ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04173207
FLE-LC4S11L1
フランス語圏言語文化
Language and Culture of the Francophone World
野崎 歓
Kan Nozaki
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
フランス文学と映画

フランス映画のたどった道のりを具体例をとおして把握し、社会・文化の状況との関連においてフランス映画史のなりたちを理解するとともに、そこで文学との相関関係がもった意味を考えることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 319教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1102
FAS-CA4C02S4
表象文化基礎論演習
Seminar on the Principles of Cultural Representations
刈間 文俊
KARIMA Fumitoshi
S1S2 月曜5限
Mon 5th
中国映画の諸問題

中国映画を題材に映画をとりまく状況について検討する。中国は、経済大国化とともにそのひずみが拡大化し、バブルの崩壊がささやかれるなど、転換期を迎えている。その一方で、ハリウッド映画にとっては世界第二の市場であり、戦後70年の今年は米中合作映画の製作も進んでいる。大作時代の中国にあって、中国の映画状況は、この間大きな変貌を遂げてきた。中国映画史を検証しつつ、中国の映像文化について考えて見たい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語/中国語 Japanese/Others
04173812
FLE-LC4V04L1
近代文学特殊講義
Topics in Modern Literatures
阿部 賢一
ABE Kenichi
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
ボフミル・フラバル研究(2)

中欧の作家ボフミル・フラバルの初期短編を訳出しながら、フラバルの作品世界を堪能する。とりわけ、テクスト読解を通して、フラバルの小説世界を、チェコだけではなく、中欧文学の文脈に位置づけることを試みる。なお、テクストは、チェコ語の原文および英訳を用いるので、いずれかの言語の知識があればよい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 文学部3号館 スラヴ演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04170662
FLE-PR4F10L1
原典講読
Critical Reading of Source Texts
木村 建哉
S1S2 水曜4限
Wed 4th
映画学・映画理論のフランス語文献の講読

フランス語で書かれた映画学文献・映画理論文献を講読することで、フランス語での理論的文献の基本的な読解能力を身に付けるとともに、映画学・映画理論の初歩的な知識を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 317教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04173005
FLE-LC2Q22L2
英語学英米文学特殊講義I
Topics in English Language and English & American Literature I
大橋 洋一
Yoichi Ohashi
A1A2 月曜4限
Mon 4th
英語学英米文学入門

英文科へ進学が内定している2年生を念頭において、英米文学と英語学の研究世界を垣間見るために、各分野の基本的な考え方やその由来や意義を、古典的な文献や作品、またそのアダプテーションなどを参照しながら説明していきます。今回は、英文学、米文学の2分野の授業をリレー式で行ないます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 314教室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
21173705
ボフミル・フラバル研究(2)
Studies om Bohumil Hrabal II
阿部 賢一
ABE Kenichi
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
ボフミル・フラバル研究(2)

中欧の作家ボフミル・フラバルの初期短編を訳出しながら、フラバルの作品世界を堪能する。とりわけ、テクスト読解を通して、フラバルの小説世界を、チェコだけではなく、中欧文学の文脈に位置づけることを試みる。なお、テクストは、チェコ語の原文および英訳を用いるので、いずれかの言語の知識があればよい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 文学部3号館 スラヴ演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21176403
韓国朝鮮語運用法2
Topics in Advanced Korean 2
李 亨眞
LEE Hyungjin
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
韓国朝鮮語運用法2

日本と韓国の間の交流が活発になったことによって文学作品の相互翻訳はもちろんだが、日本の原作小説や映画やドラマが韓国でリメークされたり、逆に、韓国の原作小説や映画やドラマが日本でリメークされている場合が急激に増えている。 本授業では韓国語に翻訳された奧田英朗の<サウスバウンド>を日本語原文と比較しながら読むことで、翻訳の可能性と難点について考察する。そしてこの小説を原作にして日本で作られた映画と韓国で作られた映画を比較する。 さらに、受講生の発表を通じて同一のコンテンツが韓国と日本でどうやってリメークされるかを多様に見る。そしてその共通点と差異について議論することにより、日本文化と韓国文化に対するより深い理解に到達しようとする。 昨今の韓国の小説、文芸評論、映画、テレビドラマなどを講読・鑑賞し、その感想を文章で表現する練習を通して、韓国語作文能力の向上を目指す。受講者は、毎週与えられる小説、文芸評論、映画、テレビドラマなどの題材について、その内容を要約したうえで、自身の見解を盛り込んで作文課題を遂行する。担当教員は受講者の作文に対して添削と論評を行い、これにもとづいて受講者全員が討論を行う。授業は韓国語で行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 赤門723
講義使用言語 Language:韓国朝鮮語 Others
08C1124
FAS-CA4C24S3
表象メディア論演習
Seminar on Media and Representations
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:英語 English
08C282101
FAS-CA4Q16L1
特殊講義III(1)[アジア・日本研究コース]
Lectures on Special Topics III [Asian and Japanese Studies]
長井 暁
S1S2 月曜4限
Mon 4th
ラジオ・映画・テレビが伝えた日中戦争 〜日中の戦争記憶の乖離はなぜ生まれたのか〜

2012年9月の尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる衝突をきっかけとして深まった日本と中国の対立は現在もなお続き、突発的な軍事衝突が起こる危険性さえ指摘されている。こうした対立の背景には、「日中の戦争記憶の乖離」という問題がある。中国では抗日戦争は今なお鮮烈な記憶であり続けているのに対し、日本では日中戦争は徐々に忘れ去られようとしている。授業ではこうした「戦争記憶の乖離」がなぜ生まれたのかを、両国のラジオ・映画・テレビが伝えた日中戦争の姿を見ることで考察して行く。そして日中戦争の発端となった盧溝橋事件から80年目を迎える今年、どうずれば両国の政府と国民が不幸な歴史と排他的なナショナリズムを乗り越え、真の和解を実現できるのかを考えてみたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場12号館 1222教室 Komaba Bldg.12 Room 1222
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1126
FAS-CA4C26S2
表象文化論特殊研究演習II
Seminar on Special Topics II
菅野 優香
KANNO Yuka
S1S2 集中
Intensive 
クィア映画理論・批評

この授業では、主に1990年以降、英語圏で展開されてきたクィア映画理論・批評に関する主要なテキストを読みながら、多様なジャンルの映画やビデオ作品の分析や読解を行います。フェミニズム、ゲイ/レズビアン・スタディーズなどを参照しながら、クィア理論・批評が映画研究で果たしてきた役割について考えるとともに、可視性 (visibility)や、幻想(fantasy)、亡霊 (ghost) 、キャンプ(camp)、美学(Aesthetics) をめぐって議論を行います。また、今回の集中講義では、とりわけ、人種とセクシュアリティの交差に注目し、人種化されたセクシュアリティや、有色のクィア表象の意味について考える予定です。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10287 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account