ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 集中
Intensive 
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 集中
Intensive 
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4971390
Information, Technology, and Society in Asia 139
Information, Technology, and Society in Asia 139
園田 茂人
Sonoda Shigeto
A1 木曜4限
Thu 4th
“Intellectual Giants” in UTokyo: Critical Evaluation of Their Accomplishments in Contemporary Contexts

This graduate course is the first series of lectures that critically examine and evaluate the history of major intellectuals and scholars of or associated with the University of Tokyo in the modern period. By examining various intellectual legacies of one of the most important research and education institutions in Japan and the world, this course aims to generate critical understanding of modern knowledge production and circulation in relation to social change and cultural formation in Japan. By so doing, potential contribution of Japanese scholarship to the understanding of contemporary (global) issues will be explored. Every year, a specific theme or period or prominent intellectual figures will be identified for focused study and discussion, and scholars working on that specific topic are invited from within or outside of Japan to lecture and generate classroom discussions. For 2018, the lectures will focus on the question of “the social” and address the issues of how (Japanese) society has been understood by scholars of the University of Tokyo and what social implications their understanding has generated. We arranged six lectures by two sociologists, one economist, and one anthropologist to approach this set of questions.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 東文研3F第1会議室 Institute for Advanced Studies on Asia, University Museum IASA 1st Conf.
講義使用言語 Language:英語 English
31D290-0261S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0261S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X1002
FAS-XA4B02L1
科学技術社会論
Introduction to Science and Technology Studies
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場15号館 15-104
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31918
CAS-TC1200S1
全学自由研究ゼミナール(PEAK)(社会・制度Ⅱ)(Society and Institutions II)
Specialized Seminar
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU Isabelle
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
Risk society and governance of uncertainty

Who, in the risk society of the 21st century, decides what is and is not a risk ? This course considers the need to re-examine governance frameworks for dealing with contemporary uncertainties in different policy domains. Focusing on environmental crises and risks of scientific-technological provenance, it addresses the growing importance of emergent institutions (known as ‘boundary organisations’ or ‘science-policy interfaces’) for local, regional and global governance of uncertainty. Through short interactive lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, students will engage in a critical examination of the idea of a 'World Risk Society' (Ulrich Beck). In so doing, they will explore both: 1) the implications of an understanding of risks as social constructs (or products of struggles within the context of specific relations of definitional power); 2) the possibility for new institutional arrangements interfacing science and policy to become a political force.

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE West K501 21 KOMCEE West Room K501
講義使用言語 Language:英語 English
31D282-0620S
横断型 University-wide 共通 Common
人間環境論II
Human Geography II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M282-0620S
横断型 University-wide 共通 Common
人間環境論II
Human Geography II
永田 淳嗣
NAGATA Junji
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代社会における社会-生態システム変動

現代社会における社会変動と生態システム変化の複雑な関係を読み解くための,現場での現象理解に立脚した方法論・手法を受講者とともに探る.理論面とともに日本や東南アジアでの研究に基づく実践面からの検討を行う.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 202室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4952L1
FEN-CO4952L1
先端技術と社会特別講義II(偶数年開講)
Frontier of Technology UGⅡ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12402 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account