ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04187001
FLE-XX4352L1
共通 Common
朝日講座「居場所」の未来
The Future of Living Places
祐成 保志
A1A2 水曜5限
Wed 5th
「居場所」の未来

 安心して過ごすことのできる居場所があることは、生きるための基本的な条件です。  一面で、現代社会では、かつてなく居場所を見つけることが容易になったと言えるでしょう。室内はますます快適になり、街には居心地の良さそうな場所が増え、サイバー空間の使い勝手も劇的に改善されてきました。その気になればいつでもどこでも居場所を手にすることができるかのような楽観的な見方すら、珍しいものではありません。  その一方で、居場所の欠如や喪失の感覚が深まり、これを取り戻すための努力が静かに広がりつつあるのも現代の特徴ではないでしょうか。もっとも、居場所への渇望ないしは衝動は、それをつくったり維持したりすることを妨げるものへの無関心や、ときには敵意にまでつながるのかもしれません。  本年度の朝日講座では、こうした矛盾に注意を払いつつ、見えるものと見えないもの、そして、身近なコミュニティと宇宙のスケールの間を行き来しながら、私たちの居場所とその未来について考えたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21183710
GHS-EA6G01L1
ロシアとヨーロッパ―19世紀前期~中期のロシア文学と思想
Russia and Europe: Russian literature and thought in the first half of the 19th Century
沼野 充義
Mitsuyoshi Numano
A1A2 金曜4限
Fri 4th
ロシアとヨーロッパ―19世紀前期~中期のロシア文学と思想

この授業の目標は、ロシア文学の古典的な文献を精読しながら、ロシア文学および思想について理解を深めることにある。「驚くべき十年間」と称される1840年代を中心に、1820年代~60年代を対象範囲とし、特にヨーロッパとの関係という観点から、ロシア文学史・思想史上の諸問題について考察していく。たんにヨーロッパから受けた影響のみを問うのではなく、同じコンテクストにおけるロシアのアクチュアリティを問うていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 文学部3号館 スラヴ演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-1060A
比較文学比較文化演習V
Seminar on Comparative Literature and Culture V
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
A1A2 未定
To Be Arranged 
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-1060S
比較文学比較文化演習V
Seminar on Comparative Literature and Culture V
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
アーレント『精神の生活』を読む

アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 708室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1060A
比較文学比較文化演習V
Seminar on Comparative Literature and Culture V
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
A1A2 未定
To Be Arranged 
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1060S
比較文学比較文化演習V
Seminar on Comparative Literature and Culture V
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
アーレント『精神の生活』を読む

アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 708室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3906129
GAG-BE6B08L2
生物システム工学特論II
Advanced Biological System Engineering II
非常勤講師
S2 集中
Intensive 
生物システム工学特論Ⅱ

2011年3月11日に発生した東日本大震災により,岩手県沿岸に甚大な被害が生じました.農地も例外ではなく,2018年現在でも復旧・復興作業が進められています.本講義では未曾有の震災後当初における混乱状態から,瓦礫撤去,農地復旧,農業復興の歩みに沿って,その都度,どのような問題が生じてどう解決されたたのかを実例から理解し,エンジニア,政策提言者等として震災復興・復旧に取り組むべき課題と解決策を考えます.(集中講義形式で,講義が連続しますので,飽きないように時々その他研究トピックスについてもお話しします)

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04183848
FLE-HU4V04L1
近代文学特殊講義VIII
Topics in Modern Literatures VIII
沼野 充義
Mitsuyoshi Numano
A1A2 金曜4限
Fri 4th
ロシアとヨーロッパ――19世紀前期~中期のロシア文学と思想

この授業の目標は、ロシア文学の古典的な文献を精読しながら、ロシア文学および思想について理解を深めることにある。「驚くべき十年間」と称される1840年代を中心に、1820年代~60年代を対象範囲とし、特にヨーロッパとの関係という観点から、ロシア文学史・思想史上の諸問題について考察していく。たんにヨーロッパから受けた影響のみを問うのではなく、同じコンテクストにおけるロシアのアクチュアリティを問うていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 文学部3号館 スラヴ演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04185111
FLE-XX4301L1
博物館展示論
Display in Museum
木下 直之
Naoyuki Kinoshita
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
博物館展示論

博物館を博物館たらしめるもののひとつがopen to the publicである(ICOMによる定義2007)。そこにはしばしば「展示」が介在する。博物館員は展示物を収集、選択、配置することによってメッセージを伝えようとし、観客は展示をとおして博物館につながる。「展示」は博物館活動の根幹にある。 本講義では、「展示」とは何かを徹底的に問うとともに、日本社会における展示施設の存在意義についても考える。さらに、受講者には、展示の歴史的な変遷を理解する一方で、現状を適切に分析することを求める。そのことにより、博物館の現状を自明の前提とせず、将来像を描き、改善に取り組む能力を身につけてほしいからだ。 東京大学で教鞭を執る最後の年にあたる今年度は、これまでの私の戦争研究の成果も踏まえ、戦争の「展示」を中心に分析する。なぜなら、戦争ほど「展示」が好まれ、しかし「展示」しにくいものはないからだ。昨年より私は静岡県立美術館館長を兼務しており、同館の現状と課題についても語るつもりだ。開講後の早い段階で、戦争展示に関する企画書の作成を求める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1121
FAS-CA4C21L1
表象文化論特殊講義I
Lecture on Special Topics I
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 未定
To Be Arranged 
Historical Introduction to Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy. This course will introduce this important approach to philosophy through its early history, from the turn of the 20th century until around the 1970's.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10449 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account