ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04185041
FLE-HU4210L1
文化資源学特殊講義I
Topics in Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文言を確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 112教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04185021
FLE-HU4209L1
文化資源学入門I
Introduction to Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
文化遺産論

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-204
GEN-CO6z41L1
統合物質科学俯瞰講義II
Global Focus on Materials Science Ⅱ
各教員
S1S2 木曜6限
Thu 6th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工64号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185012
GHS-CR6E01L1
文化遺産と現代社会
Cultural Heritage and Modern Society
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
文化遺産論

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185101
GHS-CR6B01L1
ユネスコと文化遺産
UNESCO and cultural heritage
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文章を原文(英語)で確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 112教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21185057
GHS-CR6E02S1
文化遺産の活用
Utilizing cultural heritage
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 金曜2限
Fri 2nd

近年の文化政策では文化遺産を活用することがしきりに強調されるが、ここで言う「活用」が実際に何を指すのかは、実は明確に定まっていない。活用されている文化遺産とは、どのような状態にあるのか。活用されない文化遺産は、単に死蔵されていることを意味するのか。文化遺産を普通に「使う」ことは、活用とはどう異なるのか。本演習ではこれらの問いを今日の文化遺産活用の実例に関する受講者の発表を通して多角的に考える。日本ならびに海外の文化政策の関連資料を適宜参照しながら進める。最終的に明らかにしたいのは、現代社会が文化遺産の活用に執着するようになった理由である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 114教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08F140511
FAS-FA4E05S3
横断型 University-wide
グローバル教養特別演習I(11)
Seminar in Global Liberal Arts I (11)
ラウレット ベネディクト
ROWLETT Benedict
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
Introduction to Language, Gender, and Sexuality

This course will provide an introduction to the field of language, gender, and sexuality using approaches from sociolinguistics. In particular we will focus on how meanings related to gender and sexuality are reproduced in spoken and written discourse, for example in conversation and in the media. Topics will include the social construction of gender and sexuality, the linguistic resources people draw on to construct gender and sexual identities, questioning prominent gender/sexuality and language stereotypes, and the intersections between gender/sexuality and other social categories. There will also be a focus on language and gender/sexuality in the Japanese context. It is hoped that students will take from this course a heightened awareness of gender/sexuality related issues of power, inequality and agency and will be better equipped to articulate and explore questions in this area.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:英語 English
5122400
GPP-MP6P20L3
Global Governance
Global Governance
TIBERGHIEN Yves
TIBERGHIEN Yves
A1A2 集中
Intensive 

Purpose of this course is obtaining a solid understanding and some critical skills at five levels: 1. The theoretical dilemmas of global governance in the current age; 2. The ability to unpack the process of creating global governance (comparing different arenas) 3. The ability to develop a pathway to analyze and solve governance problems; 4. A better empirical understanding of the particular historical juncture of our current period in a larger comparative perspective with a focus on the interplay between the US, the EU, Japan, and large emerging powers (China, India, Brazil) among others. 5. And empirical knowledge on four issue areas: global finance, climate change, and biosafety from the perspective of global governance, and a changing balance of power

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
04185141
FLE-XX4304L1
文化資源学特殊講義IV
Topics in Cultural Resources Studies IV
岡田 健
OKADA Ken
S1S2 木曜6限
Thu 6th
文化財保護の支援と受援

個人の愛玩の対象として、また伝説を付随して、歴代守られてきた品々や時代と地域の特色を顕著に示す建築物などが、近代の社会変革に伴って存廃の危機に晒されたため、これらを社会の共有の財産とし守り伝えて行こうという意図をもって保護の対象としたのが、文化財の保護制度である。しかし制度が優先する日本の文化財は、所有者と行政が果たすべき責任に重きが置かれている。このような枠組みを基盤として行われる地域振興のための文化財の復元・活用、自然災害発生時の救援活動、さらには発展途上国への支援事業などにはどのような特色と課題があるのか。「文化財を専門」とする人びとのあり様とその「支援や指導を受ける」人びととの関係から、考察してみよう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 212教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4971210
Information, Technology, and Society in Asia 121
Information, Technology, and Society in Asia 121
佐橋 亮
SAHASHI Ryo
A1A2 火曜4限
Tue 4th
International Relations in East Asia

This course does not focus on a particular nation's foreign policy. Rather, we examine the impacts of both the rise of Asia, regionalism and American commitment on the order in East Asia. Behaviors of not only great powers but small and middle powers are to be analyzed.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室E International Academic Research Bldg. Seminar Room E
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 14566 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account