大学院共通授業科目 Common Graduate Courses

 大学院共通授業科目とは、複数の研究科・教育部局の大学院学生を対象として開設される共通の授業科目をいいます。大学院学生が広く専門の枠を超えて履修するのが望ましいと考えた個々の授業科目を、開設研究科が教育運営委員会に届け出たものであり、まとまった教育プログラムではありません。大学院共通授業科目は全体を検索表示することが可能であるとともに、開設部局等の中で大学院共通授業科目であることを示すために、各科目にもマークがついています。  特に、エグゼクティブ・プログラムでは、全学から教員が集まってプログラム企画運営委員会が組織され、そこで講義内容や講師の人選が行われ、講義の内容が検討されています。 Common Graduate Courses are offered to graduate students spanning various graduate schools and education departments. The courses have been deemed by the graduate schools offering them to be ideal for a broad range of graduate students, regardless of area of specialty, and the proposals of these courses have been submitted to the Education Steering Committee for approval. They are not an organized education program but individual courses. Common Graduate Courses can be displayed in their entirety and will appear in searches, also each class has a “Common” mark that indicates it is part of the Common Graduate Courses. Executive Program, in particular, gathers faculty members from across the university to form a Program Planning and Steering Committee, which selects instructors and deliberates on the content of the lectures.

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D230-1140A
横断型 University-wide 共通 Common
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
川島 真
KAWASHIMA Shin
A1A2 集中
Intensive 
書き直される中国近現代史(その10)

 この講義は、2017年度で第10回目を迎える。第一年度(2008度)は人物評価を、第二年度(2009年度)は事件・運動を,第三年度(2010年度)はローカルな空間や社会集団を基軸に講義を組み立て,第四年度(2011年度)は史料・資料に焦点を当て、第五年度(2012年度)は主に若手研究者をゲストに招き、その視線から見た新しい研究動向を扱い、第六年度(2013年度)は昨今進展著しい戦後東アジア国際政治史、東アジア冷戦史について、第七年度は日中戦争史について多様な角度から検討し、第八年度は「中国史の境界線−異質・多元・包摂−」として中国史の多様な語り方を考察し、第九回は「現代中国理解講座:現代中国への視線−歴史の視座と多様性−」として、政治、法律、行政、外交、経済、社会、思想文化などの多様な面から、とかく話題になる現代中国を多角的に捉えた。その内容は、東京大学現代中国研究拠点(社会科学研究所)ウェブサイトに掲載されている(http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/)。  今年は第十回目にあたるが、「近現代日中関係史:歴史・記憶・展望」として、昨今特に重要性がまし、また研究の進む日中関係史の分野について、多様な側面から多角的に検討する。とかく日本から見がちな日中関係、また現在の目線から捉えられがちな日中関係について、歴史的目線を大切にしながら理解する方法を学んで欲しい。  授業はさまざまな世代の第一線の研究者によるオムニバス講義とする。また、 中国からのゲスト講義も五回予定している。  授業時間は木曜日5限、評価は出席と学期末のレポートによる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D282-0620S
横断型 University-wide 共通 Common
人間環境論II
Human Geography II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.主体的な問題意識を持ち,インテンシブな文献購読,濃密なディスカッション,十分に準備されたプレゼンテーションに意欲を持つものに受講を限る.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0180A
横断型 University-wide 共通 Common
サステナビリティの戦略II
Sustainability Strategy II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.主体的な問題意識を持ち,インテンシブな文献購読,濃密なディスカッション,十分に準備されたプレゼンテーションに意欲を持つものに受講を限る.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場7号館 762教室 Komaba Bldg.7 Room 762
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1140A
横断型 University-wide 共通 Common
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
川島 真
KAWASHIMA Shin
A1A2 木曜5限
Thu 5th
書き直される中国近現代史(その10)

 この講義は、2017年度で第10回目を迎える。第一年度(2008度)は人物評価を、第二年度(2009年度)は事件・運動を,第三年度(2010年度)はローカルな空間や社会集団を基軸に講義を組み立て,第四年度(2011年度)は史料・資料に焦点を当て、第五年度(2012年度)は主に若手研究者をゲストに招き、その視線から見た新しい研究動向を扱い、第六年度(2013年度)は昨今進展著しい戦後東アジア国際政治史、東アジア冷戦史について、第七年度は日中戦争史について多様な角度から検討し、第八年度は「中国史の境界線−異質・多元・包摂−」として中国史の多様な語り方を考察し、第九回は「現代中国理解講座:現代中国への視線−歴史の視座と多様性−」として、政治、法律、行政、外交、経済、社会、思想文化などの多様な面から、とかく話題になる現代中国を多角的に捉えた。その内容は、東京大学現代中国研究拠点(社会科学研究所)ウェブサイトに掲載されている(http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/)。  今年は第十回目にあたるが、「近現代日中関係史:歴史・記憶・展望」として、昨今特に重要性がまし、また研究の進む日中関係史の分野について、多様な側面から多角的に検討する。とかく日本から見がちな日中関係、また現在の目線から捉えられがちな日中関係について、歴史的目線を大切にしながら理解する方法を学んで欲しい。  授業はさまざまな世代の第一線の研究者によるオムニバス講義とする。また、 中国からのゲスト講義も五回予定している。  授業時間は木曜日5限、評価は出席と学期末のレポートによる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M282-0620S
横断型 University-wide 共通 Common
人間環境論II
Human Geography II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.主体的な問題意識を持ち,インテンシブな文献購読,濃密なディスカッション,十分に準備されたプレゼンテーションに意欲を持つものに受講を限る.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0180A
横断型 University-wide 共通 Common
サステナビリティの戦略II
Sustainability Strategy II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.主体的な問題意識を持ち,インテンシブな文献購読,濃密なディスカッション,十分に準備されたプレゼンテーションに意欲を持つものに受講を限る.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場7号館 762教室 Komaba Bldg.7 Room 762
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3713-071
横断型 University-wide 共通 Common
社会技術特論E
Advanced Lectures on Sociotechnology
堀井 秀之
Hideki Horii
S1S2 水曜4限
Wed 4th

Advanced Lectures on Sociotechnology Contemporary social problems, such as BSE and the Great East Japan Earthquake, cannot be solved by any single discipline and we must have a competency to manage, or even initiate, multidisciplinary problem solving. Sociotechnology (Shakai-Gijutsu) is a means to solve societal issues by a multidisciplinary approach using natural and social scientific knowledge and methodologies. You students are expected to learn the abilities and knowledge of Sociotechnology by case method. In the first half of the semester, using orthodox case method, you will learn methods to analyze problem and a logical process to reveal fundamental cause(s). In the second half, you will learn skills to create new idea based on existing cases. The innovation workshop method by the University of Tokyo i.school (http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/ ) will be employed. You will finally acquire the competency to practice the methods and knowledge of Sociotechnology to solve social problems in the real world.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工1号館 工17号講義室 Faculty of Engineering Bldg.1 #17
講義使用言語 Language:英語 English
3713-073
横断型 University-wide 共通 Common
国際プロジェクトの事例分析特論E
Case Studies of International Projects
堀井 秀之
Hideki Horii
A1A2 水曜4限
Wed 4th

We civil engineers are involved not only in construction of infrastructure but also in solving a variety of social problems. For example, the Great East Japan Earthquake set a new task to build new embankments along the Sanriku Coast. It is not a purely technical issue but a social one as social acceptance would be necessary to build those embankments. Even experts of structural mechanics cannot avoid or ignore it. The same thing can be said to international project; for example, Kotopanjang Dam project in Indonesia caused a strong public opposition, which was actually evoked by NGO, and ended in court. You, as future civil engineers, must have competencies to deal with such various aspects of international project. Students are expected to learn the skills of problem solving (analysis, evaluation and forecast) and solution design and the professional knowledge of international project through case method in this course. The instructors with different professional backgrounds will give you an opportunity to learn a wide range of expertise to manage and/or initiate international project in future.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工1号館 工17号講義室 Faculty of Engineering Bldg.1 #17
講義使用言語 Language:英語 English
3910132
横断型 University-wide 共通 Common
農学国際特論III
Advanced Global Agricultural Sciences III
各教員
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 
農学国際特論III(アジアの食と農・環境)

アジアの食料、農業および環境問題の現状と解決策について、俯瞰的な視野を持つとともに、ローカルな現場のリアリティに立脚して検討できるような複眼的な視点を養う。 To acquire multiple viewpoints for tackling the problems of agriculture and environment against the reality at the local as well as global scales.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部7号館B棟 7B-231/232 Faculty of Agriculture Bldg.7B Lecture Room No.231/232,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language: Japanese
3910323
横断型 University-wide 共通 Common
サスティナビリティと作物生産学
Sustainability and Crop Production
鴨下 顕彦
Akihiko Kamoshita
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 
世界の稲作と持続可能な開発 World rice production and sustainable development (サスティナビリティ学特論―食料生産生態学特別講義― Sustainability Science Special Course – Food Production Ecology Special Lecture-)

持続可能な開発、平和構築のために、作物生産学はどのような貢献ができるのだろうか?世界の稲作の多様性や技術的な課題について学び、ステークホルダー解析などの参加型演習を交えながら、持続可能な開発と食料生産の関連性を主体的に考えながら学ぶ。途上国を含む世界の作物生産に関する基礎知識や複眼的な見方を習得する。 What can crop production science contribute to sustainable development and peace-making? Based on the basic and advanced learning of diversity of rice ecosystem and challenges for rice production technology, learn and discuss relationship between food production and sustainable development, including participatory practice such as stakeholder analysis. Students should aim to demonstrate basic knowledge and multiple viewpoints about world crop production including developing countries.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 20 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account