ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
21185012
GHS-CR6E01L1
文化遺産と現代社会
Cultural Heritage and Modern Society
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
文化遺産論

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04185021
FLE-HU4209L1
文化資源学入門I
Introduction to Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
文化遺産論

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04185041
FLE-HU4210L1
文化資源学特殊講義I
Topics in Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文言を確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 112教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185101
GHS-CR6B01L1
ユネスコと文化遺産
UNESCO and cultural heritage
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文章を原文(英語)で確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 112教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185057
GHS-CR6E02S1
文化遺産の活用
Utilizing cultural heritage
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 金曜2限
Fri 2nd

近年の文化政策では文化遺産を活用することがしきりに強調されるが、ここで言う「活用」が実際に何を指すのかは、実は明確に定まっていない。活用されている文化遺産とは、どのような状態にあるのか。活用されない文化遺産は、単に死蔵されていることを意味するのか。文化遺産を普通に「使う」ことは、活用とはどう異なるのか。本演習ではこれらの問いを今日の文化遺産活用の実例に関する受講者の発表を通して多角的に考える。日本ならびに海外の文化政策の関連資料を適宜参照しながら進める。最終的に明らかにしたいのは、現代社会が文化遺産の活用に執着するようになった理由である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 114教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08A9631032
FAS-AA4M14L1
日本語(32)アカデミックスキル(総合)(L3-L4)
Japanese (32):Integrated Academic Skills (L3-4)
松下 達彦
MATSUSHITA Tatsuhiko
S1S2 水曜4限
Wed 4th
Japanese (32): Integrated Academic Skills (L3-4)

This course is designed for students at the lower-intermediate (L3-4) level who have already completed the elementary Japanese course. The aim of this course is to help students collect information from people, internet and other media to understand Japanese and international community, with a special focus on developing academic vocabulary and expressions. The topics for this course are mainly on academic genres. Specifically, by the end of the course, students are expected to be able to 1) increase vocabulary and socio-cultural knowledge to understand common academic prose and speech, 2) discuss the issues on cultural, social and/or academic topics from multi-angle perspectives and develop critical and creative thinking, and 3) expand the intellectual network and acquire knowledge for exploring issues based on a suitable academic framework in humanities, social sciences or natural sciences.

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場10号館 10-203 Komaba Bldg.10 Room 10-203
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
5123500
GPP-MP6E20L3
Asset Valuation and Risk Management in Financial Institutions I
Asset Valuation and Risk Management in Financial Institutions I
内田 善彦
UCHIDA Yoshihiko
S1 火曜2限 木曜2限
Tue 2nd Thu 2nd
Asset Valuation and Risk Management in Financial Institutions I

This course aims to help students develop a solid understanding of asset valuation and risk management in financial institutions and the analytical skills required in formulating and implementing prudential policies and related regulations. The course will cover key theoretical concepts (e.g. option pricing, modern portfolio theory, risk measure, scenario analysis) with emphasis on their applications in the real-world situations. The course will consider global/international aspects of financial businesses/regulations and the context of developing/emerging economies with relatively underdeveloped financial systems as well. This course is designed on the premise that all students will take the following course, “Asset Valuation and Risk Management in Financial Institutions II”. Please note that this course will not focus on central banking and monetary policy.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室C International Academic Research Bldg. Seminar Room C
講義使用言語 Language:英語 English
5123499
GPP-MP6E20L3
Financial Markets and Institutions
Financial Markets and Institutions
内田 善彦
UCHIDA Yoshihiko
A1A2 木曜2限
Thu 2nd
Financial Markets and Institutions

This course aims to help students develop a solid understanding of the basics of financial markets and institutions and the analytical skills required in formulating and implementing financial regulations. The course will cover key theoretical concepts (e.g. financial intermediation, asset transformation, direct vs indirect finance, asymmetric information, moral hazard and principal-agent problem) with emphasis on their applications in the real-world situations. The course will consider global/international aspects of financial businesses/regulations and the context of developing/emerging economies with relatively underdeveloped financial systems as well. Please note that this course will not focus on central banking and monetary policy.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室B International Academic Research Bldg. Seminar Room B
講義使用言語 Language:英語 English
4971390
Information, Technology, and Society in Asia 139
Information, Technology, and Society in Asia 139
園田 茂人
Sonoda Shigeto
A1 木曜4限
Thu 4th
“Intellectual Giants” in UTokyo: Critical Evaluation of Their Accomplishments in Contemporary Contexts

This graduate course is the first series of lectures that critically examine and evaluate the history of major intellectuals and scholars of or associated with the University of Tokyo in the modern period. By examining various intellectual legacies of one of the most important research and education institutions in Japan and the world, this course aims to generate critical understanding of modern knowledge production and circulation in relation to social change and cultural formation in Japan. By so doing, potential contribution of Japanese scholarship to the understanding of contemporary (global) issues will be explored. Every year, a specific theme or period or prominent intellectual figures will be identified for focused study and discussion, and scholars working on that specific topic are invited from within or outside of Japan to lecture and generate classroom discussions. For 2018, the lectures will focus on the question of “the social” and address the issues of how (Japanese) society has been understood by scholars of the University of Tokyo and what social implications their understanding has generated. We arranged six lectures by two sociologists, one economist, and one anthropologist to approach this set of questions.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 東文研3F第1会議室 Institute for Advanced Studies on Asia, University Museum IASA 1st Conf.
講義使用言語 Language:英語 English
5140730-1
GPP-MP6Z40S3
Case Study (International Field Workshop)
Case Study (International Field Workshop)
西沢 利郎
NISHIZAWA Toshiro
S2 集中
Intensive 

This course will aim to motivate students to seek ways to collaborate with diverse stakeholders in the international fora by offering opportunities to exchange views and discuss with senior officials, management staff and experts in government agencies, international organizations, global business entities, NPOs, and research institutions located in Asia. Planning and participating in discussion sessions with such professionals are expected to help students to identify today's social challenges from global and regional perspectives and to design solutions in line with the concept of the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) [http://gsdm.u-tokyo.ac.jp/en/].

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10974 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account