ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
08C321695
FAS-CA4U17L1
特殊講義「国際安全保障論」
Lectures on Special Topics (International Security)
吉川 元
A2 集中
Intensive 
国際社会科学特別講義IV/ Specific Lecture: International Studies IV

国際平和秩序は、誰が、どのように確立するのでしょうか。戦争は無条件に否定されねばなりません。だからといって平和は必ずしも人間の安全保障を保障するとは限りません。平和というものはそのあり方しだいで人間の安全を脅かすことになります。20世紀から今日のおよそ100年間に、平和時の権力者(統治者)による民衆殺戮(人民の殺戮)の犠牲者数が戦争の犠牲者数を上回っている事実は、平和が必ずしも人間の安全を保障するとは限らないことを物語っています。なぜ平和な時代に人民が殺戮の対象になるのでしょうか。平和とは一体、何のためなのでしょうか。安全保障とは誰のためのものなのでしょうか。こうした疑問の上に、20世紀から今日に至るまでの戦争の様式変化、国際平和秩序の変容、および安全保障概念の変容について、その歴史をたどります。同時に、戦争原因を国際政治システムに内在する矛盾に見出し、国際平和と人間の安全の双方の実現を目指す平和創造の方法について考えてみたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-1141A
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
吉川 元
A1A2 集中
Intensive 
国際社会科学特別講義IV/ Specific Lecture: International Studies IV

国際平和秩序は、誰が、どのように確立するのでしょうか。戦争は無条件に否定されねばなりません。だからといって平和は必ずしも人間の安全保障を保障するとは限りません。平和というものはそのあり方しだいで人間の安全を脅かすことになります。20世紀から今日のおよそ100年間に、平和時の権力者(統治者)による民衆殺戮(人民の殺戮)の犠牲者数が戦争の犠牲者数を上回っている事実は、平和が必ずしも人間の安全を保障するとは限らないことを物語っています。なぜ平和な時代に人民が殺戮の対象になるのでしょうか。平和とは一体、何のためなのでしょうか。安全保障とは誰のためのものなのでしょうか。こうした疑問の上に、20世紀から今日に至るまでの戦争の様式変化、国際平和秩序の変容、および安全保障概念の変容について、その歴史をたどります。同時に、戦争原因を国際政治システムに内在する矛盾に見出し、国際平和と人間の安全の双方の実現を目指す平和創造の方法について考えてみたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1141A
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
吉川 元
A1A2 集中
Intensive 
国際社会科学特別講義IV/ Specific Lecture: International Studies IV

国際平和秩序は、誰が、どのように確立するのでしょうか。戦争は無条件に否定されねばなりません。だからといって平和は必ずしも人間の安全保障を保障するとは限りません。平和というものはそのあり方しだいで人間の安全を脅かすことになります。20世紀から今日のおよそ100年間に、平和時の権力者(統治者)による民衆殺戮(人民の殺戮)の犠牲者数が戦争の犠牲者数を上回っている事実は、平和が必ずしも人間の安全を保障するとは限らないことを物語っています。なぜ平和な時代に人民が殺戮の対象になるのでしょうか。平和とは一体、何のためなのでしょうか。安全保障とは誰のためのものなのでしょうか。こうした疑問の上に、20世紀から今日に至るまでの戦争の様式変化、国際平和秩序の変容、および安全保障概念の変容について、その歴史をたどります。同時に、戦争原因を国際政治システムに内在する矛盾に見出し、国際平和と人間の安全の双方の実現を目指す平和創造の方法について考えてみたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08F10011
FAS-FA4A01L1
倫理宗教論(1)[グローバル・エシックス]
Philosophy of Religion and Ethics (1) [Global Ethics]
石井 剛
ISHII Tsuyoshi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
東アジアのモダニティと新しい共生の条件

20世紀前半の日本と中国における近代思想を文学、哲学の両面から振り返る。その際、「個人」と「国家」の関係に焦点を当てながら、近代的な「個人」のアイデンティティが「国家」に回収されていく思想的メカニズムについて考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2851
FAS-CA4Q02L1
アジア地域史II
Asian History II
岡田 泰平
OKADA Taihei
A1A2 火曜1限
Tue 1st
アジア太平洋地域における戦争・歴史・記憶

20世紀史を対象として、戦争、戦争裁判、歴史叙述とナショナリズム、モニュメント等の記憶の問題について考えます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2851A
FAS-CA4Q02L1
アジア地域史IIa
Asian History II (a)
岡田 泰平
OKADA Taihei
A1 火曜1限
Tue 1st
アジア太平洋地域における戦争・歴史・記憶

20世紀史を対象として、戦争、戦争裁判、歴史叙述とナショナリズム、記憶の問題について考えます。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2851B
FAS-CA4Q02L1
アジア地域史IIb
Asian History II (b)
岡田 泰平
OKADA Taihei
A2 火曜1限
Tue 1st
アジア太平洋地域における戦争・歴史・記憶

20世紀史を対象として、戦争、戦争裁判、歴史叙述とナショナリズム、モニュメント等の記憶の問題について考えます。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 605号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04174303
FLE-PS4Z08S1
社会学演習(1)
Seminar in Sociology (1)
松本 三和夫
Miwao Matsumoto
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
知識社会学 (Sociology of Knowledge Commons)

 万人にとって致命的に重要な情報が肝心なときに当事者に共有されないのは、何故なのだろうか。こういう問いをもった経験はないだろうか。この演習はこの問いを追究する社会学的な手がかりを学ぶ。具体的には、組織、災害、戦争、そして平和にひそむ知識の偏在状態に即して社会学的に考えることの意味を体感してもらう。まず、知識社会学にかかわる古典的な著作をきちんと輪読する。それをふまえ、関連する問題の現場、あるいは当事者に接する機会を企画したい。夏に合宿を行う。随時参加自由の研究会を開催する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0117561
FLA-PS2706L1
国際政治
International Politics
藤原 帰一
Kiichi Fujiwara
A1A2 火曜4限 木曜1限
Tue 4th Thu 1st
国際政治

国際政治分野の入門講義。国際政治において議論されてきた諸問題を、できるだけ幅広く網羅的に紹介することが目的である。学部二年次生を主な対象として行う講義であり、専門的な内容については三年次・四年次生向けに展開される他の科目に譲るものとする。大学入試において受験科目に世界史を選択したことは条件ではないが、17世紀から20世紀にかけての西洋史・東洋史に関する基礎知識が求められることはある。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 講堂 900教室 Komaba Lecture Theater 900 (Lecture Theatre)
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C130701
FAS-CA4E07L1
倫理宗教論(1)[現代思想コース]
Philosophy of Religion and Ethics (1) [Contemporary Thought and Philosophy]
石井 剛
ISHII Tsuyoshi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
東アジアのモダニティと新しい共生の条件

20世紀前半の日本と中国における近代思想を文学、哲学の両面から振り返る。その際、「個人」と「国家」の関係に焦点を当てながら、近代的な「個人」のアイデンティティが「国家」に回収されていく思想的メカニズムについて考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9117 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account