ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
4915080
メディア表現論I
Media Practice I
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
メディア表現論 Media Practice

 ここでいう「メディア表現」とは、せまい意味でのアートやデザインの表現活動や作品を意味するのではありません。メディアに媒介された、一般的な人々のコミュニケーション活動を、私たちが生きる社会文化的な文脈のもとで「表現」ととらえて使っています。デジタル・メディア社会における人々の自己実現と、共同体の形成、維持、ネットワーク化のためには、メディア表現としてのコミュニケーション活動の充実を図ることが欠かせないと考え、このことについてみなさんと実践的に考えていきたいと思います。そのことは必然的に、デジタル時代のメディア・リテラシーについての実践や研究にも結びつくことになります。したがってこの授業はメディア表現とメディア・リテラシーの両方を射程に入れたものになります。  授業はS1 タームのみ(月曜と木曜のそれぞれ2時限目に開講)。  メディア表現、あるいはメディア・リテラシーの実践的なグループ活動を月曜におこない(実践編)、それらに関する思想や理論の講義や講読を木曜におこないます(思想編)。すなわち実践と思想を並行して進める予定です。いうまでもなく実践と思想は循環的な関係にあり、最終的にはそれらを総合したかたちでのグループ活動の成果発表をしてもらいます。  実践編の具体的な活動内容は、授業に参加する学生らの面構えと人数などを見て決めます。2017年度は「memories×History」というメディアをめぐる記憶と歴史についてのワークショップをおこないました。16年度はデジタル・ストーリーテリング「メディア・コンテ」をおこない、各自の作品を制作しました。15年度は微弱電波ラジオづくりをおこないました。  実践活動は基本的にグループワークで進め、なんらかの制作物の発表・公表をおこない、情報学環のイベントやウェブサイトを通じて一般に向けて公開することまで考えています。  思想編では、メディア・リテラシー、市民のメディア表現をめぐる運動や実験などを含む実践的な手法に基づくメディア研究(批判的メディア実践)、オルタナティブ・メディアなどをめぐって講義と文献講読をおこないます。  この授業の目標を箇条書きにすると次のようになります。  メディア論、メディア・リテラシー、コミュニケーション論の領域で、理論や思想(批判的人文知)と実践やデザイン(創造的デザイン知)を架橋することの意義や、そのための方法の基本を体得すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5140503
GPP-MP6Z40S1
事例研究(アメリカ政治におけるメディアの役割)
Case Study (Media's Role in American Politics)
久保 文明
Fumiaki Kubo
A1A2 火曜3限
Tue 3rd

アメリカ政治においていわゆるマス・メディアが果たす役割について、アメリカ政治の基本を把握しつつ、その歴史、性格、最新の状況について理解することを目標とする。日本との異同についても検討する。インタビューの技術などについても、日米の違いも踏まえつつ、解説し、記事の書き方について実践する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室C International Academic Research Bldg. Seminar Room C
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5121222
GPP-MP6L20L1
法社会学演習:マスメディアと法
Sociology of Law Seminar: Mass Media and the Law
FOOTE DANIEL HARRING
FOOTE DANIEL HARRINGTON
A1A2 水曜5限
Wed 5th
法社会学演習:マスメディアと法

本演習では,日本と米国を比較対象として,マスメディアと法の関係を探る。次のようなテーマを取り上げる予定である:新聞やテレビニュースの法律関係の話題の報道のしかた;法報道の社会に対するインパクト;テレビドラマ、映画、小説、漫画等のいわゆる大衆文化(popular culture)における法現象の取り上げ方とその影響;裁判報道その他の法報道の制約;情報公開;報道機関の組織(記者クラブ等)とその影響等。日本と米国の判例,著書,論文等に加えて,新聞記事,テレビニュース,ドラマ、映画等の具体例を紹介し、議論する予定である。ゲストスピーカーを呼んでの議論も予定している。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 404号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4972010
Information, Technology, and Society in Asia 201
Information, Technology, and Society in Asia 201
KARLIN JASON GREGORY
KARLIN JASON GREGORY
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
"Introduction to Media and Communication" ITASIA 201 (Lecture/Methods)

This graduate-level introductory course provides an overview of developments and approaches to media and communication studies. The course is comprised of lectures that aim to demonstrate methodologies and approaches to media analysis. The lectures broadly cover the following four areas: journalism and democracy, mass culture and cultural studies, internet and social media, and globalization and political communication.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 学際情報学府本館6階・実験室
講義使用言語 Language:英語 English
08C1121
FAS-CA4C21L1
表象文化論特殊講義I
Lecture on Special Topics I
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 未定
To Be Arranged 
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D283-0132A
科学技術基礎論I
Seminar on Foundations of Science and Technology I
鈴木 貴之
SUZUKI Takayuki
A1A2 未定
To Be Arranged 
心の哲学の諸問題:意識と知覚

この授業では、意識と知覚に関連する問題を論じた心の哲学の基本文献を講読します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M283-0132A
科学技術基礎論I
Seminar on Foundations of Science and Technology I
鈴木 貴之
SUZUKI Takayuki
A1A2 未定
To Be Arranged 
心の哲学の諸問題:意識と知覚

この授業では、意識と知覚に関連する問題を論じた心の哲学の基本文献を講読します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D360-0010A
Foundations of Environmental Sciences I
Foundations of Environmental Sciences I
橋本 毅彦
HASHIMOTO Takehiko
A1A2 未定
To Be Arranged 
Foundations of Environmental Sciences

The course consists of sessions of such themes as environmental history, historical development of power network, environmental philosophy and environmental ethics.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
31M360-0010A
Foundations of Environmental Sciences I
Foundations of Environmental Sciences I
橋本 毅彦
HASHIMOTO Takehiko
A1A2 未定
To Be Arranged 
Foundations of Environmental Sciences

The course consists of sessions of such themes as environmental history, historical development of power network, environmental philosophy and environmental ethics.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
25-304-13
GLP-LP6301S1
世論と投票行動
Political Science (Special Study)
前田 幸男
Yukio Maeda
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
世論・マスメディア・SNS

 演習の目標は、受講者が世論・政治コミュニケーション研究分野において独自の研究をするために必要な基礎知識を身につけること、および、修士課程の学生については、研究上必要な英文速読能力を習得することに置く。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 A1演習室
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10841 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account