ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04180031
FLE-HU4201L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学概論
Introduction to Death and Life Studies
堀江 宗正
Norichika Horie
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
死生学の射程

死生学に関連する研究をおこなっている文学部・人文社会系研究科の教員が、死生学の主なトピックを取り上げて、現在の研究状況を概説する。それぞれ、人間の死と、死にゆく過程での生をめぐる諸問題、またそれらに関する思想や実践が取り上げられる。死生に関する多様なアプローチを学び、学際的思考の基礎を養う。なお、本講義は「応用倫理概論」と共に、部局横断型プログラム「死生学・応用倫理教育プログラム」の基幹講義である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180051
GHS-XX6A01L1
死生学の射程
Introduction to Death and Life Studies
堀江 宗正
Norichika Horie
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
死生学の射程

死生学に関連する研究をおこなっている文学部・人文社会系研究科の教員が、死生学の主なトピックを取り上げて、現在の研究状況を概説する。それぞれ、人間の死と、死にゆく過程での生をめぐる諸問題、またそれらに関する思想や実践が取り上げられる。死生に関する多様なアプローチを学び、学際的思考の基礎を養う。なお、本講義は「応用倫理概論」と共に、部局横断型プログラム「死生学・応用倫理教育プログラム」の基幹講義である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180053
FLE-HU4203S1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学演習III
Seminar in Death and Life Studies III
池澤 優
Masaru Ikezawa
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
死生学基礎文献講読

 死生学の重要文献を日本語で講読する演習。講義形式と演習形式を併用する。  本演習は今まで、シリーズ『死生学』全5巻(以上2012年度)、アリエス『死を前にした人間』、ゴーラー『死と悲しみの社会学』、キューブラー=ロス『死ぬ瞬間』、加藤周一ほか『日本人の死生観』、エルツ「死の宗教社会学」(以上2013年度)、ニーメイアー『喪失と悲嘆の心理療法』、樽川典子『喪失と生存の社会学―大震災のライフ・ヒストリー』、デーケン『新版 死とどう向き合うか』、シュナイドマン『シュナイドマンの自殺学』、新谷尚紀『お葬式』(以上2014年度)、清水哲郎『ケア従事者のための死生学』、平山正実『死生学とはなにか』、石丸昌彦編『死生学入門』、岸本英夫『生と死』、竹内整一『花びらは散る 花は散らない』、島薗進『日本人の死生観を読む』、森岡正博『生者と死者をつなぐ』(2015年度)、ジャンケレビッチ『死』、ヴィクトール・フランクル『死と愛―実存分析入門』、宇都宮輝夫『生と死を考える―宗教学から見た死生学』、澤井敦・有松賢『死別の社会学』、高橋祥友『自殺予防』(以上2016年度)、アーネスト・ベッカー『死の拒絶』、門林道子『生きる力の源に―がん闘病記の社会学』、山本俊一『死生学のすすめ』、高橋聡美編『グリーフケア―死別による悲嘆の援助』(以上2017年度)を講読してきた。  講読する書は多方面に及ぶが、現代的な諸問題に対面する中で、死生学という領域が如何なる視点と方法論を開拓しようとしているかを考えてゆくのが基本的な目的である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 319教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180061
GHS-XX6A02S1
死生学基礎文献講読
Reading basic materials of Death and Life Studies
池澤 優
Masaru Ikezawa
A1A2 金曜3限
Fri 3rd

 死生学の重要文献を日本語で講読する演習。講義形式と演習形式を併用する。 【授業の趣旨】  本演習は今まで、シリーズ『死生学』全5巻(以上2012年度)、アリエス『死を前にした人間』、ゴーラー『死と悲しみの社会学』、キューブラー=ロス『死ぬ瞬間』、加藤周一ほか『日本人の死生観』、エルツ「死の宗教社会学」(以上2013年度)、ニーメイアー『喪失と悲嘆の心理療法』、樽川典子『喪失と生存の社会学―大震災のライフ・ヒストリー』、デーケン『新版 死とどう向き合うか』、シュナイドマン『シュナイドマンの自殺学』、新谷尚紀『お葬式』(以上2014年度)、清水哲郎『ケア従事者のための死生学』、平山正実『死生学とはなにか』、石丸昌彦編『死生学入門』、岸本英夫『生と死』、竹内整一『花びらは散る 花は散らない』、島薗進『日本人の死生観を読む』、森岡正博『生者と死者をつなぐ』(2015年度)、ジャンケレビッチ『死』、ヴィクトール・フランクル『死と愛―実存分析入門』、宇都宮輝夫『生と死を考える―宗教学から見た死生学』、澤井敦・有松賢『死別の社会学』、高橋祥友『自殺予防』(以上2016年度)、アーネスト・ベッカー『死の拒絶』、門林道子『生きる力の源に―がん闘病記の社会学』、山本俊一『死生学のすすめ』、高橋聡美編『グリーフケア―死別による悲嘆の援助』(以上2017年度)を講読してきた。  講読する書は多方面に及ぶが、現代的な諸問題に対面する中で、死生学という領域が如何なる視点と方法論を開拓しようとしているかを考えてゆくのが基本的な目的である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 319教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5123310
GPP-MP6E20L3
Population Aging and the Generational Economy
Population Aging and the Generational Economy
小川 直宏
A1A2 火曜3限
Tue 3rd

Population explosion was the central demographic problem of the 20th century, but population aging is likely to take that spot in the 21st century. In the first half of this course, we shall examine causes and consequences of fertility declines and mortality improvements that have occurred in the past 20 to 30 years by focusing primarily on socio-economic changes. In doing so we shall cover not only Japan but also other various countries, both developed and developing. In the second half of the course we shall quantitatively assess the macroeconomic impact of age structural changes induced by fertility and mortality transformations and also examine their micro-level influence on family finances. The method employed will be the National Transfer Accounts (NTA), which have recently been introduced in 46 countries of the world. These analyses will be conducted from the standpoint of formulating and implementing policies and will not rely solely on the results for Japan, but for other countries participating in the global NTA project as well.

単位 Credit:2
教室 Room: 経済学研究科棟 第4教室
講義使用言語 Language:英語 English
04180511
FLE-HU2E02L1
宗教史概説I
Outline History of Religions I
池澤 優
Masaru Ikezawa
A1A2 月曜5限
Mon 5th
古代中国における死者世界の展開―新出土資料を中心に

 古代中国の新出の出土資料を用い、死と死後世界に対する考え方と実践の変遷を論じる。  2012年に中国の湖北省あたりで盗掘され、一度海外に流出した後に買い戻された簡牘が北京大学に寄贈された。含まれていた暦から秦始皇帝の末年のものと判断された簡牘の中に、研究者によって「泰原有死者」と名づけられた木牘があった。一度死んだ者がよみがえり、死者祭祀の方法(死者の好悪)を語るという内容である。実は、この種のテキストの出土は、1986年に甘粛省天水市放馬灘で発掘された「丹」に続いて二度目である。この文献は今まで「志怪故事」と名づけられており、六朝時代の志怪(怪異を記した物語)に頻出する冥界訪問譚と同じようなものとされてきたが、共に蘇生した死者の口を借りて死者祭祀のやり方を語るという形式であることから、単に好奇のための物語だったのではなく、死者の祭祀の実践にかかわるテキストであったことが明らかである。本講義はこれらのテキストを出発点として、戦国秦漢時代に生じた他界観と死者儀礼の変化について論じる。特に、最近の出土資料とそれらに対する学説の紹介に中心を置く予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5140730-1
GPP-MP6Z40S3
Case Study (International Field Workshop)
Case Study (International Field Workshop)
西沢 利郎
NISHIZAWA Toshiro
S2 集中
Intensive 

This course will aim to motivate students to seek ways to collaborate with diverse stakeholders in the international fora by offering opportunities to exchange views and discuss with senior officials, management staff and experts in government agencies, international organizations, global business entities, NPOs, and research institutions located in Asia. Planning and participating in discussion sessions with such professionals are expected to help students to identify today's social challenges from global and regional perspectives and to design solutions in line with the concept of the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) [http://gsdm.u-tokyo.ac.jp/en/].

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
5179004-1
GPP-DP6T90S3
国際公共政策実践研究(International Field Workshop)
International Practical Research(International Field Workshop)
西沢 利郎
NISHIZAWA Toshiro
S2 集中
Intensive 

This course will aim to motivate students to seek ways to collaborate with diverse stakeholders in the international fora by offering opportunities to exchange views and discuss with senior officials, management staff and experts in government agencies, international organizations, global business entities, NPOs, and research institutions located in Asia. Planning and participating in discussion sessions with such professionals are expected to help students to identify today's social challenges from global and regional perspectives and to design solutions in line with the concept of the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) [http://gsdm.u-tokyo.ac.jp/en/].

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
5140730-2
GPP-MP6Z40S3
Case Study (International Field Workshop)
Case Study (International Field Workshop)
西沢 利郎
NISHIZAWA Toshiro
A2 集中
Intensive 

This course will aim to motivate students to seek ways to collaborate with diverse stakeholders in the international fora by offering opportunities to exchange views and discuss with senior officials, management staff and experts in government agencies, international organizations, global business entities, NPOs, and research institutions located in theUnited States. Planning and participating in discussion sessions with such professionals are expected to help students to identify today's social challenges from global and regional perspectives and to design solutions in line with the concept of the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) [http://gsdm.u-tokyo.ac.jp/en/].

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
5179004-2
GPP-DP6T90S3
国際公共政策実践研究(International Field Workshop)
International Practical Research(International Field Workshop)
西沢 利郎
NISHIZAWA Toshiro
A2 集中
Intensive 

This course will aim to motivate students to seek ways to collaborate with diverse stakeholders in the international fora by offering opportunities to exchange views and discuss with senior officials, management staff and experts in government agencies, international organizations, global business entities, NPOs, and research institutions located in the United States. Planning and participating in discussion sessions with such professionals are expected to help students to identify today's social challenges from global and regional perspectives and to design solutions in line with the concept of the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) [http://gsdm.u-tokyo.ac.jp/en/].

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10652 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account