ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04183942
FLE-HU2W01L1
西洋古典学特殊講義II
Topics in Greek and Latin Classics II
葛西 康徳
KASSAI Yasunori
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
ホメロスを読む。

本授業は、ギリシア文学の原点ともいえるホメロスの『イリアス』23巻の講読を通じて、叙事詩のギリシア語になれるとともに、ホメロス研究の現状を把握する。特に、ホメロスにおける社会と倫理(道徳、価値)に焦点を当てることにしたい。尚、本授業は西洋古典学入門の位置を占めている。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C161926
FAS-CA4H18L1
言語文化論特殊研究(26)
Special Seminar on Language and Culture (26)
中谷 彩一郎
A1A2 未定
To Be Arranged 
古代ギリシア恋愛小説の世界

紀元後1〜4世紀にローマ帝政下のギリシア語世界で書かれた古代ギリシア恋愛小説は、ルネサンス後期の16世紀に再発見され、近世ヨーロッパの文学、文学理論、絵画、音楽など様々な分野に大きな影響を与えました。代表的な作品にはヘーリオドーロス『エティオピア物語』やロンゴス『ダフニスとクロエー』、アキレウス・タティオス『レウキッペーとクレイトフォーン』などがあります。本授業ではテクストのさわりの部分に触れ、関連資料や研究論文も合わせて参照してテクスト理解を深めながら、近世の翻訳の問題や当時の文学理論との関係、さらには文学や藝術への影響について考えます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04183944
FLE-HU4W01L1
西洋古典学特殊講義IV
Topics in Greek and Latin Classics IV
葛西 康徳
KASSAI Yasunori
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
古典修辞学(1)

昨年度に引き続きクインティリアヌス『弁論家の教育』(Quintilianus, Institutio Oratoria)第2巻を講読する。講読に際しては、ラテン語の正確な読解とともに、本文校訂の問題にも注意を払う。また、本書が扱っている修辞学理論について理解を深めることも目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04183945
FLE-HU4W01L1
西洋古典学特殊講義V
Topics in Greek and Latin Classics V
葛西 康徳
KASSAI Yasunori
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
古典修辞学(2)

夏学期に引き続きクインティリアヌス『弁論家の教育』(Quintilianus, Institutio Oratoria)第2巻および第3巻を講読する。講読に際しては、ラテン語の正確な読解とともに、本文校訂の問題にも注意を払う。また、本書が扱っている修辞学理論について理解を深めることも目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2533
FAS-CA4N32S4
特殊研究演習IV[イタリア地中海研究コース]
Special Topics IV (Seminar) [Italian/Mediterranean Studies]
中谷 彩一郎
A1A2 未定
To Be Arranged 
古代ギリシア恋愛小説の世界

紀元後1〜4世紀にローマ帝政下のギリシア語世界で書かれた古代ギリシア恋愛小説は、ルネサンス後期の16世紀に再発見され、近世ヨーロッパの文学、文学理論、絵画、音楽など様々な分野に大きな影響を与えました。代表的な作品にはヘーリオドーロス『エティオピア物語』やロンゴス『ダフニスとクロエー』、アキレウス・タティオス『レウキッペーとクレイトフォーン』などがあります。本授業ではテクストのさわりの部分に触れ、関連資料や研究論文も合わせて参照してテクスト理解を深めながら、近世の翻訳の問題や当時の文学理論との関係、さらには文学や藝術への影響について考えます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31732
CAS-GC1B42L1
西洋古典学
Western Classics
筒井 賢治
TSUTSUI Kenji
S1S2 水曜5限
Wed 5th
ギリシア・ローマ文学の概要

ヨーロッパ系文化の基礎をなすギリシア・ローマ古典文学をひととおり紹介する。 近現代の文学と異なり、ギリシア・ローマ文学には形式上の制約が数多くあるので、その点を特に詳しく説明する予定。できるだけ原典(翻訳)を紹介するようにする。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 113教室 Komaba Bldg.1 Room 113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5122400
GPP-MP6P20L3
Global Governance
Global Governance
TIBERGHIEN Yves
TIBERGHIEN Yves
A1A2 集中
Intensive 

Purpose of this course is obtaining a solid understanding and some critical skills at five levels: 1. The theoretical dilemmas of global governance in the current age; 2. The ability to unpack the process of creating global governance (comparing different arenas) 3. The ability to develop a pathway to analyze and solve governance problems; 4. A better empirical understanding of the particular historical juncture of our current period in a larger comparative perspective with a focus on the interplay between the US, the EU, Japan, and large emerging powers (China, India, Brazil) among others. 5. And empirical knowledge on four issue areas: global finance, climate change, and biosafety from the perspective of global governance, and a changing balance of power

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
04183943
FLE-HU4W01L3
西洋古典学特殊講義III
Topics in Greek and Latin Classics III
Scafuro Adele
SCAFURO Adele
S2 木曜3限 木曜4限
Thu 3rd Thu 4th
The Rhetoric of Discovery: Narratives of Displacement in Greek and Roman Drama

The purpose of this lecture is to provide the students with a framework of understanding how "narratives of displacement" worked in the ancient world by reading some essential passages from Greek and Latin literature.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:英語 English
04183963
FLE-HU4W02S1
西洋古典学演習III
Seminar in Greek and Latin Languages and Literatures III
野津 寛
Hiroshi Itsu
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
ギリシア語韻文講読

古代ギリシア喜劇作品を講読する。ギリシア語原典の読解力を高めるとともに、注釈書など専門的な研究文献に触れることにより西洋古典学研究法への導入も目指す。参加者には毎回予習をしてくることが課される。取り上げる作品はアリストパネース『アカルナイの人々』。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04183964
FLE-HU4W02S1
西洋古典学演習IV
Seminar in Greek and Latin Languages and Literatures IV
野津 寛
Hiroshi Itsu
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
ギリシア語韻文講読

古代ギリシア喜劇作品を講読する。ギリシア語原典の読解力を高めるとともに、注釈書など専門的な研究文献に触れることにより西洋古典学研究法への導入も目指す。参加者には毎回予習をしてくることが課される。取り上げる作品はアリストパネース『アカルナイの人々』。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各研究室等
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10289 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account