ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D281-0911T
認知行動科学演習II
Seminar on Cognitive and Behavior Sciences II
岡ノ谷 一夫
OKANOYA Kazuo
通年
Full Year (from Apr.)
月曜5限
Mon 5th
コミュニケーション行動の認知生物学

人間の意識・言語・感情はどう進化し、どのようなメカニズムで実現されているのか。言語と感情をコミュニケーション行動としてとらえ、人間と人間以外の動物で知られている事柄を最新文献より学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場3号館 211A室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0911T
認知行動科学演習II
Seminar on Cognitive and Behavior Sciences II
岡ノ谷 一夫
OKANOYA Kazuo
通年
Full Year (from Apr.)
月曜5限
Mon 5th
コミュニケーション行動の認知生物学

人間の意識・言語・感情はどう進化し、どのようなメカニズムで実現されているのか。言語と感情をコミュニケーション行動としてとらえ、人間と人間以外の動物で知られている事柄を最新文献より学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場3号館 211A室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21170953
生物心理学
Seminar in Biopsychology
岡ノ谷 一夫
OKANOYA Kazuo
通年
Full Year (from Apr.)
月曜5限
Mon 5th
生物心理学演習

人間の意識・言語・感情はどう進化し、どのようなメカニズムで実現されているのか。言語と感情をコミュニケーション行動としてとらえ、人間と人間以外の動物で知られている事柄を最新文献より学ぶ。

単位 Credit:4
教室 Room: 駒場その他(学内等) 駒場
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
23-301-06
学校教育研究と談話分析
Research on School Education and Discourse Analysis
藤江 康彦
FUJIE Yasuhiko
S1S2 月曜3限
Mon 3rd

談話分析に関する内外の文献を講読しながら、談話分析がどのような学問的背景をもち、どのように進められてきたかを理解するとともに、分析の視点や方法によって、談話分析によって学校を基盤とした教育実践研究をどのように進めていくことができるかについて考察する。 とりわけ、授業における言語的相互作用を中心的な研究対象とする文献を購読することで、談話分析を通して授業の構造、子どもの学習、教師の実践的知識の構造、それを支える社会文化的環境のありようについてどのようにとらえ、理論化していけるかを議論する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・159講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-154
リスクコミュニケーション/メディア対応演習
Exercise of Risk Communication and Media Correspondence
谷口 武俊
Taketoshi Taniguchi
A1A2 水曜
Wed 

「リスク認知とコミュニケーション」の講義において学んだ知識を踏まえた上で、特に将来のリーダーに求められる基本的スキルである、情報の収集能力、事例の分析能力、プレゼンテーション能力、ファシリテーション・コミュニケーション能力を身に付けることを目的とし、リスクコミュニケーションそしてメディア対応の演習を行う。 ** Purpose is to acquire the ability to collect information, ability to analyze cases, presentation skill, facilitation/communication skill, which are requisite for prospective leaders.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1124
FAS-CA4C24S3
表象メディア論演習
Seminar on Media and Representations
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 未定
To Be Arranged 
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
08X400102
FAS-XA4D01L1
横断型 University-wide
高度教養特殊講義(こころの総合人間科学特論)
Special Lectures of Liberal Arts for Advanced Students (Special Lecture on Human Integrative Science and Education of Mind)
小池 進介
KOIKE Shinsuke
A1A2 未定
To Be Arranged 
こころの多様性と適応を科学する(特論)

こころの問題は近年注目されており、うつ、発達障害、認知症といった精神医学的な視点から、いじめ、虐待などの社会問題まで、幅広くとりあげられるようになった。同時に、遺伝子改変や神経細胞刺激による神経活動や行動の変化、MRIや脳波を用いた脳構造・機能の検討、大規模調査や診療報酬明細書を用いた多変量統計モデリングなど、各分野でこころの問題の解明に向けて研究が進んでいる。こころの総合人間科学概論が、オムニバス形式のこころの科学に関わる最先端の研究を学習するのに対して、特論ではより臨床医学に即した研究や実践を学習する。  本講義は高度教養特殊講義であるが、昨年度とほぼ同程度の内容であるため、昨年度履修した学生は単位を認めない。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4915081
メディア表現論II
Media Practice II
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
メディア表現論 Media Practice

 ここでいう「メディア表現」とは、せまい意味でのアートやデザインの表現活動や作品を意味するのではなく、メディアに媒介されたより一般的な人々のコミュニケーション活動を、私たちが生きる社会文化的な文脈のもとで「表現」としてとらえて使っています。デジタル・メディア社会における人々の自己実現と、共同体の形成、維持、ネットワーク化のためには、メディア表現としてのコミュニケーション活動の充実を図ることが欠かせないと考え、このことについてみなさんと実践的に考えていきたいと思います。  授業はS1 タームのみ(月曜と木曜のそれぞれ2時限目に開講)。  メディア表現の実践を月曜に、思想や理論の講義や講読を木曜におこない、実践と思想を並行して進める予定です。いうまでもなく実践と思想は循環的な関係にあります。  実践編では、パラパラマンガづくり、デジタル・ストーリーテリング、マイクロ・ラジオなどを実際に制作します。部分的にグループワークとなります。制作物の発表・公表をおこない、情報学環のイベントやウェブサイトを通じて一般に向けて公開する予定です。  思想編では、フィールドワークに基づく実証的なメディア研究(メディア人類学)、メディア・リテラシー、市民のメディア表現をめぐる運動、実験などを含む実践的な手法に基づくメディア研究(批判的メディア実践)、オルタナティブ・メディアなどをめぐって講義と文献講読をおこないます。文献はおもに文化人類学、民俗学にかんするものとなる予定です。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08B0034
FAS-BA4A01S2
専門英語(34)
English for Research(34)
岡田 泰平
S1S2 月曜5限
Mon 5th
21世紀からみた東南アジア史

本講義では、最近の英文東南アジア通史から学ぶことにより、東南アジア史についての基本的理解を深めるとともに、日本語東南アジア史研究との差異にも注目していきます。東南アジアの自然から始まり21世紀までカバーしますが、とりわけ19世紀末から20世紀中ごろまでの植民地主義と後半の脱植民地化を中心に扱います。近代植民地主義とそれに対するナショナリズムという枠組みを詳細に触れます。そうすることにより、21世紀の東南アジア世界に対する様々な研究関心にも対応できるようにします。 In this course, by going through a recent book on Southeast Asia history in English, students will deepen their basic understanding on this region as well as compare it with Japanese scholarship on Southeast Asia. This course covers from natural environment to the 21st century. We will especially focus on modern colonialism and anti-colonial struggles from the late 19th century to the mid-20th century. By doing so, I hope to make this class pertinent to those who have interest in the issues of the 21st century South East Asia ・歴史学の方法 (Historical Methods) ・東南アジア全史に対する基本的理解 (Inculcating basic understanding on Southeast Asia History) ・東南アジアの文脈からの、20世紀から現在における植民地主義―脱植民地化―国民国家樹立―21世紀型グローバリズムという構造の捉えなおし (Reflection on the process of Colonialism-Decolonization-Nation States-21st century globalism from the beginning of the 20th century to now) ・東南アジアの文脈からみた、21世紀型グローバリズムの把握 (Understanding 21st globalism in the context of Southeast Asia) ・東南アジア史における、移動と定住、さらにはこの力学から生じるアイデンティティに対する理解(Learning from the dynamics of movement and settlement in Southeast Asian History and understanding the identity of people in this region from these dynamics)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08C2825
FAS-CA4Q20S2
東南アジア地域研究演習
Culture and Society in South East Asia (Seminar)
岡田 泰平
S1S2 月曜5限
Mon 5th
21世紀からみた東南アジア史

本講義では、最近の英文東南アジア通史から学ぶことにより、東南アジア史についての基本的理解を深めるとともに、日本語東南アジア史研究との差異にも注目していきます。東南アジアの自然から始まり21世紀までカバーしますが、とりわけ19世紀末から20世紀中ごろまでの植民地主義と後半の脱植民地化を中心に扱います。近代植民地主義とそれに対するナショナリズムという枠組みを詳細に触れます。そうすることにより、21世紀の東南アジア世界に対する様々な研究関心にも対応できるようにします。 In this course, by going through a recent book on Southeast Asia history in English, students will deepen their basic understanding on this region as well as compare it with Japanese scholarship on Southeast Asia. This course covers from natural environment to the 21st century. We will especially focus on modern colonialism and anti-colonial struggles from the late 19th century to the mid-20th century. By doing so, I hope to make this class pertinent to those who have interest in the issues of the 21st century South East Asia ・歴史学の方法 (Historical Methods) ・東南アジア全史に対する基本的理解 (Inculcating basic understanding on Southeast Asia History) ・東南アジアの文脈からの、20世紀から現在における植民地主義―脱植民地化―国民国家樹立―21世紀型グローバリズムという構造の捉えなおし (Reflection on the process of Colonialism-Decolonization-Nation States-21st century globalism from the beginning of the 20th century to now) ・東南アジアの文脈からみた、21世紀型グローバリズムの把握 (Understanding 21st globalism in the context of Southeast Asia) ・東南アジア史における、移動と定住、さらにはこの力学から生じるアイデンティティに対する理解(Learning from the dynamics of movement and settlement in Southeast Asian History and understanding the identity of people in this region from these dynamics)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9944 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account