ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
08E1129
FAS-EA4C29L1
素粒子物理学[物質基礎科学コース]
Elementary Particle Physics [Matter and Materials Science]
加藤 光裕
KATO Mitsuhiro
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
素粒子物理学入門

多様な物質や生命も含めて自然界のあらゆるものは、突き詰めれば基本構成要素である素粒子からできている。この授業では、素粒子の分類やその性質、素粒子間の相互作用などについて学ぶ。基本的な量子力学の知識を仮定する。できれば特殊相対性理論や第2量子化などの知識があることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 119室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35603-0097
GSC-PH6F40L2
天体素粒子物理学特論I
Advanced Astroparticle Physics I
森山 茂栄
MORIYAMA, Shigetaka
A1A2 金曜4限
Fri 4th

本講義では、最新の宇宙素粒子物理学のトピックのうち、ニュートリノ、重力波、および暗黒物質の3つについて、それぞれの研究に携わる教員が授業を行う。 1) ニュートリノ  ニュートリノは長らくその質量がないものと仮定され、これを元にした「素粒子物理の標準模型」が他の実験結果を非常によく再現することから、広く信じられてきた。しかし、1998年にニュートリノに有限の質量を持つこと、また、異なる種類(フレーバー)のニュートリノが混合していることが発見され、標準模型の仮定には誤りがあることがわかり、大きな衝撃を与えた。本講義では、ニュートリノの基本的性質がどのような実験的検証を経てこれらが明らかになってきたか、また、未だ残る謎とこれを探る実験について概説する。 2) 重力波  一般相対性理論が予言する重力波を直接検出することにより、強い重力場での物理現象、動的重力場の観測が可能となり、また、中性子星の物質の状態方程式を決定することができるなど、電磁波観測では得られない情報をもたらす点で、重力波が宇宙観測の新しい窓となりえる。さらに、その重力波発生天体の可能な限り早い段階からの電磁波観測との連携で、重力波発生天体の正体、そのメカニズムなどの解明につながると期待されている。しかし、重力波の振幅のあまりの小ささのため、その直接検出は困難を極める。この講義では、重力波を現実的に検出する方法、および、観測された重力波信号とそこから得られた物理情報、そして今後の展開について解説する。 3) 暗黒物質  宇宙暗黒物質の謎は、現在の宇宙を形作ることとなった宇宙の主役をなすと信じられている物質が不明であることと、素粒子物理の様々な課題の解決と結びつく可能性のため、宇宙素粒子物理学の中の最重要課題の一つとみなされている。暗黒物質の研究は主として3つのアプローチがあり、加速器で生成する方法、宇宙に存在する暗黒物質の対消滅からの信号を観測する間接検出の方法、そして身の回りにある暗黒物質が検出器に衝突する事象を捉える直接検出の方法がある。これら全てのアプローチに、世界中の研究者が関わり暗黒物質の正体を解明する研究が活発に進められている。本講義では暗黒物質研究のオーバービューを行ったあと、主としてこの直接検出実験の原理や期待される信号、これまで国内で遂行されてきている主要な実験の紹介、今後世界で遂行される予定の実験等を中心に講義を行う。 This lecture covers selected three topics, neutrino, gravitational wave and dark matter, from the latest developments in the field of astro-particle physics. Lectures of each topic are given by three lecturers. 1) Neutrino Mass of neutrinos had been believed to be zero for a long time and the standard model of the particle physics was successfully established with this assumption and there has been no apparent contradiction with the experiments. However, the existence of non-zero neutrino mass and neutrino flavor mixings were discovered in 1998. These have been the first experimental findings which contradicts with the assumption of the standard model and thus, have given huge impact in the field. This lecture explains how the fundamental properties of neutrinos have been experimentally studied and remaining questions to be answered. 2) Gravitational wave Direct measurements of gravitational wave, which has been predicted by the general relativity, are expected to open the way to study the phenomena in the strong gravitational field and dynamical gravitational fields. Also, equation of state in neutron star is also expected to be determined based on the measurements. These could not be achieved by the electro-magnetic wave observations and provide new way to study the universe. Moreover, coordinated observations of the source of gravitational wave with electro-magnetic observations from early stage are expected to identify the source of the gravitational wave and their mechanism. On the other hand, size of the gravitational wave signal is too small and thus, direct observation had been difficult to realize. In this lecture, realistic methods to detect gravitational wave, observed signals in the experiments, obtained physics results and future directions are covered 3) Dark matter Dark matter is regarded as one of the most important topic in the field of astro-particle physics because dark matter is considered to play important role in the evolution of the universe and also, it is expected to give solutions or hints of various remaining questions in particle physics. There are three major methods to study dark matter. The first one is to use accelerator to create dark matter itself. The second one is to search for the signal from the annihilation of dark matters in the universe. The third one is to detect the collision of dark matter with the material in the detector. This lecture covers the basics and the recent studies of dark matter, details of direct measurement experiments and expected signals. These includes the past major experiments and also, the planned experiments in Japan and in the world.  

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08E1050
FAS-EA4B50L1
素粒子物理学[数理自然科学コース]
Elementary Particle Physics [Mathematical Sciences]
加藤 光裕
KATO Mitsuhiro
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
素粒子物理学入門

多様な物質や生命も含めて自然界のあらゆるものは、突き詰めれば基本構成要素である素粒子からできている。この授業では、素粒子の分類やその性質、素粒子間の相互作用などについて学ぶ。基本的な量子力学の知識を仮定する。できれば特殊相対性理論や第2量子化などの知識があることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 119室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35604-1016
GSC-AS6216L2
理論天文学特別講義VI
Theoretical Astronomy, Advanced Course VI

S1S2 集中
Intensive 
Elements in Cosmos: From Fundamental Interactions to Origin of Life

This is a series of lectures for the graduate students or advanced undergraduate level students providing an introduction to the application of fundamental principles of the production of atomic nuclei along the cosmic evolution. An emphasis will be placed on, first, the formation processes of the elements and, second, the molecules of life, i.e. the amino acids, in various astrophysical conditions in space from a perspective of fundamental interactions of elementary particles and nuclei. In addition, time will be devoted to the link between theory and experimentation on these subjects. Modern experiments in particle and nuclear physics will be described and how these relate to astronomical observables on the production and formation of atomic nuclei, molecules, and amino acids.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
35616-4004
GSC-EP6424P2
機器分析実習I
Laboratory Experiments for Instrumental Analysis I
飯塚 毅
IIZUKA, Tsuyoshi
S1S2 集中
Intensive 
機器分析実習II Laboratory Experiments for Instrumental Analysis II

本実習では、地球惑星科学の研究分野で汎用されている分析手法の基本原理の解説および分析の実際を体験することにより、地球惑星を構成する物質の物理化学的分析法の習得を目指す。具体的には、夏期休業時期(主に8月あるいは9月)に集中授業として行われる下記8つの実習テーマのうち2つを選択し、それぞれに関して(1)基本原理の解説、(2)実習、(3)実験結果の纏め を通じて、その2つの実習テーマの合格及第をもって単位を認定する。具体的な履修方法は地球惑星科学専攻HP上の”大学院生へのお知らせ”に掲載されるので、4月の始めに確認すること。ただし、各実習テーマとも人数等の制限があるため、必ずしも希望の実習テーマを受講できないこともある。尚、平成28年度に開講された”機器分析実習”やそれ以前の”機器分析実習”を履修した者は、そのときとは違う実習テーマを取る場合のみ単位の取得が認められる。また翌年以降開講される”機器分析実習”も履修する場合は、今回の機器分析実習ⅠIで取った実習テーマ以外のものを選ばなくてはならない。 1.安定同位体分析 地球惑星物質の軽元素安定同位体比測定の実習および試料の前処理方法を習得する。具体的には有機物中の炭素および窒素を扱う。 2.赤外・ラマン分光測定(鍵) 振動分光法の原理を学び、顕微分光法による微小領域からのスペクトル測定に関する実習を行う。包有物の非破壊同定法や残留圧力の計測、高圧下でのスペクトルその場観察などを習得する。 3.EPMA(電子線微小部分分析装置)分析(小澤) EPMA分析の原理を学び、火成岩試料を題材に、点分析、線分析、面分析を実習し、鉱物の化学組成データ処理方法を学習し、その結果から岩石野成因を考察する。 4.高分解能走査電子顕微鏡及び電子後方散乱回折 (小暮) 電界放射銃付走査電子顕微鏡(FE-SEM)による高倍・高分解能像の取り方や電子後方散乱回折(EBSD)による試料中の鉱物相同定や結晶方位の解析法などを実習する。 5.XRF分析(荻原) 灼熱減量が大きな堆積物試料の蛍光X線分析装置(XRF)分析法を習得する。まずガスバーナー、デシケーターなどの実験器具の基本的な使用法を復習し、堆積物試料の灼熱減量の測定、さらにXRF分析用ビードを作成する。最後にXRFによって組成を決定する。 6.XRD (荻原) X線回折は自然科学のあらゆる研究分野で広く利用されている。本実習では、実際の回折パターンの解析を通して、X線回折で何がどこまで分かるかを実感して もらい、その基礎となるX線回折パターンと結晶構造との関係を理解することを目的とする。 7.ICPMS (飯塚) 誘導結合プラズマ質量分析法の原理を学ぶ。実習では、微量元素定量分析を溶液試料及び固体試料(レーザーアブレーション試料導入法)について行う。 8. 加速器質量分析 (横山) 加速器質量分析法(AMS)の原理を学び、実習では実試料の分析を通して分析方法やデータ解析法を習得する。 The purpose of this exercise is to understand the principles of several physical and chemical analytical techniques for the earth and planetary materials, and give practical experiences of the analyses to the participants. The participants must select two analytical techniques or courses among eight; stable-isotope mass spectrometry, infra-red and Raman spectroscopy, electron probe microanalysis (EPMA), electron backscatter diffraction (EBSD), X-ray fluorescence (XRF), X-ray diffraction (XRD), Inductively coupled plasma mass spectrometry (ICPMS), and accelerator mass spectrometry (AMS). Each practice takes generally two days during the summer vacation. Due to the limitation of the number of participants for each course, the desire of the participants may not be satisfied. 1. Stable-isotope mass spectrometry Learning fundamentals and applications of stable isotope mass spectrometry. 2. Infra-red and Raman spectroscopy (Kagi) Learning fundamentals of vibration spectroscopy. For practice, micro spectroscopy will be applied to mineral inclusions. 3. Electron probe microanalysis (Ozawa) Leaning principles of electron probe microanalysis. For practice, chemical compositions of mineral samples will be measured with spot, line, and area analyses. Then, we learn how to process and get useful information from the obtained wt% data for each mineral. Based on the results, we will discuss about the petrogenesis. 4. High-resolution scanning electron microscopy and electron backscatter diffraction (EBSD) (Kogure) Lecture and Practice of high-resolution imaging with a field-emission scanning electron microscope (FE-SEM) and identification of minerals in SEM using electron backscatter diffraction (EBSD). 5. X-ray fluorescence (Ogihara) Lecture and practice for X-ray fluorescence (XRF). We will learn preparation and analytical methods of XRF analysis for sedimentary samples. 6. X-ray diffraction (Ogihara) Fundamentals and applications of X-ray diffraction (XRD). Learning the basic relation between crystal structure and XRD pattern. 7. inductively coupled plasma mass spectrometry (Iizuka) This course includes (1) lecture about fundamentals of inductively coupled plasma mass spectrometry (ICPMS); (2) actual analyses of solution and solid samples by ICPMS; and (3) data reduction and analysis. 8. Accelerator mass spectrometry (Yokoyama) Learning fundamentals and applications of accelerator mass spectrometry through lecture and actual analyses of samples.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
47100-26
物質系特別講義Ⅵ
Special Lecture on Advanced Materials Science Ⅵ
各教員
A2 水曜3限
Wed 3rd
Computational Fluid Dynamics (CFD) and Its Application

CFD is to use computer codes to solve a wide range of problems in natural phenomena and industrial processes. CFD is a tool to investigate and research a wide range of problems in fluid flow,heat and mass transfer. The present CFD course include as follows: (1) Introduction to CFD (2) The governing equations and boundary conditions (3) Solution method and an example (4) Application of CFD in refining of molten steel (5) Application of CFD in continuous casting of molten steel.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 柏 2F 物質系講義室 Kashiwa Campus 2F Adv.Mat.Sci. Lecture Room
講義使用言語 Language:英語 English
0515078
FSC-PH4B20L2
素粒子物理学
Particle Physics
大谷 航
OTANI, Wataru
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
素粒子物理学/ Particle Physics

反応断面積,対称性やDirac方程式などの素粒子物理の基礎的な概念を紹介し, QED, 弱い相互作用,電弱統一理論の解説をし,標準模型の成り立ちについて学ぶ。 随時,最新の素粒子実験の話題にも触れる。 First part will cover basic concepts and tools for particle physics e.g. cross sections, symmetries and Dirac equation. Second part will be lecture on Quantum Electrodynamics (QED), weak interaction, and electroweak unification, referring to important experimental data. Latest progress of particle physics experiments will be also introduced during lecture.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館西棟 207講義室 Faculty of Science Bldg.1 (west) Room#207
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
35603-0011
GSC-PH6B22L2
素粒子物理学III
Elementary Particle Physics III
山下 了
YAMASHITA, Satoru
S1S2 月曜4限
Mon 4th
素粒子物理学III Elementary Particle Physics III The Standard Model of Elementary Particle Physics and the beyond through related experimental achievements and plans

1) 素粒子物理学の標準理論をその確立に寄与した実験(検出器とデータ)を通して理解すること. Understanding of the Standard Model through related experimental achievements (detectors and data) 2) 標準理論を超えるより基本的な理論を探る最先端の研究を学ぶこと. Exploration of new physics beyond the SM by ongoing forefront researches

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
FEN-MA3e22L3
FEN-MA3e22L3
Introduction to Structural Materials
Introduction to Structural Materials
醍醐 市朗
Ichiro Daigo
A1A2 集中
Intensive 

In production and consumption of materials, structural materials are dominant. Technological development in materials industry affects significant positive impacts in broad end uses. A newly developed high performance materials fulfill higher design requirement, which makes more advanced product design possible. This class introduces production process of major materials and life cycle perspective on materials, especially structural materials. We discuss interactions amongst materials, finished products, economy, and environment in order to understand roles of materials in industrial metabolism. Global material flows and resource strategy are also introduced to give you a global vision on resources and materials.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工4号館 工41号講義室 Faculty of Engineering Bldg.4 #41
講義使用言語 Language:英語 English
0520022
FSC-AS4122L1
宇宙論
Cosmology
戸谷 友則
TOTANI, Tomonori
A1A2 木曜3限
Thu 3rd
宇宙論

約137億年前に超高温の火の玉として宇宙が誕生し、現在まで膨張を続けているとするビッグバン宇宙論は、宇宙全体の進化や成り立ちを考える宇宙論の標準理論として確立している。本講義では、ビッグバン宇宙論の基礎となる、一般相対性理論に基づく膨張宇宙の記述と標準宇宙モデルを解説し、宇宙初期の素粒子的世界から、天体形成を経て今日の豊かな階層構造を持つ宇宙へと進化する歴史を概観し、それらの観測的根拠を説明する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 1042 Faculty of Science Bldg.1 (center) 1042
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 15276 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account