ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
430007300
創薬学実践研究
Practical Research on Drug Discovery
一條 秀憲
Hidenori Ichijo
通年
Full Year (from Apr.)
集中
Intensive 

科目概要: 研究科内外の関連施設と連携し、創薬研究などの現場で、社会のニーズに応え得る実践的・主体的な問題発見・解決能力を習得する。 ・東京大学創薬機構と東京大学大学院薬学系研究科の講義で構成。 ・出席点ならびにレポートにて評価。 ・東京大学創薬機構における実習は原則として7月に実施。 1. 創薬探索の実習 疾病の治療薬開発研究の第一段階は、標的分子(例えば酵素あるいは受容体など)の活性を阻害する化合物を見出すスクリーニングであるが、ここでは代表的な酵素阻害剤の開発を実習で行う。 1-1 阻害剤の一次スクリーニング系の構築。安価で信頼性があり、かつ多量の化合物をスクリーニングできるアッセイ系の構築法を学ぶ(例:レポータージーンアッセイなど)。同時にカウンターアッセイ系も構築する。 1-2 構築した一次スクリーニング系が機能するかを評価するために、少数の化合物を用いてパイロットスタディーを行う。 1-3 確立した一次スクリーニング系を用いて、ハイスループットスクリーニングを行う。得られたヒット化合物からfalse positiveを除くために、すなわち確定ヒットを得るために、二次スクリーニング系を構築する(例:Caliperのlab chipあるいは表面プラズモン共鳴などを用いる)。 1-4 二次スクリーニングを行い、確定ヒットを得る。 1-5 ヒット化合物に活性の向上、選択性、好ましい体内動態等の特性を付与するための最適化研究を学ぶ。 2. 講義 医薬品の探索研究、非臨床・臨床試験、さらに市販後安全性におよぶプロセスを網羅する講義に参加・討論し、課題についてレポートを提出する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-20
現代創薬概論
Introduction to modern drug discovery and development
菅野 純夫
Sumio Sugano
A1A2 金曜4限
Fri 4th
現代創薬概論 (Introduction to modern drug discovery and development)

医療における医薬品の開発は最も重要な課題の一つである。これまでの薬剤開発の戦略は、近年の分子生物学の発展と共に大きく変貌してきている。がん等の疾患を中心に、これまでの創薬方法がどのように変化しているのか、さらには最近の新薬開発の基本的な概念と創薬の実際を紹介すると共に、その課題を明らかにする。 (Drug development is the most important issue in improving medical care. The strategy of drug development has been changing greatly with the recent progresses of molecular biology. In this lecture series, we will discuss about the recent improvement of the methods for drug development and introduce the recent fundamental concepts for new drug development and drug design by focusing on diseases, such as cancer. We will also comment on the problems of the new drug development.)

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室、分子細胞生物学研究所 2F 会議室(206号室) Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.,
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47243-07
創薬体験演習
Exercises in drug discovery and development
菅野 純夫
Sumio Sugano
A1A2 集中
Intensive 
創薬体験演習 (Exercises in drug discovery and development)

創薬に使われる様々な方法、治験や薬事業務の実際を現場に行って体験する。 1、ハイスループットスクリーニング 2、立体構造科学とインフォマティクススクリーニング 3、治験の実際 など

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
060311161
FAG-CV2V09L1
薬理学総論
General Veterinary Pharmacology
堀 正敏
Masatoshi Hori
A2 木曜3限
Thu 3rd

薬理学とは、薬と生体との相互作用を研究する学問です。なぜ、薬は効くのでしょうか。高等動物は機能の恒常性を維持するために様々な調節機能を有しています。病気はその調節機能の障害あるいは破綻の結果もたらされた状態ですが、薬はその機能を増強あるいは抑制することでもとのバランスへと回復させ病気を治します。薬はまた、生体内で無作用なものへと代謝され体外へ排出されます。薬の代謝や排泄を調べることは、薬の副作用を予想する上でとても重要です。薬の開発と安全性の確認には10年以上の歳月と200億円以上の費用がかかると言われています。なぜ新しい薬を開発する必要があるのか、問題点は何かも考えてみたいと思います。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部7号館A棟 7A-104/105 Faculty of Agriculture Bldg.7A Lecture Room No.104/105,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5122400
Global Governance
Global Governance
TIBERGHIEN Yves
TIBERGHIEN Yves
A1A2 集中
Intensive 

Purpose of this course is obtaining a solid understanding and some critical skills at five levels: 1. The theoretical dilemmas of global governance in the current age; 2. The ability to unpack the process of creating global governance (comparing different arenas) 3. The ability to develop a pathway to analyze and solve governance problems; 4. A better empirical understanding of the particular historical juncture of our current period in a larger comparative perspective with a focus on the interplay between the US, the EU, Japan, and large emerging powers (China, India, Brazil) among others. 5. And empirical knowledge on four issue areas: global finance, climate change, and biosafety from the perspective of global governance, and a changing balance of power

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 SMBC Academia Hall International Academic Research Bldg. SMBC Academia Hall
講義使用言語 Language:英語 English
430008110
共通 Common
トランスレーショナルリサーチ概論
An introduction and overview of Translational Research
加藤 益弘
S1S2 木曜6限
Thu 6th
トランスレーショナルリサーチ(TR)概論

創薬の全体像を理解し医療研究者、アカデミアの立場から創薬科学にいかに意味のある貢献ができるかを考えられる基礎を作り上げる。TR機構の取り組みを具体例として紹介する事でアカデミアでのTRの進め方を実感すると共に、その課題を見据える。また、製薬業界(創薬、臨床開発、薬事等)、医療関連弁理士や規制当局経験者のハイレベルな専門家による実務に基づいた講義を行う事で幅広い理解と見識を養う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 薬学部 大学院講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
430008115
共通 Common
トランスレーショナルリサーチ概論
An introduction and overview of Translational Research
加藤 益弘
A1A2 火曜6限
Tue 6th
トランスレーショナルリサーチ(TR)概論

創薬の全体像を理解し医療研究者、アカデミアの立場から創薬科学にいかに意味のある貢献ができるかを考えられる基礎を作り上げる。TR機構の取り組みを具体例として紹介する事でアカデミアでのTRの進め方を実感すると共に、その課題を見据える。また、製薬業界(創薬、臨床開発、薬事等)、医療関連弁理士や規制当局経験者のハイレベルな専門家による実務に基づいた講義を行う事で幅広い理解と見識を養う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 薬学部 大学院講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D350-0410A
Special Lecture on Global Society II
Special Lecture on Global Society II
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU ISABELLE
A1A2 金曜1限
Fri 1st
At the Science-Technology-Society Interface : For a New Understanding of Environmental Regulation in the Anthropocene

Seeking to build bridges between disciplines that do not ordinarily meet each other in the undergraduate curriculum, this course examines how science and technology interact with international, domestic, and transnational law & policy frameworks. It focuses on pressing issues in which earth and environmental sciences, biotechnology, and geoengineering increasingly link up with environmental regulation. Drawing on short lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, we will examine : 1) the extent to which recent shifts in the scientific understanding of ecosystems challenge existing environmental law and policy, and urge for the development of bio- or ecocentric regulatory frameworks; 2) how emerging technologies, developed to address resource or energy problems but which often raise special concern regarding environmental protection, are/could be regulated. Through the course, we will explore from a critical perspective two main themes: 1) the co-production of natural and social orders at the macro-scale of global science and technology policy; 2) the integration of disciplinary knowledge, with a focus on the complex relationships between law and knowledge about global environmental change.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K401 21 KOMCEE West Room K401
講義使用言語 Language:英語 English
31M350-0410A
Special Lecture on Global Society II
Special Lecture on Global Society II
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU ISABELLE
A1A2 金曜1限
Fri 1st
At the Science-Technology-Society Interface : For a New Understanding of Environmental Regulation in the Anthropocene

Seeking to build bridges between disciplines that do not ordinarily meet each other in the undergraduate curriculum, this course examines how science and technology interact with international, domestic, and transnational law & policy frameworks. It focuses on pressing issues in which earth and environmental sciences, biotechnology, and geoengineering increasingly link up with environmental regulation. Drawing on short lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, we will examine : 1) the extent to which recent shifts in the scientific understanding of ecosystems challenge existing environmental law and policy, and urge for the development of bio- or ecocentric regulatory frameworks; 2) how emerging technologies, developed to address resource or energy problems but which often raise special concern regarding environmental protection, are/could be regulated. Through the course, we will explore from a critical perspective two main themes: 1) the co-production of natural and social orders at the macro-scale of global science and technology policy; 2) the integration of disciplinary knowledge, with a focus on the complex relationships between law and knowledge about global environmental change.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K401 21 KOMCEE West Room K401
講義使用言語 Language:英語 English
35616-1052
磁気圏物理学II
Physics of Magnetosphere II
齋藤 義文
SAITO,Yoshifumi
A1A2 木曜3限
Thu 3rd
プラズマ粒子計測の手法とその応用 Methods and Applications of Space Plasma Measurements

人工衛星・観測ロケット搭載用の様々なプラズマ粒子計測装置の原理について解説した後、地球・水星・木星など磁場を持つ惑星の磁気圏や月など磁場を持たない天体の周辺空間の構造・ダイナミクス・太陽風との相互作用について、実際の観測例を元に解説し未解決の現象について議論する。 (Interaction between the solar wind and a solar system object varies largely according to the object's properties, such as the existence of a global intrinsic magnetic field and/or thick atmosphere. Recent knowledge on the structure/dynamics of the magnetized planets’ magnetosphere and plasma environment around non-magnetized bodies based on the plasma data obtained by spacecraft and /or sounding rockets as well as the instrumentation for plasma measurements are the main topics of this lecture.)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 851 Faculty of Science Bldg.1 (center) 851
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9262 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account