ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
35616-3020
地球生命圏科学特論IV
Special Lecture of Geosphere-Biosphere Science IV

S1S2 集中
Intensive 
地球生命圏科学特論IV Special Lecture of Geosphere-Biosphere Science ⅠV

This course is an advanced introduction to the theory and practice of quantitative morphology, which includes morphometrics and theoretical morphology. Quantitative morphology provides a suite of analytical methods for comparison of forms, simulation of morphogenesis, assessment of functional properties, and so on. This course does not focus on technical details on data capturing nor visualization but aims to cultivate the students' abilities to understand biological form from the mathematical point of view. The goal for this course is that each student is able to choose an appropriate methodology in terms of the research question.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
47196-16
建築構造デザインスタジオ
Architectural Structure Design Studio
佐藤 淳
Jun Sato
A1A2 水曜3限 水曜4限 木曜3限 木曜4限
Wed 3rd Wed 4th Thu 3rd Thu 4th
建築構造デザインスタジオ Architectural Structure Design Studio

建築のデザインに寄与する「構造デザイン」の役割を認識し、材料特性、幾何学形状、力学現象、構造解析、構造実験、職人の技術、消費エネルギーの低減、を反映した構造デザインを計画する技術を習得すると共に多様化する構造形態の「設計法」を提案する。 最終的には小規模建築の設営を実践する。その構造デザインを提案すると共に、その形態を設計施工する手法を体系化する。このとき、全ての現象を知ることはできない中で、的を射た検証方法を見極めて決断する能力が必要となる。このような「エンジニアリング」の手法を明示することが「設計法」の構築となる。これは、建築の分野に限らず、また世界的にも必要性を増している。 こうして生まれる構造デザインは、「環境」を制御する要素ともなることをイメージする。 構造は安全性の確保が第一でありこれが十分達成された上で、豊かな空間を生み出す構造デザインを提案することができる。そのためには、材料の特性を知り、幾何学形状の操作、力学現象の応用、構造解析の技術、構造実験による検証、を駆使する必要がある。職人の技術を知って、または消費エネルギーに着目して、生み出す形態もある。また建築のデザインは構造デザインだけでは決定できない場面も多く、他の要素を想定した上で計画しなければならない。 Through performing workshop scale design-build processes, you will learn how to compose morphogenetic process of architectural structures. Geometry of transparent / translucent structures have advanced into the phase where structural elements also serve as environmental filters. We should compose a morphogenetic operation methods for those complicated targets through these practices : Dynamics Operations Geometry Operations Workshop Scale Experiments Using these operations / manipulation we would be able to develop more morphogenetic forms based on geometry, materials, dynamics, craftsmanship, site matters and the spirit of engineering. These operations are also helpful for us to collaborate with architects.

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 6F 製図室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
3799-203
統合物質科学俯瞰講義I
Global Focus on Materials Science Ⅰ
各教員
S1S2 木曜6限
Thu 6th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工64号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5123499
Financial Markets and Institutions
Financial Markets and Institutions
内田 善彦
UCHIDA Yoshihiko
A1A2 水曜5限
Wed 5th

This course aims to help students develop a solid understanding of the basics of financial markets and institutions and the analytical skills required in formulating and implementing financial regulations. The course will cover key theoretical concepts (e.g. financial intermediation, asset transformation, direct vs indirect finance, asymmetric information, moral hazard and principal-agent problem) with emphasis on their applications in the real-world situations. The course will consider global/international aspects of financial businesses/regulations and the context of developing/emerging economies with relatively underdeveloped financial systems as well. Please note that this course will not focus on central banking and monetary policy.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室C International Academic Research Bldg. Seminar Room C
講義使用言語 Language:英語 English
3714-019
建築計画学第4
Architectural Planning IV
本間 裕大
A1A2 金曜3限
Fri 3rd

建築の設計において,直観や経験の重要性は改めて言うまでもない.しかしながら,過度な直観や経験への依存は,建築計画を工学的な合理性から逸脱させる諸刃の剣とも成りかねない.本講義では,建築の計画・設計を行うに際して,論理的思考という揺るがない判断規準を付加するための数理解析方法を概説する.デザイン性のような華やかさは無いが,数学的帰結がもたらす一つ一つの知見は,必ずや建築設計を行う際の有力な道具(ツール)となろう. 本講義では各論形式を採るが,大局してI. 見積もりの数理,II. 都市・建築の数理,III. 意思決定の数理,という三つの軸を設けた.建築計画に限らず,世の中のありとあらゆる工学的な計画を行うに当っては,定石ともいうべきマネジメント手法が存在する.それは有り体に言えば「見積もり」の数理であり,計画を秩序立てる手助けになる.また,建築は,決して単独で帰結する構成物ではない.複数の建築が集まり,町をつくり,都市をつくり,そして国をつくる.その意味において,建築のみならず,より広い視点の都市空間がもつ普遍的特性を明らかにすることも有益である.「都市・建築」という社会システムがどのような現象を起こし得て,どこまで制御可能であるのか数理的に追求する.建築の利用者である人という観点からの分析も意味があろう.都市社会は人間の「意思決定」の帰結として存在するという仮定に基づけば,怯えることなくその基本法則を明らかにすることも試みるべきである.多角的な視点からの数理的分析が,より思慮深い建築計画・設計への助けになるものと信じる. ※なお,本年度は1月下旬(22・23・24日)の3日間での集中開講とする(6時間/日を想定).

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 駒場Ⅱ
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35606-1102
化学特別講義II
Special Lecture on Advanced Chemistry II
小林 修
KOBAYASHI, Shu
A1A2 集中
Intensive 
35606-1102 化学特別講義II Special Lecture on Advanced Chemistry II

化学専攻と工学系化学3専攻(応用化学専攻、化学システム工学専攻、化学生命 工学専攻)が連携し、理工の枠を超えた教育と国際性豊かな人材育成を目指し、 外国人招聘教授や国内の専門家による最先端化学に関する講義を行う。 The Department of Chemistry and the three chemistry-related departments at the Graduate School of Engineering (Department of Applied Chemistry, Department of Chemical System Engineering, and Department of Chemistry and Biotechnology) jointly provide lectures on cutting-edge fields of chemistry, with the goal of transcending the boundary between science and engineering to enhance education and foster young researchers with global perspectives. Lectures will be given by invited professors from abroad and specialists from Japan. 授業タイトル/Subtitle Synthetic Chemistry with Organic Free Radicals: Basics and Applications 授業概要/Course Overview The lecture will focus on synthetic chemistry with organic free radicals, covering from basic concept on reactivity, generation and use of organic free radicals to recent development of their applications to small molecule synthesis. The purpose of this lecture is to introduce students to the basic concept of organic free radicals and their recent trend and applications. Teaching staff: Prof. Shunsuke Chiba (Nanyang Technological University) 日程date:11/13(Mon)-14(Tue) 両日とも10:00~16:30予定

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 化学本館 理学部化学本館4階1402号室
講義使用言語 Language:英語 English
0530076
FSC-CH4209L1
化学特別講義Ⅱ
Special Lecture on Advanced ChemistryⅡ
化学専攻各教員
Professor in charge
A1A2 集中
Intensive 

化学専攻と工学系化学3専攻(応用化学専攻、化学システム工学専攻、化学生命 工学専攻)が連携し、理工の枠を超えた教育と国際性豊かな人材育成を目指し、 外国人招聘教授や国内の専門家による最先端化学に関する講義を行う。 講師や日程など詳細については、決まり次第化学科掲示板等にて周知する。 The Department of Chemistry and the three chemistry-related departments at the Graduate School of Engineering (Department of Applied Chemistry, Department of Chemical System Engineering, and Department of Chemistry and Biotechnology) jointly provide lectures on cutting-edge fields of chemistry, with the goal of transcending the boundary between science and engineering to enhance education and foster young researchers with global perspectives. Lectures will be given by invited professors from abroad and specialists from Japan. Information about lecturer and schedule will be announced on the billboard in Department of Chemistry. 授業タイトル/Subtitle Synthetic Chemistry with Organic Free Radicals: Basics and Applications 授業概要/Course Overview The lecture will focus on synthetic chemistry with organic free radicals, covering from basic concept on reactivity, generation and use of organic free radicals to recent development of their applications to small molecule synthesis. The purpose of this lecture is to introduce students to the basic concept of organic free radicals and their recent trend and applications. Teaching staff: Prof. Shunsuke Chiba (Nanyang Technological University) 日程date:11/13(Mon)-14(Tue) 両日とも10:00~16:30予定

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 化学本館 理学部化学本館4階1402号室
講義使用言語 Language:英語 English
47230-10
海中ロボット学
Underwater Robotics
巻 俊宏
Toshihiro MAKI
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
海中ロボット学 Underwater Robotics

学術調査から資源開発、土木工事、捜索救助活動まで、海中で何らかの活動をするためには海中プラットフォームが必要となる。本講義では海中プラットフォームの代表として海中ロボットを取り上げ、その技術的背景から応用例まで幅広く紹介する。また、AUV(Autonomous Underwater Vehicle, 自律型海中ロボット)の基礎的な測位、制御アルゴリズムについてプログラミング実習を交えて講義をする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 3F 講義室3 Environmental Studies, GSFS Lecture Room 3
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
0232070
応用数理
Applied Mathematics
松山 裕
Yutaka Matsuyama
A1 火曜3限 火曜4限
Tue 3rd Tue 4th
応用数理

統計的推測理論の基本の一つである線型推測理論の幾何学的理解を目標に、必要な基礎知識を合わせて講義する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部3号館別棟 E501、医学部3号館 S101
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0505116
FSC-MA4765L1
数理科学続論D
Special Lectures in Mathematical Science D
中田 行彦
Yukihiko Nakata
A1A2 集中
Intensive 

人口成長や個体群動態を記述するモデル方程式を紹介し、微分方程式の解析手法やモデリング手法について解説する。微分方程式の解挙動の理解を通して、モデル化された現象に対する洞察の獲得を目指す。また関連する無限次元力学系について解説する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9333 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account