ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04176801
FLE-XX4K01L1
共通 Common
〈偶然〉という回路
The Asahi Lectures: Chance as a way of inquiry
渡部 泰明
Yasuaki Watanabe
A1A2 水曜5限
Wed 5th
〈偶然〉という回路

 私たちは、偶然に取り囲まれ、偶然に振り回されて生きている――少なくともたいがいはそう思って生きています。一方、研究に求められる知性は、偶然性を排し、偶然に見える事柄の奥に隠された必然を見いだすことに求められる、としばしば言われます。では、偶然と知性は、まったく相容れないものなのでしょうか。 私たちが偶然と名づけているものが、予測不可能に見えるこの世の現実の手触りだとすれば、偶然とはどういうものかと目をこらすことは、知の営みを現実へと新たにつなぎ合わせることになりはしないでしょうか。たとえば、縁や運や宿命、あるいはたまたまの遭遇がもたらす喜怒哀楽といった、いかにも人間くさい事柄に学問的にアプローチしたらどうなるか、などということです。なにかと孤立して見える偶然を、むしろ現実のリアリティへと接近する回路にしたいという思いなのです。  本年度の朝日講座では、それぞれの学問分野や実業界を担う先生方から、「偶然とは何か、そこから何か見えてくるか」という観点にもとづいた講義を行っていただきます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4951L1
FEN-CO4951L1
先端技術と社会特別講義I(奇数年開講)
Frontier of Technology UG I
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-021
先端技術特別講義I
Frontier of Technology Ⅰ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47110-40
実践融合デザイン学
Applied Transdisciplinary Design
鈴木 宏二郎
SUZUKI Kojiro
A1A2 集中
Intensive 
実践融合デザイン学 Applied Transdisciplinary Design

冬休み期間中に行われる2日間の短期集中講義。基盤棟2D8講義室で開講し、その後、実験棟1F極超音速風洞実験室で実習を行う。スケジュールと講義の予定は電子掲示版、シラバス等でアナウンスする。 前半はデザインに関するトピックスと後半に必要となる最低限の知識に関する講義、後半は与えられたテーマに対するデザイン実習である。後半では理論と実際の差異、妥協とバランスの大切さ等を実感することになる。平成21年度のテーマは「火星探査用ミニ着陸船のデザイン」、22年度のテーマは「変身する飛行体(形状記憶合金利用)」、23年度のテーマは「空気抵抗の小さな形」、24年度のテーマは「マッハ7の風に耐えられるTensegrity構造物」、25年度のテーマは「自分の手でマッハ7の風洞実験模型を掘り出す」、26年度〜28年度のテーマは「超高速気流中のTensegrity構造物」であった。29年度も28年度と同様に、超高速気流中の空間構造物に関するテーマとなる予定。 Short course in 2 days. This course begins in the lecture room 2D8 in Kibantou. The design exercise will be carried out at the hypersonic wind tunnel in the experimental building. The lecture schedule will be announced on the electronic GSFS bulletin board. The course is divided into two parts. In the former part, lectures on some topics of "design" and on the minimum set of knowledge, which is necessary for the work in the latter part, are given. The latter part is the exercise in designing to meet the requirements given beforehand. Students will realize the significant difference between things in the theoretical world and those in the real world, and also realize the importance of the sense of compromise and balance in designing. The exercise problems in the past were "Mini-Lander for Mars Exploration" in FY2009, "Variable Geometry Flying Vehicle (using Shape Memory Alloy)" in FY2010, "Shape with Low Aerodynamic Drag" in FY2011, "Tensegrity Structure for Hypersonic Flight at Mach number 7" in FY2012, "Scrape, Flatten, Sharpen, Polish with Files by your hands and Manufacture Your Own Experimental Model with Your Favorite Shape for Hypersonic Wind Tunnel at Mach Number 7" in FY2013, and "Tensegrity Structure for Hypersonic Wind" in FY2014-2016. In FY 2017, the exercise problem in relation to spatial structure in extremely high-speed flow environment will be planned.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 柏 2F 先端エネルギー講義室 Kashiwa Campus 2F Adv.Ene.Lecture Room
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111030
政策決定・行政統制論
Theory of Policymaking and Control of Administrative Agencies
太田 匡彦
Masahiko Ota
S1S2 水曜5限
Wed 5th

国際化と行政法との関わりを論じた論文を読み、国際化の中で行政法に生じている問題を考える。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 B1演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3714-056
プロジェクトのマネジメント特論
Advanced Management of Project
野城 智也
Tomonari Yashiro
S1S2 金曜3限
Fri 3rd

Building construction is a project based or led, on-off activity. Design quality and The class aims to enhance the capacity for the management of project. 従来、プロジェクト・マネジメント(project management)は「いかに作るのか(how to build)」を主な役割としてきたが、現代のプロジェクトは、さらに「何を作るのか(what to build)」を能動的に決めていくプロジェクトのマネジメント(management of project)が必要とされている。本授業は、プロジェクトのマネジメントの必要性を理解するとともに、プロジェクトのマネジメントを遂行するための基本的知識を取得することを目的とする。 。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 駒場Ⅱ
講義使用言語 Language:英語 English
011767S
FLA-SE4102S2
行政法演習
Seminar in Administrative Law
太田 匡彦
Masahiko Ota
S1S2 水曜5限
Wed 5th
国際化と行政法

国際化と行政法との関わりを論じた論文を読み、国際化の中で行政法に生じている問題を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-153
工学倫理
Engineering Ethics
村上 存
Tamotsu Murakami
S1 木曜6限
Thu 6th

工学系研究科では、倫理教育を補完することを目的に、夏学期に大学院共通講義として「工学倫理」を開講しています。 科学・技術倫理やこれに深く関わる分野を専門とされる講師の先生方をお招きし、ご講演をいただきます。平成29年度は計8回の講演会を開催します。 -------- The Lectures on Engineering Ethics is held every S1S2 at the Graduate School of Engineering to complement the activities of each department. We invite lecturers in the fields of scientific and technical ethics and, this year, we will provide a series of 9 lectures.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0117963
FLA-PS4727L3
横断型 University-wide
特別講義 現代日本外交
Japanese Foreign Policy
小原 雅博
S1S2 金曜1限
Fri 1st
国益と現代日本外交 National Interest and Modern Japanese Diplomacy

私たちの守るべき国益とは何か?そして、それをどうやって実現するか? 米国の覇権に陰りが見える中で、台頭する国家やテロリストが跋扈し始め、冷戦後のリベラルな国際秩序は力による現状変更や破綻国家が生み出す暴力や難民に傷ついている。グローバル化、情報化、技術革新は新たな価値や豊かさを生み出す一方で、リスクや脅威も増大させている。そして、気候変動や感染症などが猛威を振るい、国家や人間の生存を脅かす。今日、国家・国民の安全と繁栄という国益はこうした多様な挑戦を受けている。日本はこれにどう対処すべきなのか?そして、世界と深くつながる日本として世界の平和と繁栄、そして自由で開かれた秩序の維持に何ができるのだろうか? 本講義は、以上の問題意識に立って、国益を座標軸の中心に据え、日本の外交、そして世界の平和と繁栄の問題を考えていく。 What is National Interest which we have to defend? How can it be realized? While the United States is shaky in its hegemony in the world, the rising powers and terrorists are becoming rampant. The liberal international order in the post-Cold War period is hurt by the alteration of the status quo due to violence and a refugee crisis caused by the failure of nation states('failed states'). Globalization and a technology revolution with an ever evolving social media produce new values and affluence, while, on the other hand, they multiply risks and threats in the world. Climate change and infectious diseases are raging and threaten the survival of nation states and humanity. Today, national interest, such as the security and prosperity of a nation and people, faces these various threats. How does Japan tackle them? What can Japan do to maintain the peace and prosperity of the world? What can Japan do to defend free and open international order? Japan is deeply connected to all these issues and therefore is inextricably involved in them. With an awareness of the above mentioned issues, this course’s lectures provide a framework centered around Japan’s National Interest and how Japanese diplomacy can help maintain the peace and prosperity of the world.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 26番教室
講義使用言語 Language:英語 English
5140700-1
Case Study (International Energy Governance)
Case Study (International Energy Governance)
有馬 純
ARIMA Jun
S1S2 火曜5限
Tue 5th

Explore the roles of the selected energy related international organizations/processes to enhance secure, affordable and sustainable energy supply. The examples of these organs/processes are IEA, OPEC, IEF, Energy Charter, G7, G20, EU, APEC, ASEAN, IAEA IRENA, UNFCCC etc. Discuss the selected energy issues from different perspectives. Try to identify necessary conditions for global energy governance in the 21st Century to address energy and climate challenges

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 26番教室
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9863 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account