ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
3747-108
ヒューマンコンピュータインタラクション特論
Advanced Topics in Human Computer Interaction
矢谷 浩司
S1S2 月曜2限
Mon 2nd

This course covers includes discussions about a set of representative papers published in the field of HCI, and creation and demonstration of interactive systems. Students lead their own capstone projects where they build interactive systems present their demonstrations at the last class. THIS COURSE OCCURS 10:25 -- 12:10 ON MONDAYS not Thursdays. Please double-check your schedule before registering. この講義は木曜ではなく,**月曜2限**に開講されます.ご自身のスケジュールをよくご確認の上,登録をしてください. The classroom is 92B on the ninth floor in Eng. Bld. 2. 場所は工学部2号館9階92Bです.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部旧2号館 工246号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-203
統合物質科学俯瞰講義I
Global Focus on Materials Science Ⅰ
各教員
S1S2 木曜6限
Thu 6th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工64号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D1239
FAS-DA4D23L1
人間情報学III
Human Informatics III
植田 一博
Kazuhiro Ueda
S1S2 火曜1限
Tue 1st
認知革命―情報処理装置としての人間観の系譜とその最先端―

いまから50年ほど前に認知科学(cognitive science)が誕生したことにより、人の知(認知や知能)の捉え方が大きく変わったため、この変革はしばしば「認知革命」と呼ばれている。しかしながら、知の捉え方が大きく変わったのはこのときだけではない。認知科学はその他の諸学問(知覚心理学・発達心理学・社会心理学、情報科学・人工知能、脳科学・神経科学、社会学、進化学など)と交流し、それら諸学問の考え方を取り入れることで絶えず変化してきた。現在の最先端の研究もその変化の結果として生まれたと言える。それゆえ、最先端の研究を正確に理解するには、認知科学がどのように変遷してきたかという歴史的な視点が必要である。本講義では、この歴史的な視点を提供した上で最先端の研究を紹介し、それでも50年の間に認知科学が保ってきた考え方とは何かについて、特に高次認知(記憶、意思決定、推論、問題解決、創造的思考など)に焦点を当てて考察していく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 情報教育棟 E49教室 Komaba Information Education Bldg. Room E49
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-021
先端技術特別講義I
Frontier of Technology Ⅰ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4928061
総合分析情報学研究法I
Studies in Applied Computer Science I
越塚 登
Noboru Koshizuka
S1 火曜5限
Tue 5th
総合分析情報学研究法1 Studies in Applied Computer Science I

本講義では、主に二つの内容を扱う。第一に、本コースが取り扱う主要な研究テーマである分析情報学に関連する分野の基本的な知識を講義する。第二に、本コースでこれから修士課程の勉強や研究をする上で必要とされる研究手法上のスキルを説明する。 This class will deal with two issues. First, this class lectures basic knowledge of ubiquitous computing-related research areas which is one of the most important research theme in this course. Second, this class lectures basic skills for research and study methods in the master course. (1) Lectures of related researches of ubiquitous computing (April~May) a. Prof. Koshizuka (越塚):Ubiquitous Computing, Embedded Systems b. Prof. Rekimoto (暦本) :Information Visualization, User Interface c. Prof. Nakao (中尾):Advanced Computer Network d. Prof. Ishikawa (石川):Spatial Information Systems e. Prof. Kaneko (金子):AI, Machine Leaning (2) Fundamentals of research methods Lecture of academic paper reading, paper writing, and oral presentation

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: ダイワユビキタス学術研究館 2階・204実験室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4951L1
FEN-CO4951L1
先端技術と社会特別講義I(奇数年開講)
Frontier of Technology UG I
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3910127
国際情報農学特論
Advanced Global Agro-Environmental Science
溝口 勝
Masaru Mizoguchi
S1S2A1 集中
Intensive 
国際情報農学特論

農学はフィールドを対象とした総合的な学問です。また、農学の使命は自然を正しく理解し、その知見を適切に現場に適用し、そこに住む人々の暮らしに何らかの貢献をすることにあります。本特論では進化した農業工学としての学際的なアプローチによる世界の食料・環境問題の解決を目指して、農業と情報、土壌と水、食と文化などを対象にした講義を行います。 Agricultural sciences are multidisciplinary studies to accurately understand nature, to properly use scientific knowledge, and to make some kind of contribution to people’s livelihood in the field. This lecture gives you topics on agriculture and informatics, soil and water, food and foodways, etc., to resolve global food and environment issues by using interdisciplinary approaches as advanced agricultural engineering.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4890-1047
横断型 University-wide
GCL情報理工学特別講義Ⅲ(人工知能が浸透する社会について考える)
GCL Special Lecture in Information Science and Technology Ⅲ
國吉 康夫
Yasuo Kuniyoshi
S1S2 木曜5限
Thu 5th
人工知能が浸透する社会について考える

「人工知能」が新聞紙面で見ない日はないほど、自動運転・農業・医療・金融・サービス業等様々な人工知能が紹介され、社会的な関心は高まっています。そのため、国内外で人工知能技術の開発初期段階からの原則策定や、技術の倫理的、法的、社会的影響(Ethical, Legal and Social Implications)の議論が行われています。このような議論には多様な分野の知見が求められており、今後、情報系研究者も倫理・法・社会的知見を持つこと、政策関係者や実務家、人文・社会科学の研究者も情報技術に関する知見を持つことが必要となります。 本授業では、「どうやったら技術を社会に受容してもらえるのか」「技術が私たちの社会をどう変えてしまうのか」という技術決定論的あるいは受け身な態度ではなく、「どのような社会を目指し、そのために技術や人は何ができるか」といった視点から「人工知能と社会」における論点を考えます。そのため、人工知能関連技術と密接に関係する分野や学問領域で話題提供いただくゲスト講師をお招きします。 また授業は人文・社会科学系、理工系の学生に開かれており、異分野の学生同士での対話の仕方も学び、ディスカッションを通して各々特定のテーマについての最終レポートを作成します。また、学生には授業前にテーマに関する資料を予習し、質疑応答やディスカッションに主体的に参加することが求められます。  本授業への最大受け入れ可能人数は最大25名です。受講者多数の場合、分野のバランスを考慮しつつ選抜を行います。そのため、本授業への参加を希望される方は必ず初回ガイダンスへの参加をお願いします。どうしても初回ガイダンスに参加できない場合は、教員に事前に連絡をしてください。  なお、本授業は総合文化研究科、情報理工学系研究科、情報学環・学際情報学府、公共政策大学院の合併授業です。また、グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)、科学技術イノベーション政策の科学教育プログラム(STIG)の学生も受講できます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工3号館 2F235 GCLラボ
講義使用言語 Language: Japanese
08H00861061
FAS-HA4B02L2
応用日本語(106):総合日本語(6)
Applied Japanese (106): Integrated Japanese (6)
片山 智子
KATAYAMA Tomoko
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
Integrated Japanese 総合日本語 (6) (L6-7)

This course is designed for students at the advanced level who are able to deal with authentic materials. The aim of this course is to help students develop language and socio-cultural knowledge through intensive listening and reading. Basic trainings will also be provided for discussing issues both orally and in writing. The topics for this course are mainly on academic genres. Students are also expected to improve their ability to manage their own study and life. Specifically, by the end of the course, students are expected to be able to 1) increase vocabulary and socio-cultural knowledge to understand common academic proses and speeches in genres such as humanities, social sciences and environmental sciences, without much difficulty. 2) use various styles of Japanese such as formal/polite/casual speech or writing depending on the situation and purpose. 3) master the manner of creating new knowledge from collaboration, multi-angle perspectives and critical thinking through discussion, presentation and essay writing. 4) expand the intellectual network and acquire knowledge for exploring issues based on a suitable academic framework in humanities, social sciences or natural sciences. 5) manage their own study and everyday life independently using the Japanese language.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 150教室 Komaba Bldg.1 Room 150
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08H00861071
FAS-HA4B02L2
応用日本語(107):総合日本語(6)
Applied Japanese (107): Integrated Japanese (6)
松下 達彦
MATSUSHITA Tatsuhiko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
Integrated Japanese 総合日本語 (6) (L6-7)

This course is designed for students at the advanced level who are able to deal with authentic materials. The aim of this course is to help students develop language and socio-cultural knowledge through intensive listening and reading. Basic trainings will also be provided for discussing issues both orally and in writing. The topics for this course are mainly on academic genres. Students are also expected to improve their ability to manage their own study and life. Specifically, by the end of the course, students are expected to be able to 1) increase vocabulary and socio-cultural knowledge to understand common academic proses and speeches in genres such as humanities, social sciences and environmental sciences, without much difficulty. 2) use various styles of Japanese such as formal/polite/casual speech or writing depending on the situation and purpose. 3) master the manner of creating new knowledge from collaboration, multi-angle perspectives and critical thinking through discussion, presentation and essay writing. 4) expand the intellectual network and acquire knowledge for exploring issues based on a suitable academic framework in humanities, social sciences or natural sciences. 5) manage their own study and everyday life independently using the Japanese language.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場10号館 10-201 Komaba Bldg.10 Room 10-201
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10127 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account