ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場15号館 15-104
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場15号館 15-104
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D350-0451S
Seminar on Global Society II
Seminar on Global Society II
板津 木綿子
ITATSU Yuko
S1S2 火曜4限
Tue 4th
Canvassing Language and Society

In this course, we will read works about the space, place and power of language in society, with a particular focus on the experience of immigrants and others who use multiple languages. While works on the United States will be the primary focus, participants are welcome to refer to other nations.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場7号館 722教室 Komaba Bldg.7 Room 722
講義使用言語 Language:英語 English
31M350-0451S
Seminar on Global Society II
Seminar on Global Society II
板津 木綿子
ITATSU Yuko
S1S2 火曜4限
Tue 4th
Canvassing Language and Society

In this course, we will read works about the space, place and power of language in society, with a particular focus on the experience of immigrants and others who use multiple languages. While works on the United States will be the primary focus, participants are welcome to refer to other nations.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場7号館 722教室 Komaba Bldg.7 Room 722
講義使用言語 Language:英語 English
08D1461
FAS-DA4F07L3
科学技術と社会
Science, Technology and Society
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU ISABELLE
A1A2 金曜1限
Fri 1st
At the Science-Technology-Society Interface : For a New Understanding of Environmental Regulation in the Anthropocene

Seeking to build bridges between disciplines that do not ordinarily meet each other in the undergraduate curriculum, this course examines how science and technology interact with international, domestic, and transnational law & policy frameworks. It focuses on pressing issues in which earth and environmental sciences, biotechnology, and geoengineering increasingly link up with environmental regulation. Drawing on short lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, we will examine : 1) the extent to which recent shifts in the scientific understanding of ecosystems challenge existing environmental law and policy, and urge for the development of bio- or ecocentric regulatory frameworks; 2) how emerging technologies, developed to address resource or energy problems but which often raise special concern regarding environmental protection, are/could be regulated. Through the course, we will explore from a critical perspective two main themes: 1) the co-production of natural and social orders at the macro-scale of global science and technology policy; 2) the integration of disciplinary knowledge, with a focus on the complex relationships between law and knowledge about global environmental change.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K401 21 KOMCEE West Room K401
講義使用言語 Language:英語 English
31M220-1314S
横断型 University-wide
地域文化研究特別講義I
Advanced Lecture in Area Studies I
赤座 英之
Hideyuki Akaza
S1S2 月曜4限
Mon 4th
アジアでがんを生き延びる(地域文化研究特別講義Ⅱ)

高齢化社会に突入していく日本とアジア。がんというアジアの共有課題を通して、高齢化、経済格差、死生観の変容、グローバリズムとナショナリズムのねじれ、などアジアの今日的な課題が浮かび上がってくる。本講義は、がんを医学はもとより、政治・経済・文化など様々な領域から捉えてみることを通して、世界の内実を読み解くことを学問的考察の端緒とする「Cross-boundary Cancer Studies」という学際連携プログラグラムの中に位置づけられている。受講者は、それぞれの専門分野に引き寄せて、オムニバスで展開されるアジアのがんを巡る各テーマごとに深堀りされていく場所に降りていくことで、普遍的な問いの輪郭を掴み、自らの研究の相対化に繋がる仕掛けともなっている。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 第1セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4951L1
FEN-CO4951L1
先端技術と社会特別講義I(奇数年開講)
Frontier of Technology UG I
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0992403
FED-SS3204L1
歴史教科書問題と戦後日本
History Textbook Issues in Postwar Japan
岡本 智周
OKAMOTO Tomochika
S2 集中
Intensive 
歴史教科書問題と戦後日本――「ナショナリズム」と「共生」を通して教育と社会の相互反映性を考える

教育社会学は、教育に関わる社会事象を対象とし、社会学の視点と方法で研究する学問である。その対象は幅広く設定できるが、本講では歴史教科書問題に着目し、現代社会の構成と変容を理解する。社会が教育を規定すると同時に、教育が社会を作り出しているという、両者の循環的関係を伝達することが、本講のテーマである。 ナショナリズム論・共生社会論の学習を通して、教育事象をみる社会学的観点を身につけることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・358講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X1002
FAS-XA4B02L1
科学技術社会論
Introduction to Science and Technology Studies
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場15号館 15-104
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-1314S
横断型 University-wide
地域文化研究特別講義I
Advanced Lecture in Area Studies I
赤座 英之
Hideyuki Akaza
S1S2 月曜4限
Mon 4th
アジアでがんを生き延びる(地域文化研究特別講義Ⅱ)

高齢化社会に突入していく日本とアジア。がんというアジアの共有課題を通して、高齢化、経済格差、死生観の変容、グローバリズムとナショナリズムのねじれ、などアジアの今日的な課題が浮かび上がってくる。本講義は、がんを医学はもとより、政治・経済・文化など様々な領域から捉えてみることを通して、世界の内実を読み解くことを学問的考察の端緒とする「Cross-boundary Cancer Studies」という学際連携プログラグラムの中に位置づけられている。受講者は、それぞれの専門分野に引き寄せて、オムニバスで展開されるアジアのがんを巡る各テーマごとに深堀りされていく場所に降りていくことで、普遍的な問いの輪郭を掴み、自らの研究の相対化に繋がる仕掛けともなっている。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 第1セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10590 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account