ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
4971010
横断型 University-wide
Information, Technology, and Society in Asia 101
Information, Technology, and Society in Asia 101
松田 康博
Yasuhiro Matsuda
A1 火曜5限 金曜5限
Tue 5th Fri 5th
Introduction to Asian Studies: History and International Relations - Lectures 2018

This course will offer students a series of lectures on Asian history and international relations with the aim of providing a solid foundation in the central topics and most recent scholarship in Asian Studies. This course is required by both M.A.S. and Ph.D. students in the ITASIA program (non-ITASIA students are also invited) and it aims to expand students’ knowledge beyond a few specialized countries or areas in Asia by providing a broader perspective of Asia as a whole. Another objective of the course is to offer a better understanding of Asian societies through the study of history. All ITASIA students are also required to concurrently enroll in ITASIA 102 (Seminar on Introduction to Asian Studies: History and International Relations). Students should complete the assigned reading assignments before the respective lectures (assigned readings are highlighted in italics below).

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東文研及総合博物館 東文研3F大会議室 Institute for Advanced Studies on Asia, University Museum IASA Large Conf.
講義使用言語 Language:英語 English
08D1239
FAS-DA3D23L1
人間情報学III
Human Informatics III
植田 一博
UEDA Kazuhiro
S1S2 火曜1限
Tue 1st
認知革命―情報処理装置としての人間観の系譜とその最先端―

いまから50年ほど前に認知科学(cognitive science)が誕生したことにより、人の知(認知や知能)の捉え方が大きく変わったため、この変革はしばしば「認知革命」と呼ばれている。しかしながら、知の捉え方が大きく変わったのはこのときだけではない。認知科学はその他の諸学問(知覚心理学・発達心理学・社会心理学、情報科学・人工知能、脳科学・神経科学、社会学、進化学など)と交流し、それら諸学問の考え方を取り入れることで絶えず変化してきた。現在の最先端の研究もその変化の結果として生まれたと言える。それゆえ、最先端の研究を正確に理解するには、認知科学がどのように変遷してきたかという歴史的な視点が必要である。本講義では、この歴史的な視点を提供した上で最先端の研究を紹介し、それでも50年の間に認知科学が保ってきた考え方とは何かについて、特に高次認知(記憶、意思決定、推論、問題解決、創造的思考など)に焦点を当てて考察していく。

単位 Credit:2
教室 Room: 情報教育棟 E49教室 Komaba Information Education Bldg. Room E49
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4915080
メディア表現論I
Media Practice I
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
メディア表現論 Media Practice

 ここでいう「メディア表現」とは、せまい意味でのアートやデザインの表現活動や作品を意味するのではありません。メディアに媒介された、一般的な人々のコミュニケーション活動を、私たちが生きる社会文化的な文脈のもとで「表現」ととらえて使っています。デジタル・メディア社会における人々の自己実現と、共同体の形成、維持、ネットワーク化のためには、メディア表現としてのコミュニケーション活動の充実を図ることが欠かせないと考え、このことについてみなさんと実践的に考えていきたいと思います。そのことは必然的に、デジタル時代のメディア・リテラシーについての実践や研究にも結びつくことになります。したがってこの授業はメディア表現とメディア・リテラシーの両方を射程に入れたものになります。  授業はS1 タームのみ(月曜と木曜のそれぞれ2時限目に開講)。  メディア表現、あるいはメディア・リテラシーの実践的なグループ活動を月曜におこない(実践編)、それらに関する思想や理論の講義や講読を木曜におこないます(思想編)。すなわち実践と思想を並行して進める予定です。いうまでもなく実践と思想は循環的な関係にあり、最終的にはそれらを総合したかたちでのグループ活動の成果発表をしてもらいます。  実践編の具体的な活動内容は、授業に参加する学生らの面構えと人数などを見て決めます。2017年度は「memories×History」というメディアをめぐる記憶と歴史についてのワークショップをおこないました。16年度はデジタル・ストーリーテリング「メディア・コンテ」をおこない、各自の作品を制作しました。15年度は微弱電波ラジオづくりをおこないました。  実践活動は基本的にグループワークで進め、なんらかの制作物の発表・公表をおこない、情報学環のイベントやウェブサイトを通じて一般に向けて公開することまで考えています。  思想編では、メディア・リテラシー、市民のメディア表現をめぐる運動や実験などを含む実践的な手法に基づくメディア研究(批判的メディア実践)、オルタナティブ・メディアなどをめぐって講義と文献講読をおこないます。  この授業の目標を箇条書きにすると次のようになります。  メディア論、メディア・リテラシー、コミュニケーション論の領域で、理論や思想(批判的人文知)と実践やデザイン(創造的デザイン知)を架橋することの意義や、そのための方法の基本を体得すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4928061
総合分析情報学研究法I
Studies in Applied Computer Science I
越塚 登
Noboru Koshizuka
S1 月曜4限
Mon 4th
総合分析情報学研究法1 Studies in Applied Computer Science I

本講義では、主に二つの内容を扱う。第一に、本コースが取り扱う主要な研究テーマである分析情報学に関連する分野の基本的な知識を講義する。第二に、本コースでこれから修士課程の勉強や研究をする上で必要とされる研究手法上のスキルを説明する。 This class will deal with two issues. First, this class lectures basic knowledge of ubiquitous computing-related research areas which is one of the most important research theme in this course. Second, this class lectures basic skills for research and study methods in the master course. (1) Lectures of related researches of ubiquitous computing (April~May) a. Prof. Koshizuka (越塚):Ubiquitous Computing, Embedded Systems b. Prof. Rekimoto (暦本) :Information Visualization, User Interface c. Prof. Nakao (中尾):Advanced Computer Network d. Prof. Kaneko (金子):AI, Machine Leaning (2) Fundamentals of research methods Lecture of academic paper reading, paper writing, and oral presentation

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: ダイワユビキタス学術研究館 2階・204実験室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4917230
総合分析情報学特論II
Advanced Lectures in Applied Computer Science II
植田 一博
UEDA Kazuhiro
S1S2 火曜1限
Tue 1st
認知革命―情報処理装置としての人間観の系譜とその最先端―

いまから50年ほど前に認知科学(cognitive science)が誕生したことにより、人の知(認知や知能)の捉え方が大きく変わったため、この変革はしばしば「認知革命」と呼ばれている。しかしながら、知の捉え方が大きく変わったのはこのときだけではない。認知科学はその他の諸学問(知覚心理学・発達心理学・社会心理学、情報科学・人工知能、脳科学・神経科学、社会学、進化学など)と交流し、それら諸学問の考え方を取り入れることで絶えず変化してきた。現在の最先端の研究もその変化の結果として生まれたと言える。それゆえ、最先端の研究を正確に理解するには、認知科学がどのように変遷してきたかという歴史的な視点が必要である。本講義では、この歴史的な視点を提供した上で最先端の研究を紹介し、それでも50年の間に認知科学が保ってきた考え方とは何かについて、特に高次認知(記憶、意思決定、推論、問題解決、創造的思考など)に焦点を当てて考察していく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館6階・実験室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08H0086043
FAS-HA4B02L2
応用日本語(4)多読を楽しむ(L2-L3)
Applied Japanese (4):Reading for Pleasure (L2-L3)
片山 智子
KATAYAMA Tomoko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
Applied Japanese (4):Reading for Pleasure (L2-L3)

This course is designed for the students who have almost completed the first half of elementary-level of Japanese language study. This course aims to help students find pleasure in their reading. Through graded readers, animation, poems and pop song lyrics, students will gain knowledge not only of new vocabulary and grammar but also of Japanese culture and society. The objectives of this course are: 1) to enjoy reading Japanese and engage in independent reading, 2) to expand knowledge of Japanese culture and society, 3) to increase lexical and grammatical knowledge, 4) experience the rhythm of Japanese language by listening to readings and by reading aloud themselves, 5) to become able to discuss the readings.

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 166教室 Komaba Bldg.1 Room 166
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08F1403
FAS-FA4E03L3
グローバル教養特別講義II
Lectures in Global Liberal Arts II
エリス 俊子
ELLIS Toshiko
A1A2 未定
To Be Arranged 
Reading Japanese Novels: The Dilemma of the Modern and Beyond

This course is designed to give students an opportunity to acquaint themselves with a range of Japanese novels written between the late 19th century and the present. We will place a particular focus on how the Japanese writers struggled to come to terms with the idea of the modern, and explore the nature of the dilemma these writers faced in their attempt to incorporate modernity. Starting with the pioneering writers of the Meiji period, we will move on to the writers of the later periods and will also deal with the new writings of the younger generation in contemporary Japan. Some of the works will be examined in detail, using different critical approaches to analyse their thematic construction, structural characteristics and stylistic features. Most of the texts dealt with in this course are widely read works by well-known authors, but I am hoping to introduce some new readings, and also hope that students will actively participate in discussions to exchange their own reading of the text.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
3910228
GAG-GA7909T2
地球生物環境学特別実験 (Advanced Research in Global Bio-Environmental Studies)
Advanced Research in Global Bio-Environmental Studies
各教員
年度跨り(複数年度)
Over multiple years
集中
Intensive 
地球生物環境学特別実験 Advanced Experiments in Global Bio-Environmental Studies

博士課程において地球生物環境学に関する研究を行い、得られた新たな数々の知見をもとに該当する学問領域において新たな意見を提示できる博士論文を作成する研究を行うことを目標とする。 Conduct research to complete PhD thesis and get new knowledge to be able to present new opinion in the related academic field.

単位 Credit:8
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
30027
CAS-PG1L14L2
応用日本語(4)(PEAK)
Applied Japanese (4) (PEAK)
片山 智子
KATAYAMA Tomoko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
Applied Japanese (4):Reading for Pleasure (L2-L3)

This course is designed for the students who have almost completed the first half of elementary-level of Japanese language study. This course aims to help students find pleasure in their reading. Through graded readers, animation, poems and pop song lyrics, students will gain knowledge not only of new vocabulary and grammar but also of Japanese culture and society. The objectives of this course are: 1) to enjoy reading Japanese and engage in independent reading, 2) to expand knowledge of Japanese culture and society, 3) to increase lexical and grammatical knowledge, 4) experience the rhythm of Japanese language by listening to readings and by reading aloud themselves, 5) to become able to discuss the readings.

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 166教室 Komaba Bldg.1 Room 166
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
31D290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 集中
Intensive 
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 11034 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account