多角的に考える

 「研究倫理」という学問分野には大別2種類の内容がある。ひとつは、データ捏造・論文盗用・研究費の流用など、研究者個人・集団の不正行為をめぐるものである。またひとつは、人体実験・軍事研究など、広く人道にかかわるものである。近年の日本の研究倫理の授業では、前者に焦点が当てられ、守るべきルールが教授されがちである。しかも、そこでは、ルールを守ることが即ち倫理と見なされる傾向にある。  しかし、人文社会系研究科の開講科目である本授業は、それとは異なる内容となる。すなわち、前者の研究倫理を押さえたうえで、研究とルール(法)と倫理の関係を考察し、後者の研究倫理に重心を置く。具体的な事柄としては、STAP細胞問題、第二次大戦中のナチスと日本による人体実験、大戦後の総括の有無から今日に至る生命科学技術と軍事研究などを扱う予定である。そして、守るべきルールが守られず、非人道的に思われる研究が繰り返される全体構造を、そのなかで既存の生命倫理などが果たした役割とともに、歴史的に考察する。以上を通じて、一個の学問分野を多角的に検討する基本姿勢を身につけ、受講者一人ひとりが(研究)倫理について熟考する契機とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 314教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180005
GHS-XX6A01L1
メディア間翻訳・翻案研究:文学テクストの映像化・舞台化
Inter-media interpretation and adaptation: cinematization and dramatization of Literature
楯岡 求美
TATEOKA Kumi
S1S2 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
メディア間翻訳・翻案研究:文学テクストの映像化・舞台化

人文学のテクスト研究を、翻訳やアダプテーション作品の制作プロセスとつなげる学際研究および社会連携の可能性について考える。 大学における言語テクストを対象とした研究が、実社会での文学の映像化・舞台化など言語表現の枠をはみ出す多様な表現方法と必ずしも有機的なつながりを持ち得ていない。同時に、これまでの作品評価が原作をどこまで「忠実に」再現しているか、という同一性に偏ってもいる。映像・舞台化作品が、原作の言語テクストから自立した作品として成り立ちうる可能性について、その際に文学研究が果たしうる役割について、学際的な文化資源学の視点から、時にゲストを交え、討論を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 3番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180021
GHS-XX6A01L3
アカデミック・ライティング 1 (上級)
Academic Writing 1 (Advanced)
中邑 啓子
Keiko Nakamura
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
アカデミック・ライティング(上級)1

This course is an advanced academic writing course for graduate students. We will start with an overview of the considerations involved in successful academic writing (e.g., organization, audience), followed by an examination of different patterns in expository prose. We will then consider the interpretation and discussion of data, as well as the writing of summaries and critiques. Lastly, we will work on constructing a research paper and preparing effective academic presentations. Throughout the course, we will discuss issues which often present challenges in academic writing, such as style (e.g., avoidance of colloquialisms, use of formal language) and learn useful strategies involving grammar and sentence structure. The ultimate goal of this course is to lay the foundation for writing course papers, M.A./PH.D. theses, manuscripts for submission to academic journals, and presentations for academic conferences.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:英語 English
21180022
GHS-XX6A01L3
アカデミック・ライティング 2 (上級)
Academic Writing 2 (Advanced)
David Taylor
David Taylor
A1A2 金曜5限
Fri 5th
アカデミック・ライティング(上級)

This course will help graduate students to assess and consolidate their academic writing skills prior to a detailed review of essential techniques for organizing material for postgraduate papers and dissertations. A thorough examination of the below areas is intended to ensure advanced ability and a greater academic professionalism. Improvement is intended in the essential areas of achieving grammatical accuracy, syntax, paragraphing, punctuation, and the opening, extension, and conclusion of academic papers, prior to a central focus on methods for delivering argument in postgraduate dissertations. Emphasis will also be placed on the application of new vocabulary and rhetorical forms of particular relevance to scholarly debate. The course will feature discussion of numerous professional texts, ranging from academic writing in the humanities to scientific prose. Technical improvement will be achieved through class exercises, several essay assignments, and attendance at all classes, all of which are mandatory.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:英語 English
21180023
GHS-XX6A01L3
アカデミック・ライティング 3 (中級)
Academic Writing 3 (Intermediate)
David Taylor
David Taylor
S1S2 金曜5限
Fri 5th
アカデミック・ライティング(中級)

This course aims to develop basic academic writing proficiency through a wide variety of activities. Improvement is intended in the essential areas of grammatical accuracy, syntax, paragraphing, punctuation, and the opening, extension, and conclusion of academic papers. The course then concentrates on the central area of delivering argument in both shorter papers and dissertations. Repeated emphasis will also be placed on the application of new vocabulary and rhetorical forms of particular relevance to scholarly debate. Technical improvement will be achieved through class exercises, several essay assignments, and attendance at all classes, all of which are mandatory.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:英語 English
21180024
GHS-XX6A01L3
アカデミック・ライティング 4 (中級)
Academic Writing 4 (Intermediate)
中邑 啓子
Keiko Nakamura
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
アカデミック・ライティング4(中級)

This is an academic writing course for intermediate to high-intermediate learners of English. This course will start with a review of paragraph writing, covering topics such as paragraph structure, unity and coherence, supporting details, and plagiarism. From there, we will discuss different types of essays, namely process, cause/effect, comparison/ contrast, and argumentative essays. Throughout the course, we will also review sentence structure, such as types of sentences, parallel structures, noun/adverb/adjective clauses, and participial phrases. In addition, we will examine the writing process and cover basic research and documentation skills. This course is designed to help students improve their English academic writing ability, with the ultimate goal of producing research papers in their own areas of interest.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 217教室
講義使用言語 Language:英語 English
21180025
GHS-XX6A01L5
Wissenschaftliches Schreiben und Argumentieren (1)
Analytic Composition and Conversation(1)
KEPPLER-TASAKI Stefan
KEPPLER-TASAKI Stefan
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
Wissenschaftliches Schreiben und Argumentieren(1)

„Man besitzt in Ideen nur ganz, was man außer sich dargestellt in andere übergehen lassen kann“, so schrieb Wilhelm von Humboldt, preußischer Kultusminister und Erfinder der modernen Universität, am 6. Januar 1832 an Johann Wolfgang Goethe. Unter der Perspektive, dass wir nur über solche Gedanken sicher verfügen, die wir in Rede und Schrift formuliert haben, behandelt dieses Seminar folgende Themen: - Quellen- und Forschungserschließung im deutschsprachigen Kontext - Stilmittel: rhetorische Figuren, Tropen - Schriftverkehr und Beratungsgespräche - Exposés und Berichte - Haus- und Abschlussarbeiten - Vortragstechniken - Diskussionstechniken Für jedes Thema werden Regeln aufgestellt und angewendet. Interessierte können auch nur einzelne Sitzungen des Seminars besuchen; in diesem Fall sollte zuerst die Einführungssitzung am Beginn des Semesters besucht werden.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 文学部・人文社会系研究科 各研究室
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 640 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account