ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
4850-1022
GIF-MX6902L3
知能機械情報学特別講義II
Special Topics in Mechano-Informatics II
教員
S1S2 水曜4限
Wed 4th

The goal of this course is to provide advanced topics in the field of Machine Learning, Artificial Intelligence and Big Data. All lecturers are members of RIKEN Center for Advanced Intelligence Project (AIP).

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部旧2号館 工233号講義室 Faculty of Engineering Bldg. old 2 #233
講義使用言語 Language:英語 English
08C1011
FAS-CA4B10S1
応用人類学I
Applied Anthropology I
福島 真人
FUKUSHIMA Masato
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
超データ社会の人類学/ビッグデータ化が、社会、文化、身体に与えるインパクトの比較研究

 様々な形でのあふれかえる巨大データ(いわゆるビッグデータ)が、社会、経済、文化といった多くの領域に不可逆的な影響を与えるようになってきたと論じられて久しい。さらに近年では、AI、機械学習の急速な進化により、AIが人間知性を超える、いわゆるシンギュラリティといった世紀末的な予言や、自動化された社会と大量失業、経済格差の問題といった様々な論争を巻き起こしている Journal of Big Data, あるいはその社会版のJournal of Big Data and Societyといった国際誌が次々と刊行され、こうした超データ化の社会科学的意義が詳しく論じられるようになってきている.   だがその影響の顔貌は分野によって大きく異なる.例えば生命科学/医療では、ゲノム研究が加速化すると同時に、医療データのデジタル化、エビデンス(証拠)にもとづくEBM(Evidence-Based Medicine)も同時進行し、さらにそうした影響が個人の身体、自己イメージにも影響を与えつつある(いわゆるquantified self, 量化された自己論)といった議論すらある. 政策立案等でもこうしたエビテンスが求められる一方、将来予測やリスク管理もますますこうしたビッグデータによる未来像が用いられている傾向が強まっている. 他方、こうしたビッグデータ化への批判も先鋭化している. 社会学者ギデンスはこうした傾向を「未来の植民地化」と呼んでいるが、リスク管理への強迫は、こうしたデータ/シミュレーションの不確実性を曖昧にすると同時に、開かれた未来像を閉ざし、「現在」を圧迫する. データ化されない主観的、身体的経験は軽視されることになる. 更に勝手に個人情報を蓄積し、それを活用する企業に対して、プライバシー保護という倫理的問題も生じる.   実際、この背後にはデータ、あるいはエビデンスという概念がもつある種の構築性の問題がある.『生データとは語義矛盾』(Raw Data is an Oxymoron)という洋書のタイトルが示すように、データ(エビデンス)とは、複雑なプロセスを経た構築物であり、それは、知識・技術と社会/文化的な約束事の融合体である. 例えば身体化されたわざや技能、暗黙知がデータ化される場合、その何がデータ化されるのか、は現在のAI労働論争とも密接にかかわる. 知的生産性は、それを計る方法に依存する.  さらに、前述したエビデンス論でも、EBMでカバーできない患者の主観的な経験を、患者の病の語りという形で補足する、Narrative Based Medicine(語り中心の医学) といった反動もある. われわれが知覚する環境も、こうした複雑な過程の影響をさけられない(例えば地震学における予知と予測の問題). 他方、海外では、文化人類学が行うような、質的調査はそのデータの主観性という点から調査許可そのものがおりにくくなっているという話もある. 加えて、こうした近未来をめぐる議論には、現状の動向を過大に喧伝する一種のハイプ(狂騒)的な面もあり、多くの新規技術が大げさに祭り挙げられるバブル的な側面も否定できない. 更に近年では偽データ問題も噴出し、問題は多岐にわたる.  この演習の目体は、こうした超データ化社会におけるデータやエビデンスという考えがもつ、文化社会的な特性、そしてそれが与える影響を、できるだけ多方面から議論しようとするものである.特にここでは、人類学、社会学的な観点を中心に、われわれの日常生活そのものに直接関係しうる問題で、近年ホットなテーマをいくつか取り上げて、その複雑な諸相を読み解く.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 407室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0430S
文化認識論I
Cognitive Study of Culture I
福島 真人
FUKUSHIMA Masato
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
超データ社会の人類学/ビッグデータ化が、社会、文化、身体に与えるインパクトの比較研究

 様々な形でのあふれかえる巨大データ(いわゆるビッグデータ)が、社会、経済、文化といった多くの領域に不可逆的な影響を与えるようになってきたと論じられて久しい。さらに近年では、AI、機械学習の急速な進化により、AIが人間知性を超える、いわゆるシンギュラリティといった世紀末的な予言や、自動化された社会と大量失業、経済格差の問題といった様々な論争を巻き起こしている Journal of Big Data, あるいはその社会版のJournal of Big Data and Societyといった国際誌が次々と刊行され、こうした超データ化の社会科学的意義が詳しく論じられるようになってきている.   だがその影響の顔貌は分野によって大きく異なる.例えば生命科学/医療では、ゲノム研究が加速化すると同時に、医療データのデジタル化、エビデンス(証拠)にもとづくEBM(Evidence-Based Medicine)も同時進行し、さらにそうした影響が個人の身体、自己イメージにも影響を与えつつある(いわゆるquantified self, 量化された自己論)といった議論すらある. 政策立案等でもこうしたエビテンスが求められる一方、将来予測やリスク管理もますますこうしたビッグデータによる未来像が用いられている傾向が強まっている. 他方、こうしたビッグデータ化への批判も先鋭化している. 社会学者ギデンスはこうした傾向を「未来の植民地化」と呼んでいるが、リスク管理への強迫は、こうしたデータ/シミュレーションの不確実性を曖昧にすると同時に、開かれた未来像を閉ざし、「現在」を圧迫する. データ化されない主観的、身体的経験は軽視されることになる. 更に勝手に個人情報を蓄積し、それを活用する企業に対して、プライバシー保護という倫理的問題も生じる.   実際、この背後にはデータ、あるいはエビデンスという概念がもつある種の構築性の問題がある.『生データとは語義矛盾』(Raw Data is an Oxymoron)という洋書のタイトルが示すように、データ(エビデンス)とは、複雑なプロセスを経た構築物であり、それは、知識・技術と社会/文化的な約束事の融合体である. 例えば身体化されたわざや技能、暗黙知がデータ化される場合、その何がデータ化されるのか、は現在のAI労働論争とも密接にかかわる. 知的生産性は、それを計る方法に依存する.  さらに、前述したエビデンス論でも、EBMでカバーできない患者の主観的な経験を、患者の病の語りという形で補足する、Narrative Based Medicine(語り中心の医学) といった反動もある. われわれが知覚する環境も、こうした複雑な過程の影響をさけられない(例えば地震学における予知と予測の問題). 他方、海外では、文化人類学が行うような、質的調査はそのデータの主観性という点から調査許可そのものがおりにくくなっているという話もある. 加えて、こうした近未来をめぐる議論には、現状の動向を過大に喧伝する一種のハイプ(狂騒)的な面もあり、多くの新規技術が大げさに祭り挙げられるバブル的な側面も否定できない. 更に近年では偽データ問題も噴出し、問題は多岐にわたる.  この演習の目体は、こうした超データ化社会におけるデータやエビデンスという考えがもつ、文化社会的な特性、そしてそれが与える影響を、できるだけ多方面から議論しようとするものである.特にここでは、人類学、社会学的な観点を中心に、われわれの日常生活そのものに直接関係しうる問題で、近年ホットなテーマをいくつか取り上げて、その複雑な諸相を読み解く.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 407室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0430S
文化認識論I
Cognitive Study of Culture I
福島 真人
FUKUSHIMA Masato
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
超データ社会の人類学/ビッグデータ化が、社会、文化、身体に与えるインパクトの比較研究

 様々な形でのあふれかえる巨大データ(いわゆるビッグデータ)が、社会、経済、文化といった多くの領域に不可逆的な影響を与えるようになってきたと論じられて久しい。さらに近年では、AI、機械学習の急速な進化により、AIが人間知性を超える、いわゆるシンギュラリティといった世紀末的な予言や、自動化された社会と大量失業、経済格差の問題といった様々な論争を巻き起こしている Journal of Big Data, あるいはその社会版のJournal of Big Data and Societyといった国際誌が次々と刊行され、こうした超データ化の社会科学的意義が詳しく論じられるようになってきている.   だがその影響の顔貌は分野によって大きく異なる.例えば生命科学/医療では、ゲノム研究が加速化すると同時に、医療データのデジタル化、エビデンス(証拠)にもとづくEBM(Evidence-Based Medicine)も同時進行し、さらにそうした影響が個人の身体、自己イメージにも影響を与えつつある(いわゆるquantified self, 量化された自己論)といった議論すらある. 政策立案等でもこうしたエビテンスが求められる一方、将来予測やリスク管理もますますこうしたビッグデータによる未来像が用いられている傾向が強まっている. 他方、こうしたビッグデータ化への批判も先鋭化している. 社会学者ギデンスはこうした傾向を「未来の植民地化」と呼んでいるが、リスク管理への強迫は、こうしたデータ/シミュレーションの不確実性を曖昧にすると同時に、開かれた未来像を閉ざし、「現在」を圧迫する. データ化されない主観的、身体的経験は軽視されることになる. 更に勝手に個人情報を蓄積し、それを活用する企業に対して、プライバシー保護という倫理的問題も生じる.   実際、この背後にはデータ、あるいはエビデンスという概念がもつある種の構築性の問題がある.『生データとは語義矛盾』(Raw Data is an Oxymoron)という洋書のタイトルが示すように、データ(エビデンス)とは、複雑なプロセスを経た構築物であり、それは、知識・技術と社会/文化的な約束事の融合体である. 例えば身体化されたわざや技能、暗黙知がデータ化される場合、その何がデータ化されるのか、は現在のAI労働論争とも密接にかかわる. 知的生産性は、それを計る方法に依存する.  さらに、前述したエビデンス論でも、EBMでカバーできない患者の主観的な経験を、患者の病の語りという形で補足する、Narrative Based Medicine(語り中心の医学) といった反動もある. われわれが知覚する環境も、こうした複雑な過程の影響をさけられない(例えば地震学における予知と予測の問題). 他方、海外では、文化人類学が行うような、質的調査はそのデータの主観性という点から調査許可そのものがおりにくくなっているという話もある. 加えて、こうした近未来をめぐる議論には、現状の動向を過大に喧伝する一種のハイプ(狂騒)的な面もあり、多くの新規技術が大げさに祭り挙げられるバブル的な側面も否定できない. 更に近年では偽データ問題も噴出し、問題は多岐にわたる.  この演習の目体は、こうした超データ化社会におけるデータやエビデンスという考えがもつ、文化社会的な特性、そしてそれが与える影響を、できるだけ多方面から議論しようとするものである.特にここでは、人類学、社会学的な観点を中心に、われわれの日常生活そのものに直接関係しうる問題で、近年ホットなテーマをいくつか取り上げて、その複雑な諸相を読み解く.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 407室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-50
GFS-MJ6B06L1
医科学と公共政策特論Ⅰ
Advanced lecture on Medical Sciences and Public PolicyⅠ
武藤 香織
Kaori Muto
A1A2 集中
Intensive 
医科学と公共政策特論Ⅰ Medical Science and Public Policy

本講義では、学術界の住民として、また社会の中で活動する責任ある科学者として、日常の 研究活動を支える政策基盤、社会との接点で生じる諸問題に関連するルールについての一般知識を学ぶ。今年度の本講義のテーマは、「人工知能とビッグデータの利活用」であり、関連資料の購読と議論、発表を行う。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4952L1
FEN-CO4952L1
先端技術と社会特別講義II(偶数年開講)
Frontier of Technology UGⅡ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-022
GEN-CO5900L1
先端技術特別講義II
Frontier of Technology Ⅱ
六川 修一
Shuichi RoKugawa
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
51171
CAS-PF1200L3
情報(PEAK)
Information (PEAK)
松田 英子
MATSUDA Eiko
A1A2 水曜3限
Wed 3rd
Information

This course aims at providing students with a fundamental understanding of information systems, which plays an essential role in our modern life. Students will not only acquire basic knowledge of information technology but also study human and social aspects of information through lectures and exercises. Topics include - information related to humanities: representation, cognition, and communication - information related to society: roles of information systems, legal aspects, and technologies in society - information related to solving problems: data models, algorithms, and computational complexity and their mutual relationships.

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE East K113 21KOMCEE East Room K113
講義使用言語 Language:英語 English
51234
CAS-PF1200L3
情報(PEAK)
Information (PEAK)
松田 英子
MATSUDA Eiko
A1A2 木曜5限
Thu 5th
Information

This course aims at providing students with a fundamental understanding of information systems, which plays an essential role in our modern life. Students will not only acquire basic knowledge of information technology but also study human and social aspects of information through lectures and exercises. Topics include - information related to humanities: representation, cognition, and communication - information related to society: roles of information systems, legal aspects, and technologies in society - information related to solving problems: data models, algorithms, and computational complexity and their mutual relationships.

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE East K212 21KOMCEE East Room K212
講義使用言語 Language:英語 English
4890-1071
GIF-CO5541L1
情報理工学連携講義I
Information Science and Technology Industrial Collaboration Program I
教員
A1 木曜4限
Thu 4th
情報理工学連携講義 I 「実社会に浸透する画像認識技術」 -  Image recognition technology permeating the real world

画像認識は、これまで産業の効率化を目的として人間の目の代用として発達してきた。近年は安全安心な社会を支える技術として、新たな価値を提供できると期待されている。本講義では、画像認識の基礎から応用まで、NECでの実例を交えながら幅広く講義する。画像認識の歴史を振り返るとともに、パターン認識の基礎理論としてベイズ決定理論を紹介し、基本的な考え方を身に付ける。産業応用については、文字認識、顔認証・指紋認証などのバイオメトリクス認証、画像・映像検索、監視向け映像解析を紹介するとともに、高画質化向け画像処理技術も解説し、実用に向けた技術開発の実態を知る機会とする。今後の展望として、画像認識や人工知能の進展と社会への影響を議論する。 - Image recognition has been developed in place of human eyes for the purpose of industrial efficiency. In recent years, it has been expected that new information value can be provided by this technology to support secure and safe societies. In the lectures, image recognition technology will be explained widely from fundamentals to applications through some actual cases in NEC. The future outlook of social changes due to the development of image recognition and artificial intelligence will be also discussed.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部旧2号館 工246号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 15240 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account