ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
03-542042
認識行動システム論第二
Cognitive and Behavioral Systems 2
生田 幸士
Koji Ikuta
S1S2 水曜1限
Wed 1st

先進的な生体医工学、福祉機械の研究開発の基礎的手法と具体的な新原理、新概念の医工学を講義、習得させる。

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工61号講義室 Faculty of Engineering Bldg.6 #61
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1124
FAS-CA4C24S3
表象メディア論演習
Seminar on Media and Representations
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:英語 English
3799-021
先端技術特別講義I
Frontier of Technology Ⅰ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4951L1
FEN-CO4951L1
先端技術と社会特別講義I(奇数年開講)
Frontier of Technology UG I
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しい。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合力による活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供する。このために、企業の第一線で技術開発・導入に携わっている技術リーダを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただく。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、薪しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか、等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援する。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04176801
FLE-XX4K01L1
共通 Common
〈偶然〉という回路
The Asahi Lectures: Chance as a way of inquiry
渡部 泰明
Yasuaki Watanabe
A1A2 水曜5限
Wed 5th
〈偶然〉という回路

 私たちは、偶然に取り囲まれ、偶然に振り回されて生きている――少なくともたいがいはそう思って生きています。一方、研究に求められる知性は、偶然性を排し、偶然に見える事柄の奥に隠された必然を見いだすことに求められる、としばしば言われます。では、偶然と知性は、まったく相容れないものなのでしょうか。 私たちが偶然と名づけているものが、予測不可能に見えるこの世の現実の手触りだとすれば、偶然とはどういうものかと目をこらすことは、知の営みを現実へと新たにつなぎ合わせることになりはしないでしょうか。たとえば、縁や運や宿命、あるいはたまたまの遭遇がもたらす喜怒哀楽といった、いかにも人間くさい事柄に学問的にアプローチしたらどうなるか、などということです。なにかと孤立して見える偶然を、むしろ現実のリアリティへと接近する回路にしたいという思いなのです。  本年度の朝日講座では、それぞれの学問分野や実業界を担う先生方から、「偶然とは何か、そこから何か見えてくるか」という観点にもとづいた講義を行っていただきます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C130102
FAS-CA4E01L1
現代哲学(2)
Contemporary Philosophy (2)
野矢 茂樹
NOYA Shigeki
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
知覚と感覚における実在と他者の問題

知覚と感覚における実在と他者についての哲学問題を考察する

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 522教室 Komaba Bldg.5 Room 522
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X000104
FAS-XA4A01L1
超域文化科学高度教養(現代哲学)
Advanced Liberal Arts in Interdisciplinary Cultural Studies (Contemporary Philosophy)
野矢 茂樹
NOYA Shigeki
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
知覚と感覚における実在と他者の問題

知覚と感覚における実在と他者についての哲学問題を考察する

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 522教室 Komaba Bldg.5 Room 522
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D1408
FAS-DA4F08L3
環境史・環境哲学
Environmental History and Philosophy
橋本 毅彦
HASHIMOTO Takehiko
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
Foundations of Environmental Sciences

The course consists of sessions on environmental history and environmental philosophy. It is also planned to include a one-day field trip.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1224教室 Komaba Bldg.12 Room 1224
講義使用言語 Language:英語 English
0515090
FSC-PH4E22L1
生物物理学特論II
Advanced Biophysics II
能瀬 聡直
Akinao Nose
S1S2 金曜4限
Fri 4th

生体は,分子・細胞・個体といった複数の階層からなる複雑なシステムであり,これらの階層の研究と階層間をつなぐ研究がおこなわれている.講義では,実験生物物理学における各階層の最新の研究とその背景にある物理的基礎を概説する.  個体レベルは酒井が担当する.言語に規則があるのは,人間が規則的に言語を作ったためではなく,言語が自然法則に従っているためである.「人間に特有な言語能力は,脳の生得的な性質に由来する」と半世紀にわたって主張してきたのは,言語学者のノーム・チョムスキーであった.脳における言語機能の分析は,実験の積み重ねとMRI技術などの向上によって進歩を遂げてきた.本講義では,脳科学から心と言語の問題へのアプローチを紹介しながら,物理学に基礎を置く考え方について力説する.  次に細胞レベルは能瀬が担当する.言語など人に固有の脳高次機能からあらゆる動物に共通する感覚行動制御に至るまで,脳神経系の働きはその構成要素である神経細胞(ニューロン)によって担われている.本講義ではまず脳情報処理の素子としての神経細胞の機能について概説し,さらに,神経細胞が構成する神経ネットワークがいかにして感覚情報処理や運動制御を実現するのかについて議論する.特に,近年開発された光遺伝学(光による神経活動操作技術),神経活動イメージング,回路構造決定法(コネクトミクス)等の革新的技術が全脳の活動や個体の行動を細胞レベルで理解することを可能にしつつあることを紹介する.  最後に分子レベルは陶山が担当する.DNAコンピュータはDNAの分子反応を利用して計算を行う分子システムである.電子コンピュータとは異なり,生命システムとの親和性が高く,また分子を直接入出力することもできる.そのため,超並列計算機として誕生したDNAコンピュータであるが,現在では生命科学や材料科学分野での利用が期待されている.本講義では,はじめに,DNAコンピュータの基本原理とその物理的基礎を講説する.その後,DNAコンピュータの利用例を紹介する.超並列計算によるNP完全問題の解法,DNA計算によるゲノム解析と遺伝子診断および人工遺伝子ネットワークの構築と進化分子工学,細胞内DNAコンピュータ,DNA計算を用いたナノ構造体とナノデバイスの構築などについて概説する. A living organism is a complex system consisting of many layers such as molecules, cells and individuals. You will learn the recent research works on the layers and their physical background. The individual level will be covered by Prof. Sakai. There are rules in language, not because humans made language regularly, but because language obeys natural laws. Noam Chomsky, a linguist, has claimed for more than a half century that the language faculty unique to humans derives from the innate properties of the brain. Analyses of language functions in the brain have been developed by a number of experiments and the improvement of MRI techniques, etc. In my lecture, I will emphasize the ideas based on physics, while introducing various approaches from neuroscience to problems on mind and language.  Next, the cell level will be covered by Prof. Nose. From higher brain function unique to humans, such as language, to sensory-motor processing common to all animals, all brain functions are achieved by the component neurons. In this lecture, biophysics of neurons as the unit of brain information processing will be first introduced. We will then discuss how neural networks composed of multiple neurons process sensory inputs and generate specific animal behaviors. Particular emphasis will be placed on recent technological innovations such as optogenetics, cellular brain imaging and connectomics, which are now enabling the analyses of the whole brain activities and animal behavior at the cellular level. Finally, the molecular level will be covered by Prof. Suyama. A DNA computer is a molecular system that performs computation using molecular reactions of DNA. Unlike an electronic computer, a DNA computer is compatible with living systems, and can input and output molecules directly. Thus, a DNA computer is expected to be useful in biological sciences and materials science, while it was born as a massively parallel computer using a bunch of DNA molecules. In this course of lectures, at the beginning, you will learn the principles and the physical basis of DNA computers. Then, applications of DNA computers will be outlined: massively parallel computation to solve the NP-complete problem, DNA computer-based genome analysis, genetic diagnosis, synthesis of gene regulatory networks and evolutionary molecular technology, in vivo DNA computers, and construction of DNA nanostructures and devices using DNA computation.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35603-0051
生物物理学II
Biophysics II
能瀬 聡直
Akinao Nose
S1S2 金曜4限
Fri 4th

生体は,分子・細胞・個体といった複数の階層からなる複雑なシステムであり,これらの階層の研究と階層間をつなぐ研究がおこなわれている.講義では,実験生物物理学における各階層の最新の研究とその背景にある物理的基礎を概説する.  個体レベルは酒井が担当する.言語に規則があるのは,人間が規則的に言語を作ったためではなく,言語が自然法則に従っているためである.「人間に特有な言語能力は,脳の生得的な性質に由来する」と半世紀にわたって主張してきたのは,言語学者のノーム・チョムスキーであった.脳における言語機能の分析は,実験の積み重ねとMRI技術などの向上によって進歩を遂げてきた.本講義では,脳科学から心と言語の問題へのアプローチを紹介しながら,物理学に基礎を置く考え方について力説する.  次に細胞レベルは能瀬が担当する.言語など人に固有の脳高次機能からあらゆる動物に共通する感覚行動制御に至るまで,脳神経系の働きはその構成要素である神経細胞(ニューロン)によって担われている.本講義ではまず脳情報処理の素子としての神経細胞の機能について概説し,さらに,神経細胞が構成する神経ネットワークがいかにして感覚情報処理や運動制御を実現するのかについて議論する.特に,近年開発された光遺伝学(光による神経活動操作技術),神経活動イメージング,回路構造決定法(コネクトミクス)等の革新的技術が全脳の活動や個体の行動を細胞レベルで理解することを可能にしつつあることを紹介する.  最後に分子レベルは陶山が担当する.DNAコンピュータはDNAの分子反応を利用して計算を行う分子システムである.電子コンピュータとは異なり,生命システムとの親和性が高く,また分子を直接入出力することもできる.そのため,超並列計算機として誕生したDNAコンピュータであるが,現在では生命科学や材料科学分野での利用が期待されている.本講義では,はじめに,DNAコンピュータの基本原理とその物理的基礎を講説する.その後,DNAコンピュータの利用例を紹介する.超並列計算によるNP完全問題の解法,DNA計算によるゲノム解析と遺伝子診断および人工遺伝子ネットワークの構築と進化分子工学,細胞内DNAコンピュータ,DNA計算を用いたナノ構造体とナノデバイスの構築などについて概説する. A living organism is a complex system consisting of many layers such as molecules, cells and individuals. You will learn the recent research works on the layers and their physical background. The individual level will be covered by Prof. Sakai. There are rules in language, not because humans made language regularly, but because language obeys natural laws. Noam Chomsky, a linguist, has claimed for more than a half century that the language faculty unique to humans derives from the innate properties of the brain. Analyses of language functions in the brain have been developed by a number of experiments and the improvement of MRI techniques, etc. In my lecture, I will emphasize the ideas based on physics, while introducing various approaches from neuroscience to problems on mind and language.  Next, the cell level will be covered by Prof. Nose. From higher brain function unique to humans, such as language, to sensory-motor processing common to all animals, all brain functions are achieved by the component neurons. In this lecture, biophysics of neurons as the unit of brain information processing will be first introduced. We will then discuss how neural networks composed of multiple neurons process sensory inputs and generate specific animal behaviors. Particular emphasis will be placed on recent technological innovations such as optogenetics, cellular brain imaging and connectomics, which are now enabling the analyses of the whole brain activities and animal behavior at the cellular level. Finally, the molecular level will be covered by Prof. Suyama. A DNA computer is a molecular system that performs computation using molecular reactions of DNA. Unlike an electronic computer, a DNA computer is compatible with living systems, and can input and output molecules directly. Thus, a DNA computer is expected to be useful in biological sciences and materials science, while it was born as a massively parallel computer using a bunch of DNA molecules. In this course of lectures, at the beginning, you will learn the principles and the physical basis of DNA computers. Then, applications of DNA computers will be outlined: massively parallel computation to solve the NP-complete problem, DNA computer-based genome analysis, genetic diagnosis, synthesis of gene regulatory networks and evolutionary molecular technology, in vivo DNA computers, and construction of DNA nanostructures and devices using DNA computation.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10498 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account