ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
03-403070
横断型 University-wide
メディアコンテンツ特別講義I
Special Lectures on Media Contents 1
相澤 清晴
Kiyoharu Aizawa
S1S2 金曜6限
Fri 6th

ネットビジネスの実際のコンテンツを中心として、ウェブ検索技術や新しいコンテンツ創造の場として注目を集めているソーシャルメディアなど最先端の技術とサービスについて学び、また、それらを活用した情報ビジネスの現状と未来について講義を行う。

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工213号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6371
知的財産法
Intellectual Property Law
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜3限 金曜5限
Tue 3rd Fri 5th
知的財産法

 情報化社会の不可欠の法的インフラをなす知的財産法の十分な理解は、現代の法律家にとって必須のものとなっている。  本授業は、知的財産法につき、重要論点を中心として、基礎理論とその応用能力の双方を確実に習得させることを目的としている。後記の判例教材を用いて、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法特有の法的思考力・表現力等の涵養を図る。  知的財産法の二本の柱というべき特許法(工業所有権法の代表格)と著作権法に重点を置く。

単位 Credit:4
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 101号室
講義使用言語 Language: Japanese
25-302-54
知的財産法
Intellectual Property Law (Special Study)
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜3限 金曜5限
Tue 3rd Fri 5th
知的財産法

 情報化社会の不可欠の法的インフラをなす知的財産法の十分な理解は、現代の法律家にとって必須のものとなっている。  本授業は、知的財産法につき、重要論点を中心として、基礎理論とその応用能力の双方を確実に習得させることを目的としている。後記の判例教材を用いて、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法特有の法的思考力・表現力等の涵養を図る。  知的財産法の二本の柱というべき特許法(工業所有権法の代表格)と著作権法に重点を置く。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 101号室、法学政治学系総合教育棟 201号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1124
FAS-CA4C24S3
表象メディア論演習
Seminar on Media and Representations
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:英語 English
0117401
FLA-PL4501L1
知的財産法
Intellectual Property Law
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
A1A2 月曜3限 木曜2限
Mon 3rd Thu 2nd
知的財産法

 情報化社会の基盤となる法的インフラというべき知的財産法の十分な理解は、現代社会において活躍しようとするすべての法律関係者にとって不可欠なものとなっている。  知的財産法の二本の柱は、工業所有権法(産業財産権法)と著作権法であるが、本講義では、工業所有権法の代表格である特許法と、著作権法を中心として扱う。  基本的な面を中心に講義するが、研究・実務の最先端の論点を含めて、今日的なテーマに重点を置く。また、知識の習得よりも、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法的な思考方法の涵養に力点を置く。理論面を中心とするが、適宜、実務面も加味する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 22番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6641
情報法
Information Law
山口 いつ子
Itsuko Yamaguchi
A1A2 月曜3限
Mon 3rd

 近年、私たちを取り巻く情報環境のユビキタス化やスマート化が進展し、さらに人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)等の先端的技術の社会応用がグローバルな規模で進む中で、社会において情報が自由に流れることの意義とは何であろうか。そもそも、この自由は、いかなる価値や原理によって支えられているのか。そして、この自由に対する規制が許されるべき場合というのは、誰がどのような判断基準や根拠をもって決めるのか。また、そこでの規制の方法・手段として最適なものは何か。さらに、例えば、個人情報や知的財産の保護は、自由な情報流通という要請と衝突するものであろうか。  この授業では、これらの問いかけの下で、情報と法をめぐる多岐にわたる課題のうち、幾つかの具体的なトピックを取り上げ、受講生との積極的な質疑応答を行いながら、解説を加えていく。また、例えば、EU法における「忘れられる権利」や、アメリカ著作権法の下でのフェアユースとグーグル・ブックス訴訟といった、情報技術の進展に伴って現在進行形で解決策が模索されている新たな争点についても、比較法的観点を取り入れつつ、受講生と議論を行うこととしたい。  こうした作業を通じて、情報の自由・規制・保護のあり方をめぐる諸課題の解決において考慮されるべき基底的な価値原理、並びに、拮抗する諸価値間の微妙な調整を図るための概念及び論理技術について、検討することを目指している。受講生には、授業への積極的な参加を期待している。  授業の詳細な内容・方法は、第1回のイントロダクションで説明する。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 102号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4890-1067
GCL情報理工学特別講義Ⅰ(メディアコンテンツ特別講義)
GCL Special Lecture in Information Science and Technology Ⅰ
相澤 清晴
Kiyoharu Aizawa
S1S2 金曜6限
Fri 6th
メディアコンテンツ特別講義I

ネットビジネスの実際のコンテンツを中心として、ウェブ検索技術や新しいコンテンツ創造の場として注目を集めているソーシャルメディアなど最先端の技術とサービスについて学び、また、それらを活用した情報ビジネスの現状と未来について講義を行う。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工213号講義室
講義使用言語 Language: Japanese
08D1408
FAS-DA4F08L3
環境史・環境哲学
Environmental History and Philosophy
橋本 毅彦
HASHIMOTO Takehiko
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
Foundations of Environmental Sciences

The course consists of sessions on environmental history and environmental philosophy. It is also planned to include a one-day field trip.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1224教室 Komaba Bldg.12 Room 1224
講義使用言語 Language:英語 English
25-301-01
情報法
Constitutional Law (Special Study)
山口 いつ子
Itsuko Yamaguchi
A1A2 月曜3限
Mon 3rd

 近年、私たちを取り巻く情報環境のユビキタス化やスマート化が進展し、さらに人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)等の先端的技術の社会応用がグローバルな規模で進む中で、社会において情報が自由に流れることの意義とは何であろうか。そもそも、この自由は、いかなる価値や原理によって支えられているのか。そして、この自由に対する規制が許されるべき場合というのは、誰がどのような判断基準や根拠をもって決めるのか。また、そこでの規制の方法・手段として最適なものは何か。さらに、例えば、個人情報や知的財産の保護は、自由な情報流通という要請と衝突するものであろうか。  この授業では、これらの問いかけの下で、情報と法をめぐる多岐にわたる課題のうち、幾つかの具体的なトピックを取り上げ、受講生との積極的な質疑応答を行いながら、解説を加えていく。また、例えば、EU法における「忘れられる権利」や、アメリカ著作権法の下でのフェアユースとグーグル・ブックス訴訟といった、情報技術の進展に伴って現在進行形で解決策が模索されている新たな争点についても、比較法的観点を取り入れつつ、受講生と議論を行うこととしたい。  こうした作業を通じて、情報の自由・規制・保護のあり方をめぐる諸課題の解決において考慮されるべき基底的な価値原理、並びに、拮抗する諸価値間の微妙な調整を図るための概念及び論理技術について、検討することを目指している。受講生には、授業への積極的な参加を期待している。  授業の詳細な内容・方法は、第1回のイントロダクションで説明する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 102号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D1010
FAS-DA4B12S3
科学哲学演習IV
Philosophy of Science and Technology IV (Seminar)
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10201 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account