ホーム > 大学院版 > 人文社会系研究科 > 日本中世美術史の諸問題(1)

Home > Graduate > Humanities and Sociology > Topics in Medieval Japanese Art History(1)

2018年度 人文社会系研究科 21185010 日本中世美術史の諸問題(1) 高岸 輝

日本中世を対象に、これまでの美術史学は何を議論し、どのような歴史像を構築してきたのかを考える。

2018 Humanities and Sociology 21185010 Topics in Medieval Japanese Art History(1) TAKAGISHI Akira

共通科目コード Common Course Code GHS-CR6E01L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
火曜4限 Tue 4th
単位数 Credits 2
学年 Academic Year M1 M2 D1 D2 D3
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
教室 Classroom
法文1号館 214教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 日本中世美術史の諸問題
授業計画 Schedule 本年度は、戦国時代に活躍した公家・三条西実隆(1455~1537)の日記『実隆公記』に記された美術史・文化史関係記事の精読を通じて、日本中世から近世にかけての転換期の文化の様相をさぐる。『実隆公記』は応仁の乱後、およそ60年間にわたる、幕府の衰退、京都の復興、戦国大名の勃興、寺社の復興、「洛中洛外図屏風」の成立、土佐派や狩野派の活動実態を知る最善の史料である。ここに現れた記事と現存作例の対比を通じて、戦国時代美術史の再構築を試みる。
授業の方法 Teaching Methods 作品のスライドを映写しながら、中世やまと絵の展開、絵巻・肖像画・障屏画・仏画といったジャンルの分立、東アジア中世美術の比較、絵師・流派とパトロンの関係など、これまでの日本中世美術史における主要なトピックに関して、古典的な基本文献から最新の研究成果までを紹介する。これらの分析の基盤となってきた方法論の消長・変遷についても強く意識して話を展開したい。また関連する展覧会の見学も行う予定。
成績評価方法 Method of Evaluation 毎回の講義中に記入する小課題、および各期末のレポートによる。
教科書 Required Textbook
なし。
参考書 Reference Books 『天皇の美術史』全6巻(吉川弘文館、2017年)、『絵巻マニア列伝』(サントリー美術館、2017年)、宮川葉子『三条西実隆と古典学(改訂新版)』(風間書房、1999年)、芳賀幸四郎『三条西実隆(人物叢書)』(吉川弘文館、1960年)、芳賀幸四郎『東山文化の研究』(河出書房、1945年)、原勝郎『東山時代に於ける一縉紳の生活』(中央公論新社、2011年、初出1917年)。
履修上の注意 Notes on Taking the Course なし。
その他 Others 講義内容と関連する展覧会を随時紹介する。積極的な見学を推奨したい。通年で履修することが望ましい。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account