ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
47220-26
GFS-SS6B08L3
サステイナビリティ学最前線
Frontier of Sustainability Science
味埜 俊
MINO Takashi
S1S2 集中
Intensive 
Frontier of Sustainability Science サステイナビリティ学最前線(2)

This course is designed to learn a great variety of researches conducted at the frontier of “Sustainability Science”, through the latest research outcomes of Sustainability Science Consortium (SSC). SSC was established to develop sustainability research, education, and public outreach programs and to strengthen coordination between national and local government, corporations, NPOs and other organizations while developing practical measures for technological innovation and social transformation (http://ssc-g.net/en/). By understanding a variety of academic fields related to sustainability and interactions among them, students will come to take part in the process of integrating multiple academic disciplines to implement sustainability science approach.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 3F 講義室3 Environmental Studies, GSFS Lecture Room 3
講義使用言語 Language:英語 English
31395
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (化学システム工学で拓く未来社会)
Academic Frontier Lecture Series
杉山 弘和
Hirokazu Sugiyama
S1S2 月曜5限
Mon 5th
化学システム工学で拓く未来社会

本講義では化学システム工学科の教員が、持続可能な未来社会を創りだすための化学と工学の役割を分かりやすく説明します。以下のテーマに触れる予定です。 ・化学やバイオの力で病気に立ち向かう ・バッテリー技術でエネルギーを有効利用する ・ビッグデータと化学 ・SDGsに貢献する化学技術 ・大気環境汚染を計測し、解決する ・インターンシップから見える化学産業 「環境」「エネルギー」「医療」に興味のある学生諸君の受講を待っています。 ※このゼミは4月6日(金)6限(18:45~)に駒場キャンパス7号館743教室にて行われる工学部合同説明会への参加を予定しています。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 164教室 Komaba Bldg.1 Room 164
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4952L1
FEN-CO4952L1
先端技術と社会特別講義II(偶数年開講)
Frontier of Technology UGⅡ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-022
GEN-CO5900L1
先端技術特別講義II
Frontier of Technology Ⅱ
六川 修一
Shuichi RoKugawa
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3910155
GAG-GA6G01L2
植物資源管理学 (Cropping System Technology)
Cropping System Technology
宮沢 佳恵
Kae Miyazawa
S1A1 水曜3限
Wed 3rd
私たちの食と環境と社会 Our food, environment, and society

農業の問題を考えるうえで基礎となる知見や用語を学びながら、より大きな問いに自分なりの答えを考えることができるようになることが本講義の目標である。各講義ではあえて挑戦的な問いを掲げ、それぞれのトピックに関連する基礎的および最新の知見について紹介しながら議論を深める。 後半は、修士論文の書き方について実践的な講義と実技を行う。 The goal of this lecture is to make students think and formulate their own answer to a larger question while learning the basic knowledge and terms that are the basis for thinking about agricultural problems. Each lecture raises a challenging question for deep discussion while introducing the basic and latest knowledge related to each topic. The latter half of the lectures will be on how to write thesis. Practical and hand-on lecture and practice will be provided.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部7号館B棟 7B-236/237 Faculty of Agriculture Bldg.7B No.236,237,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X400105A
高度教養特殊講義a(国連とインクルージョン)
Special Lectures of Liberal Arts for Advanced Students (a)
井筒 節
IDUTSU Takashi
A1 未定
To Be Arranged 

国連で、193カ国の首脳によって採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」(2015)。SDGsは、2016年から2030年までの国際の優先事項を定めたもので、「誰一人取り残さない(Leaving no one behind)」こと、すなわち「インクルージョン」をコア概念としている。国連では、女性、子供、移民・難民・国内避難民、先住民・少数民族、障害者、高齢者、LGBT等のインクルージョンが重点課題とされている。偏見や差別により周辺化された人々は、身体的・性的暴力や殺人を含む人権侵害、貧困をはじめとする様々な開発上の困難に曝されることが多い。また、国際社会においては、障害、LGBT、精神保健等、テーマ自体が周辺化されることもある。 2018年度A1タームでは、世界人口の15%を占める「障害者のインクルージョン」をテーマとする。SDGsでは7つのターゲットが障害に関する指標を含んでおり、今後の開発・人権を考える上では、障害者のインクルージョンやアクセシビリティーの視点は欠かせない。中でも、精神障害・知的障害は目に見えにくく、スティグマや偏見も強いため、周辺化されやすい。開発途上国では、精神・知的障害者に対する殺人や暴力等が多く見られる他、閉鎖施設等で鎖に繋がれる等、重篤な人権侵害が後をたたない。一方で、4人に1人が精神疾患を経験し、OECDによると精神疾患による経済的コストはGDPの4%以上である。また、世界銀行とWHOは、精神保健に対する1ドルの投資は、3ドルの利益を生むとしている。 国連では、2006年に障害者権利条約が採択され、批准国においては精神・知的障害も含む障害者のインクルージョンが法的義務となった他、SDGsや仙台防災枠組にも障害に関する文言が含まれた。しかし、これらの実施をめぐっては、差別的態度を含む社会的障壁、身体拘束や強制入院、重度の障害や認知症を持っている人々の意思決定や社会参加、精神障害者や知的障害者のアクセシビリティーの確保方法等をめぐり難しい課題が多い。 本講義では、国連機関職員や当事者を含む講師から現場の状況を学びつつ、学生間の討議や調査を行い、障害者の権利をめぐる国際社会の新しい解決策を考える。また、これを通して、国連の実際およびインクルージョンについて学ぶことを目的とする。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
30115
CAS-PG1C20L3
社会・制度Ⅱ(PEAK)
Society and Institutions II (PEAK)
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU Isabelle
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
Risk society and governance of uncertainty

Who, in the risk society of the 21st century, decides what is and is not a risk ? This course considers the need to re-examine governance frameworks for dealing with contemporary uncertainties in different policy domains. Focusing on environmental crises and risks of scientific-technological provenance, it addresses the growing importance of emergent institutions (known as ‘boundary organisations’ or ‘science-policy interfaces’) for local, regional and global governance of uncertainty. Through short interactive lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, students will engage in a critical examination of the idea of a 'World Risk Society' (Ulrich Beck). In so doing, they will explore both: 1) the implications of an understanding of risks as social constructs (or products of struggles within the context of specific relations of definitional power); 2) the possibility for new institutional arrangements interfacing science and policy to become a political force.

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE West K501 21 KOMCEE West Room K501
講義使用言語 Language:英語 English
31917
CAS-GC1C20L3
社会・制度Ⅱ(PEAK)
Society and Institutions II (PEAK)
ジロドウ イザベル
GIRAUDOU Isabelle
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
Risk society and governance of uncertainty

Who, in the risk society of the 21st century, decides what is and is not a risk ? This course considers the need to re-examine governance frameworks for dealing with contemporary uncertainties in different policy domains. Focusing on environmental crises and risks of scientific-technological provenance, it addresses the growing importance of emergent institutions (known as ‘boundary organisations’ or ‘science-policy interfaces’) for local, regional and global governance of uncertainty. Through short interactive lectures, case studies, scenario analysis and role-play simulations, students will engage in a critical examination of the idea of a 'World Risk Society' (Ulrich Beck). In so doing, they will explore both: 1) the implications of an understanding of risks as social constructs (or products of struggles within the context of specific relations of definitional power); 2) the possibility for new institutional arrangements interfacing science and policy to become a political force.

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE West K501 21 KOMCEE West Room K501
講義使用言語 Language:英語 English
31M360-0091S
Environmental Management and Policy Ⅱ
Environmental Management and Policy Ⅱ
成田 大樹
NARITA Daiju
S1 金曜4限 金曜5限
Fri 4th Fri 5th

As witnessed by the Sustainable Development Goals adopted in 2015, achieving the dual goal of economic development and environmental protection is widely recognized as one of the great global challenges of our time. This course aims to introduce students to some of the major current debates around the issues of environment and development and to conceptual frameworks to analyze them. The course lectures mostly draw on the frameworks of economics (environmental economics and development economics), but the course discussions will touch on a broad range of aspects on sustainable development policies not limited to economic ones.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 515教室 Komaba Bldg.5 Room 515
講義使用言語 Language:英語 English
08D1416
FAS-DA4F16L3
環境と開発
Development and the Environment
成田 大樹
NARITA Daiju
S1 金曜4限 金曜5限
Fri 4th Fri 5th

As witnessed by the Sustainable Development Goals adopted in 2015, achieving the dual goal of economic development and environmental protection is widely recognized as one of the great global challenges of our time. This course aims to introduce students to some of the major current debates around the issues of environment and development and to conceptual frameworks to analyze them. The course lectures mostly draw on the frameworks of economics (environmental economics and development economics), but the course discussions will touch on a broad range of aspects on sustainable development policies not limited to economic ones.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 515教室 Komaba Bldg.5 Room 515
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12160 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account