ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31330
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (デジタル・ヒューマニティーズ ― 変貌する学問の地平 ―)
Academic Frontier Lecture Series
美馬 秀樹
Hideki Mima
S1S2 月曜5限
Mon 5th
デジタル・ヒューマニティーズ  ― 変貌する学問の地平 ―

コーディネータ:下田 正弘(文学部) ナビゲータ: 齋藤 希史(文学部) 概要:20世紀後半より急速に進展した情報通信技術革新は、知の保存、分析、交換という学問成立の根底をなす方法を変革するとともに、各国の大学・図書館・博物館等に個別に所蔵された知を、インターネットをとおした世界的地平に開き出しました。過去から継承された厖大な知を、この新地平にもたらし、次世代に向けた知創成の基盤とするため、世界の大学は、人文・社会・芸術の分野を中心に、デジタル・ヒューマニティーズ(人文情報学)という新分野を創成し、大きく変わりはじめています。文字・画像資料のアーカイブ・分析・発信・三次元モデル化、学術情報の整理・分析・構造化、マルチメディア・ヴァーチャルリアリティ・人工知能といった問題群を対象にし、領域の壁を超えた方法論的共有地として新たな大学の可能性を開きつつある最先端の研究動向を、それぞれの専門研究者がわかりやすく講義をいたします。 講義予定: ・第1回 4/9(月) 下田 正弘(文学部)  「あらたな人間学としてのデジタル・ヒューマニティーズへのいざない」 ・第2回 4/16(月) 影浦 峡(教育学部)  「データ志向AI時代における言語のデカルト的使用について」 ・第3回 4/23(月) 永崎 研宣(一般財団法人人文情報学研究所)  「デジタル時代のcriticism」 ・第4回 5/7(月) Albert Charles Muller(文学部)  「デジタル・ヒューマニティーズの歴史に於ける、XMLとTEIの役割」 ・第5回 5/14(月) 大向 一輝(国立情報学研究所)  「知識のインターネット」 ・第6回 5/21(月) 美馬 秀樹(大学総合教育研究センター)  「人工知能と自然言語処理技術を利用した人文知の構造化」 ・第7回 5/28(月) 丹羽 美之(大学院情報学環)  「アーカイブが変えるテレビ研究の未来」 ・第8回 6/4(月) 廣瀬 通孝(大学院情報理工学系研究科)  「VR2.0の世界」 ・第9回 6/11(月) 芳賀 京子(文学部)  「古代ギリシア・ローマ彫刻と先端技術」 ・第10回 6/18(月) 高岸 輝(文学部)  「デジタル・ヒューマニティーズと文化財」 ・第11回 6/25(月) 石田 英敬(教養学部)  「フロイトへの回帰:デジタル・ヒューマニティーズと無意識」 ・第12回 7/2(月) 齋藤 希史(文学部)  「デジタル・ヒューマニティーズと東アジアの人文学」 ・第13回 7/9(月) 下田 正弘(文学部)齋藤 希史(文学部)  「デジタル・ヒューマニティーズが照らす知の過去と未来」

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE West レクチャーホール 21 KOMCEE West Lecture Hall
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X500103
FAS-XA4D03S3
後期国際研修(3)
Global Praxis (Advanced) (3)
キハラハント 愛
KIHARA-HUNT Ai
S2 集中
Intensive 
国連システム評価 Evaluation of the United Nations Sytem

【注意】この授業は、開講日程の都合上、成績が所定の確認日より後に公開されることがあるので留意してください。 このプログラムは、履修学生が、国連に興味を持つ世界の学生と交流・意見交換をする場を設けるだけでなく、国連について研究する世界の名だたる研究者や国連事務次長を含む国連の高官から大学の学部生までが一同に会する、国連システム学術評議会(ACUNS)の年次会に参加することによって、グローバルな視野を構築し、ネットワークを広げることを目的とする。 2つの部分から成り立っている。一つはACUNS年次会の場において、全ての行程に参加し、その一つのテーマについて検証・報告することによって、国連のシステムについての理解を深めるとともに、同年次会で履修生の興味・研究テーマについて発表する機会を設けることにより、主に他国・他大学からの学生からフィードバックを受ける。もう一つは国連機関訪問である。ジュネーブにある国連機関を訪問し、職員に話を聴き意見交換をする。 In this program, students will have a good opportunity not only to exchange views with students overseas but also attend the largest academics and practitioners' gathering in the world: that is the Academic Council on the United Nations Sytem (ACUNS)'s annual meeting. ACUNS is a foum where United Nations officials at the Under Secretary-General level, other UN practitioners, academics, researchers and students from all over the world gather to exchange views. It is aimed that students gain a first-hand experience in attending the conference, presenting and exchanging views at the same time. There are two parts in this program. One is the above-mentioned ACUNS meeting in Rome between 12-14 July. The other part is to visit UN offices in Geneva to exchange views with high ranking officials and other academics. Offices to be visited are: UN Office in Geneva, UN Office of the High-Commissioner for Human Rights, UN High Commissioner for Refugees' office, International Office for Migration, and International Committee of Red Cross.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
40373
CAS-TC1400Z9
国際研修 (国連システム評価Evaluation of the United Nations Sytem)
Global Praxis
キハラハント 愛
KIHARA-HUNT Ai
S2 集中
Intensive 
国連システム評価 Evaluation of the United Nations Sytem

【注意】この授業は、開講日程の都合上、成績が所定の確認日より後に公開されることがあるので留意してください。 このプログラムは、履修学生が、国連に興味を持つ世界の学生と交流・意見交換をする場を設けるだけでなく、国連について研究する世界の名だたる研究者や国連事務次長を含む国連の高官から大学の学部生までが一同に会する、国連システム学術評議会(ACUNS)の年次会に参加することによって、グローバルな視野を構築し、ネットワークを広げることを目的とする。 2つの部分から成り立っている。一つはACUNS年次会の場において、全ての行程に参加し、その一つのテーマについて検証・報告することによって、国連のシステムについての理解を深めるとともに、同年次会で履修生の興味・研究テーマについて発表する機会を設けることにより、主に他国・他大学からの学生からフィードバックを受ける。もう一つは国連機関訪問である。ジュネーブにある国連機関を訪問し、職員に話を聴き意見交換をする。 In this program, students will have a good opportunity not only to exchange views with students overseas but also attend the largest academics and practitioners' gathering in the world: that is the Academic Council on the United Nations Sytem (ACUNS)'s annual meeting. ACUNS is a foum where United Nations officials at the Under Secretary-General level, other UN practitioners, academics, researchers and students from all over the world gather to exchange views. It is aimed that students gain a first-hand experience in attending the conference, presenting and exchanging views at the same time. There are two parts in this program. One is the above-mentioned ACUNS meeting in Rome between 12-14 July. The other part is to visit UN offices in Geneva to exchange views with high ranking officials and other academics. Offices to be visited are: UN Office in Geneva, UN Office of the High-Commissioner for Human Rights, UN High Commissioner for Refugees' office, International Office for Migration, and International Committee of Red Cross.

単位 Credit:2
教室 Room: その他(学内等) シラバス参照 Other (Outside Campus) See Syllabus
講義使用言語 Language:英語 English
30016
CAS-GC1B52L1
近現代史
Modern and Contemporary History
岡田 泰平
OKADA Taihei
S1S2 月曜1限
Mon 1st
世界史のなかの20世紀――東南アジアを中心に

【注意】この授業は、2014年度以前の入学者には、総合科目B系列 近現代史Ⅰ として開講される。  この授業では、20世紀の史的システムを東南アジア中心に考えることを目的としています。構想としては、21世紀のグローバリズムは20世紀の史的システムとは相当に異なったものとなってきているので、私たちの時代について考えるために、20世紀を振り返ろうというものです。基本的な枠組みは、意識―社会運動―制度という三項を軸とし、テーマ別に授業を進めていきます。ただし、テーマは一定程度、時間の流れに沿うように配置しました。  20世紀の史的システムと東南アジア世界に対する「理解を深める」ということを目的にしています。その際に、アメリカ、日本・韓国、中国といった東南アジア外の社会を参照軸とします。歴史学に関して前期課程の目標は、基本的には二つあると思っています。①歴史とは、細かい事象の記憶を試すものではなく、世界を把握する方法の一つであることを習得し、その上で歴史叙述を実践してみること。②多様な学術、探究対象がある中で、自らが関心のある方法・対象を発見していくこと。つまり本授業は、20世紀史、東南アジア史を対象として、歴史学という方法を学んでいくことになります。初年次・二年次の方が主たる受講者だと思いますので、他の授業、他の専攻を学ぶ上で役に立つように、大きな概念を導入し、授業の中心におくようにいたします。  私自身の専門は東南アジア史ですが、通常の近現代東南アジア史の講義授業ですと、幅広く各国史を紹介した上で、全体への参照するのですが、本授業では東南アジア各国史は時間の関係からあまり論じません。大きな世界史的流れの中の東南アジア的特徴を抽出し紹介するという方法をとります。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 162教室 Komaba Bldg.1 Room 162
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180001
FLE-XX4101L1
研究倫理入門
Introduction to Research Ethics
小松 美彦
Yoshihiko Komatsu
A1A2 金曜4限
Fri 4th
 研究倫理を多角的に考える

 「研究倫理」という学問分野には大別2種類の内容がある。ひとつは、データ捏造・論文盗用・研究費の流用など、研究者個人・集団の不正行為をめぐるものである。またひとつは、人体実験・軍事研究など、広く人道にかかわるものである。近年の日本の研究倫理の授業では、前者に焦点が当てられ、守るべきルールが教授されがちである。しかも、そこでは、ルールを守ることが即ち倫理と見なされる傾向にある。  しかし、文学部の開講科目である本授業は、それとは異なる内容となる。すなわち、前者の研究倫理を押さえたうえで、研究とルール(法)と倫理の関係を考察し、後者の研究倫理に重心を置く。具体的な事柄としては、STAP細胞問題、第二次大戦中のナチスと日本による人体実験、大戦後の総括の有無から今日に至る生命科学技術と軍事研究などを扱う予定である。そして、守るべきルールが守られず、非人道的に思われる研究が繰り返される全体構造を、そのなかで既存の生命倫理などが果たした役割とともに、歴史的に考察する。以上を通じて、一個の学問分野を多角的に検討する基本姿勢を身につけ、受講者一人ひとりが(研究)倫理について熟考する契機とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 314教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21180004
GHS-XX6A01L1
研究倫理入門
Introduction to Research Ethics
小松 美彦
Yoshihiko Komatsu
A1A2 金曜4限
Fri 4th
 研究倫理を多角的に考える

 「研究倫理」という学問分野には大別2種類の内容がある。ひとつは、データ捏造・論文盗用・研究費の流用など、研究者個人・集団の不正行為をめぐるものである。またひとつは、人体実験・軍事研究など、広く人道にかかわるものである。近年の日本の研究倫理の授業では、前者に焦点が当てられ、守るべきルールが教授されがちである。しかも、そこでは、ルールを守ることが即ち倫理と見なされる傾向にある。  しかし、人文社会系研究科の開講科目である本授業は、それとは異なる内容となる。すなわち、前者の研究倫理を押さえたうえで、研究とルール(法)と倫理の関係を考察し、後者の研究倫理に重心を置く。具体的な事柄としては、STAP細胞問題、第二次大戦中のナチスと日本による人体実験、大戦後の総括の有無から今日に至る生命科学技術と軍事研究などを扱う予定である。そして、守るべきルールが守られず、非人道的に思われる研究が繰り返される全体構造を、そのなかで既存の生命倫理などが果たした役割とともに、歴史的に考察する。以上を通じて、一個の学問分野を多角的に検討する基本姿勢を身につけ、受講者一人ひとりが(研究)倫理について熟考する契機とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 314教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291412
GEC-EC6413L1
欧州統合史
History of the European Integration
小野塚 知二
Tomoji Onozuka
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
欧州統合史

 本講義は、この1世紀ほど(19世紀末~21世紀初頭、すなわち現代)のヨーロッパにおける対立・摩擦と協調・統合の要因とその相互関係を分析し、アジアの状況と比較することにある。現代ヨーロッパ史のユニークな点は、それが激烈な対立を繰り返しながらも、長期的な趨勢としては確実に協調と統合の可能性を開拓してきたところにあり、第二次大戦後のヨーロッパ統合の進展過程やEUの現状に目を向ける際にも、摩擦、軋轢、齟齬、対立の側面を忘れることはできない。  ヨーロッパが趨勢として協調と統合の方向に向かってきたことは否定できないが、本講義はその過程を、理性的な統合思想と「統合の父たち」に彩られた予定調和的な歴史としては描かず、19世紀以来の社会、経済、政治、学術等々さまざまな領域における共通経験の長い蓄積に注目し、対立と協調に作用した経済的条件、社会的条件、政治的条件、および、それら諸条件の相互関係に論及する。そうすることによって、密接な経済的相互依存関係は政治的対立を防止するとか、近代の国民国家や国益概念が衰退して統合が進展したなどの通俗的見解を批判的に検討するとともに、アジア統合の可能性を考える際に必要な論点を探ることもできるであろう。  また、今年度は特に、ヨーロッパにおける通貨、財政、福祉社会の三面での危機と一連のEU離脱ないしEU懐疑派の動きにも注目して、その原因と発生態様について歴史研究の知見を用いて考察することにする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟 204演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M310-5020S
欧州統合史
History of European Integration
小野塚 知二
Tomoji Onozuka
S1 集中
Intensive 
欧州統合史

 本講義は、この1世紀ほど(19世紀末~21世紀初頭、すなわち現代)のヨーロッパにおける対立・摩擦と協調・統合の要因とその相互関係を分析し、アジアの状況と比較することにある。現代ヨーロッパ史のユニークな点は、それが激烈な対立を繰り返しながらも、長期的な趨勢としては確実に協調と統合の可能性を開拓してきたところにあり、第二次大戦後のヨーロッパ統合の進展過程やEUの現状に目を向ける際にも、摩擦、軋轢、齟齬、対立の側面を忘れることはできない。  ヨーロッパが趨勢として協調と統合の方向に向かってきたことは否定できないが、本講義はその過程を、理性的な統合思想と「統合の父たち」に彩られた予定調和的な歴史としては描かず、19世紀以来の社会、経済、政治、学術等々さまざまな領域における共通経験の長い蓄積に注目し、対立と協調に作用した経済的条件、社会的条件、政治的条件、および、それら諸条件の相互関係に論及する。そうすることによって、密接な経済的相互依存関係は政治的対立を防止するとか、近代の国民国家や国益概念が衰退して統合が進展したなどの通俗的見解を批判的に検討するとともに、アジア統合の可能性を考える際に必要な論点を探ることもできるであろう。  また、今年度は特に、ヨーロッパにおける通貨、財政、福祉社会の三面での危機と一連のEU離脱ないしEU懐疑派の動きにも注目して、その原因と発生態様について歴史研究の知見を用いて考察することにする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M310-5021S
欧州統合史
History of European Integration
小野塚 知二
Tomoji Onozuka
S2 集中
Intensive 
欧州統合史

 本講義は、この1世紀ほど(19世紀末~21世紀初頭、すなわち現代)のヨーロッパにおける対立・摩擦と協調・統合の要因とその相互関係を分析し、アジアの状況と比較することにある。現代ヨーロッパ史のユニークな点は、それが激烈な対立を繰り返しながらも、長期的な趨勢としては確実に協調と統合の可能性を開拓してきたところにあり、第二次大戦後のヨーロッパ統合の進展過程やEUの現状に目を向ける際にも、摩擦、軋轢、齟齬、対立の側面を忘れることはできない。  ヨーロッパが趨勢として協調と統合の方向に向かってきたことは否定できないが、本講義はその過程を、理性的な統合思想と「統合の父たち」に彩られた予定調和的な歴史としては描かず、19世紀以来の社会、経済、政治、学術等々さまざまな領域における共通経験の長い蓄積に注目し、対立と協調に作用した経済的条件、社会的条件、政治的条件、および、それら諸条件の相互関係に論及する。そうすることによって、密接な経済的相互依存関係は政治的対立を防止するとか、近代の国民国家や国益概念が衰退して統合が進展したなどの通俗的見解を批判的に検討するとともに、アジア統合の可能性を考える際に必要な論点を探ることもできるであろう。  また、今年度は特に、ヨーロッパにおける通貨、財政、福祉社会の三面での危機と一連のEU離脱ないしEU懐疑派の動きにも注目して、その原因と発生態様について歴史研究の知見を用いて考察することにする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0118561
FLA-PS2706L1
国際政治
International Politics
藤原 帰一
Kiichi Fujiwara
A1A2 火曜4限 木曜1限
Tue 4th Thu 1st
国際政治

国際政治分野の入門講義。国際政治において議論されてきた諸問題を、できるだけ幅広く網羅的に紹介することが目的である。学部二年次生を主な対象として行う講義であり、専門的な内容については三年次・四年次生向けに展開される他の科目に譲るものとする。大学入試において受験科目に世界史を選択したことは条件ではないが、17世紀から20世紀にかけての西洋史・東洋史に関する基礎知識が求められることはある。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 講堂 900教室 Komaba Lecture Theater 900 (Lecture Theatre)
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13498 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account