ホーム > 大学院版 > 公共政策学教育部 > 労働法政策

Home > Graduate > Public Policy > Labor Law Policy

2018年度 公共政策学教育部 5121080 労働法政策 濱口 桂一郎

伝統的な公労使三者構成の審議会において労使団体と政府(厚生労働省)の間で行われる対立と妥協のメカニズムとともに、近年顕著な官邸主導による立法も含め、、具体的な労働立法の政策決定過程を跡づける形で、労働法制の内容を説明する。いわば、完成品としての労働法ではなく、製造過程に着目した労働法の講義である。

2018 Public Policy 5121080 Labor Law Policy HAMAGICHI Keiichiro

共通科目コード Common Course Code GPP-MP6L20L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
水曜2限 Wed 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year M1 M2 P1 P2
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
教室 Classroom
国際学術総合研究棟 演習室D
International Academic Research Bldg. Seminar Room D
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
授業計画 Schedule 4/11 イントロダクション、概観 4/18 労働力需給調整システム 4/25 労働市場のセーフティネット 5/2 雇用政策と外国人 5/9 高齢者と障害者 5/16 職業能力開発と若者 5/23 労災補償と安全衛生 5/30 労働時間 6/6 賃金処遇 6/13 労働契約 6/20 男女平等とワークライフバランス 6/27 労働組合と労使協議 7/4 紛争処理と総括質疑
授業の方法 Teaching Methods 初回に参加者のメールアドレスを聞き、講義資料(下記教科書のアップデート版及び関連資料)をメールに添付して送付するので、目を通した上で講義に出席すること。 なお、教材ファイルは全てITC-LMSに登録してある。
成績評価方法 Method of Evaluation レポートによる。
教科書 Required Textbook
濱口桂一郎『労働法政策』(ミネルヴァ書房)(14年前の本なので買う必要はない。アップデート版を電子ファイルで配布する。教材ファイルはITC-LMSに登録してある。) なお、関連する論文等が下記講師ホームページにアップされているので、適宜読むこと。
参考書 Reference Books 濱口桂一郎『新しい労働社会』(岩波新書) 濱口桂一郎『日本の雇用と労働法』(日経文庫) 濱口桂一郎『若者と労働』(中公新書ラクレ) 濱口桂一郎『中高年と労働』(ちくま新書) 濱口桂一郎『働く女子の運命』(文春新書)
履修上の注意 Notes on Taking the Course 電子ファイルで配布するテキストにあらかじめ目を通した上で受講すること。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account