ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04187001
FLE-XX4352L1
共通 Common
朝日講座「居場所」の未来
The Future of Living Places
祐成 保志
A1A2 水曜5限
Wed 5th
「居場所」の未来

 安心して過ごすことのできる居場所があることは、生きるための基本的な条件です。  一面で、現代社会では、かつてなく居場所を見つけることが容易になったと言えるでしょう。室内はますます快適になり、街には居心地の良さそうな場所が増え、サイバー空間の使い勝手も劇的に改善されてきました。その気になればいつでもどこでも居場所を手にすることができるかのような楽観的な見方すら、珍しいものではありません。  その一方で、居場所の欠如や喪失の感覚が深まり、これを取り戻すための努力が静かに広がりつつあるのも現代の特徴ではないでしょうか。もっとも、居場所への渇望ないしは衝動は、それをつくったり維持したりすることを妨げるものへの無関心や、ときには敵意にまでつながるのかもしれません。  本年度の朝日講座では、こうした矛盾に注意を払いつつ、見えるものと見えないもの、そして、身近なコミュニティと宇宙のスケールの間を行き来しながら、私たちの居場所とその未来について考えたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-19
GFS-MJ6T03L1
医学概論
Introduction to Medicine
内丸 薫
Kaoru Uchimaru
S1S2 集中
Intensive 
医学概論 (Introduction to Medicine)

近年の基礎医学のめざましい進展により、現代医療も著しい変貌を遂げつつある。東京大学医科学研究所附属病院の大きな使命は、先端医療の導入とその遂行、中でも基礎医学研究の成果を臨床に取り入れることである。即ち、探索型臨床研究 (Translational Research) の推進である。本講義においては、non-M.D.の学生を対象にして、医学概論をわかりやすく解説するとともに、実際の症例や看護上の視点も交えながら、最先端の探索型臨床研究についての新たな視座を提供することを目的とする。 Because of remarkable progress in recent basic medicine, the modern medicine is also accomplishing a remarkable change. The great mission of IMSUT Hospital is the introduction of advanced medicine and its accomplishment, especially the introduction of results of basic medical research into clinical studies. In other word, it is a promotion of translational research. In this lecture, we aim for introducing outline of medicine and offering a new standpoint to translational research with practical cases and nursing viewpoints.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室、分子細胞生物学研究所 2F 会議室(206号室) Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.,
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3714-056
GEN-AR5m22L1
プロジェクトのマネジメント特論
Advanced Management of Project
野城 智也
Tomonari Yashiro
S1S2 木曜3限
Thu 3rd

Building construction is a project based or led, on-off activity. Design quality and The class aims to enhance the capacity for the management of project. 従来、プロジェクト・マネジメント(project management)は「いかに作るのか(how to build)」を主な役割としてきたが、現代のプロジェクトは、さらに「何を作るのか(what to build)」を能動的に決めていくプロジェクトのマネジメント(management of project)が必要とされている。本授業は、プロジェクトのマネジメントの必要性を理解するとともに、プロジェクトのマネジメントを遂行するための基本的知識を取得することを目的とする。 。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 駒場Ⅱ
講義使用言語 Language:英語 English
3799-022
GEN-CO5900L1
先端技術特別講義II
Frontier of Technology Ⅱ
六川 修一
Shuichi RoKugawa
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4952L1
FEN-CO4952L1
先端技術と社会特別講義II(偶数年開講)
Frontier of Technology UGⅡ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31324
CAS-TC1200S1
全学自由研究ゼミナール (Research-based learning in Japanese Studies)
Specialized Seminar
櫻井 勇介
SAKURAI Yusuke
S1 金曜2限
Fri 2nd
Research-based learning in Japanese Studies

Although research-based learning is a fairly new educational approach for undergraduate students, it has been gradually recognised by university teachers in recent years. A typical example of such research-based learning is requiring students to write an undergraduate thesis (in the last academic year of the undergraduate degree program). However, this course is designed to incorporate more ambitious researched based learning into the curriculum of the Junior Division in order to deepen student’s understanding of Japan and the structures and styles of academic research. This course takes place during the very short period of one term, however, it requires course participants to proactively engage in various in- and out-of-class assignments and tasks. In doing so, each student will develop skills useful in identifying and solving problems, and working effectively with peers. Students will participate in fieldwork and learn to strategically manage their time and workload. This course will give students opportunities to experience how prior scholars created knowledge, as well as to think about their own future learning and academic development. If you are interested in pursuing a career as a researcher or academic in the humanities and social sciences, this course will give you an introduction of what your future research work might entail. [Goals] This course will: ◆ Use independent research to deepen student’s understanding of an aspect of Japan in which they have an interest. [Knowledge]; ◆ Help students understand and implement basic empirical research procedures for the humanities and social sciences [Knowledge & Skills]; and ◆ Teach students strategies for effective communication and interaction with peers [Attitude]. This course welcomes students who have recently begun studying the Japanese language. Therefore, the classwork will be conducted in English. However, individual students’ assignments and reports (for submission to the instructor) may be composed in either Japanese or English (e.g., research papers & self-assessment forms). Since this course is offered for students of the Junior Division, I (the course instructor) would like all the course participants to be considerate of others’ language proficiency levels, in order to generate better learning outcomes for all members, regardless of their native language. This course is a prerequisite for those who wish to take the thematic course “Global Praxis: Explore Japan with Finnish and Hungarian students”. The guidance seminar of this Global Praxis course will be held on April 10 (18:45-20:30 21KOMCEE West B1F Lecture Hall). 学部教育の方法としてのResearch-based Learningは世界的にみてもまだ新しい教育手法ですが、徐々に大学教育の一手法として認知されつつあります。いわゆる「卒業論文」はその典型例とも言えますが、本授業では敢えて本学の前期課程で、日本についてこの研究ベース学習の手法を取り入れ、日本について、そしてアカデミックな知の構築の流儀について理解を深める挑戦的な授業です。ターム授業の非常に短い授業ですが、教室内外の活動を自ら主体的に進めていくことが求められます。その中で必然的に問題設定、問題解決、協働作業、フィールドワーク、タイムマネジメントなどのスキルを伸ばしていくことになります。本授業で学ぶことは、アカデミアの先達がどのようにして知識を創出してきたのかを体感し、今後の大学での学びについて考えることにつながるという点で、自己成長について改めて考えるきっかけにもなることでしょう。将来、人文社会学分野の研究者を目指す学生にとっても研究活動を体感するいい機会になるはずです。 (目標) この授業では以下の知識、スキル、態度を身につけることを目指します。 ◆ 【知識】履修者が興味を持つ日本の一側面についての理解を深める。 ◆ 【知識・スキル】基本的な実証的研究で要求される事柄を知り、それを遂行できる。 ◆ 【態度】他の履修生と協働する際に配慮すべき点について語ることができる。 なお、本授業は日本語学習歴の浅い学生も受け入れるため英語で行う予定です。ただし、担当教員に提出する個人の成果報告(リサーチペーパー・自己評価(これらについては後述))は日本語でも英語でもかまいません。なお、前期課程の授業ということを考慮し、英語運用力については配慮をするつもりです(担当教員も英語非母語話者ですので、英語に不安がある学生も興味がある学生はぜひ履修してください)。 本授業は主題科目「国際研修:Explore Japan with Finnish and Hungarian students」を履修希望する学生は履修することが義務付けられています。この国際研修のガイダンスは4月10日(18:45-20:30 21KOMCEE West B1F レクチャーホール)に行われます。

単位 Credit:1
教室 Room: 21KOMCEE West K301 21 KOMCEE West Room K301
講義使用言語 Language:英語 English
47160-06
GFS-ES6301L1
環境安全システム論
Safety for Environment and its Systems
大島 義人
OSHIMA Yoshito
S1 月曜2限 月曜3限
Mon 2nd Mon 3rd
環境安全システム論 Safety for Environment and its Systems

環境問題も安全問題もその解決には社会的ルールや適切な管理システムが必要であるが、その一方で、環境や安全を守るためのリスク回避には、自らが自分自身の健康や安全を守るための自主的行動が不可欠である。環境安全学とは、このような観点に立ち、環境と安全、さらにそれらと深くつながる健康や倫理観などを包括的に取り扱う新しい学問体系である。本講義では、大学における研究・教育活動を対象として、環境安全学の考え方を具体的事例を通して学ぶことを目的とする。 In order to solve environmental and safety issues, social rules and appropriate management rules are necessary. In addition, in terms of risk evasion, it is vital to take voluntary steps in order to preserve one's own health and safety. The study of Environmental Safety (Environment and Safety) is a new academic framework concerned with environment and safety, and their deep connection to health and ethics. The goal of this class is to learn the concepts of Environment and Safety through examination of actual research and training activities taking place at the university.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 4F 講義室4 Environmental Studies, GSFS Lecture Room 4
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-153
GEN-CO5400L0
工学倫理
Engineering Ethics
大宮司 啓文
Hirofumi Daiguji
S1 木曜6限
Thu 6th

工学系研究科では、倫理教育を補完することを目的に、夏学期に大学院共通講義として「工学倫理」を開講しています。 科学・技術倫理やこれに深く関わる分野を専門とされる講師の先生方をお招きし、ご講演をいただきます。平成30年度は計8回の講演会を開催します。 -------- The Lectures on Engineering Ethics is held every S1S2 at the Graduate School of Engineering to complement the activities of each department. We invite lecturers in the fields of scientific and technical ethics and, this year, we will provide a series of 8 lectures.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47110-40
GFS-AE6J07L1
実践融合デザイン学
Applied Transdisciplinary Design
鈴木 宏二郎
SUZUKI Kojiro
A1A2 集中
Intensive 
実践融合デザイン学 Applied Transdisciplinary Design

冬休み期間中に行われる2日間の短期集中講義。基盤棟2D8講義室で開講し、その後、実験棟1F極超音速風洞実験室で実習を行う。 前半はデザインに関するトピックスと後半に必要となる最低限の知識に関する講義、後半は与えられたテーマに対するデザイン実習である。後半では理論と実際の差異、妥協とバランスの大切さ等を実感することになる。平成21年度のテーマは「火星探査用ミニ着陸船のデザイン」、22年度のテーマは「変身する飛行体(形状記憶合金利用)」、23年度のテーマは「空気抵抗の小さな形」、24年度のテーマは「マッハ7の風に耐えられるTensegrity構造物」、25年度のテーマは「自分の手でマッハ7の風洞実験模型を掘り出す」、26年度〜29年度のテーマは「超高速気流中のTensegrity構造物」であった。今年度も同じテーマとする予定である. Short course in 2 days. This course begins in the lecture room 2D8 in Kibantou. The design exercise will be carried out at the hypersonic wind tunnel in the experimental building. The lecture schedule will be announced on the electronic GSFS bulletin board. The course is divided into two parts. In the former part, lectures on some topics of "design" and on the minimum set of knowledge, which is necessary for the work in the latter part, are given. The latter part is the exercise in designing to meet the requirements given beforehand. Students will realize the significant difference between things in the theoretical world and those in the real world, and also realize the importance of the sense of compromise and balance in designing. The exercise problems in FY2018 will be "Tensegrity in High-speed Flow".

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 柏 2F 先端エネルギー講義室 Kashiwa Campus 2F Adv.Ene.Lecture Room
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31325
CAS-TC1200S1
全学自由研究ゼミナール (Education in Finland)
Specialized Seminar
櫻井 勇介
SAKURAI Yusuke
S1 火曜2限
Tue 2nd
Education in Finland

Not only Japan but also many other countries have promoted educational reforms among a primal national priority for a long while. This course aims at understanding the educational system and issues overseas, in particular, those in Finland. The course also aims to develop students’ skills to apply the knowledge from their prior experiences and critically examine their knowledge base as well as understanding major issues of Finnish education as they proactively engage in a variety of active learning tasks. This course is very short. Nevertheless, students will gain a broad overview of the major issues of Finnish education over from care to doctoral education and develop new perspectives and ideas about education in general. This course will encourage students to reflect upon their own educational experiences and in turn to consider the future trajectory of their development. 【Course goals】 Upon successful completion of this course, students will be able to: ◆ Explain the major historical events and discussions in the development of the Finnish education system; ◆ compare and evaluate a certain educational system(s) which individual students are familiar with and that in Finland; ◆ Engage in their own and peers’ learning and development exchanging constructive ideas with others in English; and ◆ Express their own opinions to effectively work with others for productive collaboration and knowledge creation. This course welcomes students who recently started studying the Japanese language. In addition, this course is mandatory for those who wish to enrol in the thematic studies course, “Global Praxis: Promoting learning – the Finnish way”. If you are interested in taking the course, you must participate in the guidance session held on April 11 18:45-20:15 at Lecture Hall, 21 KOMCEE West B1F. 日本のみならず、世界の様々な国や地域において教育改革は長い間、最重要課題の一つとして扱われ続けてきています。本授業は、主題科目「全学自由研究ゼミナール」の授業として、世界の教育事情、特にフィンランドの教育事情について学びます。また、アクティブラーニングの手法を取り入れた主体的かつ活動的なタスクを多く経験し、知識の蓄積にとどまらない、知識の活用と批評の実践に至る活動も行います。1単位の短い期間の授業ですが、あえて広くフィンランドの教育を概観し、新しい視点を得ることで、教育に対する履修者個人の意見や考え方を培います。本授業で学んだことは、自身が体感してきた教育を振り返り、今後の自身の学びについても考えることにつながるという点で、自己成長について改めて考えるきっかけにもなることでしょう。 (目標) この授業では以下の知識、スキル、態度を身につけることを目指します。 ◆ 【知識】フィンランドの教育システムの転換期においてどのような議論があったのか説明できる ◆ 【知識】フィンランドの教育システムを各履修生の身近な教育システムと対比させながら評価することができる ◆ 【スキル】英語で他の履修生と建設的に意見を交換しながら相互の学びに貢献することができる ◆ 【態度】他の履修生と協力し知識を構築していく際に配慮すべき点について語ることができる なお、本授業は日本語学習歴の浅い学生も受け入れるため英語で行います。また、本授業は主題科目「国際研修:Promoting learning - The Finnish way」を履修希望する学生は履修することが義務付けられています。この国際研修のガイダンスは4月11日(18:45-20:30 21KOMCEE West レクチャーホール)に行われます。

単位 Credit:1
教室 Room: 21KOMCEE West K301 21 KOMCEE West Room K301
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 11329 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account