ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
3799-022
GEN-CO5900L1
先端技術特別講義II
Frontier of Technology Ⅱ
六川 修一
Shuichi RoKugawa
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO4952L1
FEN-CO4952L1
先端技術と社会特別講義II(偶数年開講)
Frontier of Technology UGⅡ
川中 孝章
S1S2 水曜4限
Wed 4th

〔大学院・学部共通講義〕工学の知識と成果が応用される社会と、これらを具体的なシステムとして企画、研究・開発から導入展開までのサイクルを実行する現場での実際について、大学に居ながら肌で経験することは難しいと思います。本講義は、このようなサイクル全体における個々の活動及び総合的な活動を、学生が追体験して俯瞰的に理解し、現在から将来の活動に活かしていくための機会を提供します。このために、企業現場のプロジェクトリーダーを講師としてお招きし、成功例のみならず失敗例をも含めた実体験をもとに講義していただきます。社会における工学の意義、「今現在存在しないもの、新しいもの」をどのように発想したか、失敗をどのように克服したか等を横断的に学び、学生がタフで挑戦的な技術者・研究者として社会で活躍できるように支援します。 Advanced Engineering Education Series Seminar invites famous researchers / teachers in the field of advanced engineering education and advanced technology leaders, enabling students to experience advanced technologies directly from the leaders.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4850-1022
知能機械情報学特別講義II
Special Topics in Mechano-Informatics II
教員
S1S2 水曜4限
Wed 4th

The goal of this course is to provide advanced topics in the field of Machine Learning, Artificial Intelligence and Big Data. All lecturers are members of RIKEN Center for Advanced Intelligence Project (AIP).

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部旧2号館 工233号講義室 Faculty of Engineering Bldg. old 2 #233
講義使用言語 Language:英語 English
31D200-1510S
言語情報科学特別講義I
Special Lectures: Language and Information Sciences I
河野 真太郎
KONO Shintaro
S1S2 火曜5限
Tue 5th
新自由主義とポストフェミニズムの理論と文化分析

1980年代以降の新自由主義、グローバリゼーション、ポストフォーディズムそしてポストフェミニズム状況の諸側面を、労働と共同体という観点から社会(学)的に捉えつつ、それを枠組みとした作品分析の方法を学んでいきます。第一の教科書としている拙著『戦う姫、働く少女』では、現在をポストフェミニズム状況として捉え、そこでは第二波フェミニズム的な目標が達成されたことにされて、女性が新自由主義的な労働市場で競争に勝ち抜くこと「こそ」が解放をもたらすというイデオロギーが支配的になっていることを指摘し、それを枠組みにしてディズニーやジブリなどのポピュラーカルチャーを分析しています。本セミナーではこの教科書を読みながら参加者それぞれの独自の作品分析を展開してもらいつつ、以下の諸点についていくつか文献(英語の文献も含みます)を読んで発展的な考察をしいていきたいと思います。(1)バイオ資本主義の問題。とりわけ、代理出産のグローバルな市場に典型的に見られる、資本主義の新たな形態の分析。(2)障害学の新たな展開について。新自由主義とポストフォーディズムを背景としたとき、障害者をノーマライズすることによる「解放」は、ポストフェミニズムと同様の問題をはらんでくる。(3)ポストフェミニズム状況における男性性の問題について。以上の三点、場合によってはさらに発展的な考察を進めていきます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 119教室 Komaba Bldg.1 Room 119
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M200-1510S
言語情報科学特別講義I
Special Lectures: Language and Information Sciences I
河野 真太郎
KONO Shintaro
S1S2 火曜5限
Tue 5th
新自由主義とポストフェミニズムの理論と文化分析

1980年代以降の新自由主義、グローバリゼーション、ポストフォーディズムそしてポストフェミニズム状況の諸側面を、労働と共同体という観点から社会(学)的に捉えつつ、それを枠組みとした作品分析の方法を学んでいきます。第一の教科書としている拙著『戦う姫、働く少女』では、現在をポストフェミニズム状況として捉え、そこでは第二波フェミニズム的な目標が達成されたことにされて、女性が新自由主義的な労働市場で競争に勝ち抜くこと「こそ」が解放をもたらすというイデオロギーが支配的になっていることを指摘し、それを枠組みにしてディズニーやジブリなどのポピュラーカルチャーを分析しています。本セミナーではこの教科書を読みながら参加者それぞれの独自の作品分析を展開してもらいつつ、以下の諸点についていくつか文献(英語の文献も含みます)を読んで発展的な考察をしいていきたいと思います。(1)バイオ資本主義の問題。とりわけ、代理出産のグローバルな市場に典型的に見られる、資本主義の新たな形態の分析。(2)障害学の新たな展開について。新自由主義とポストフォーディズムを背景としたとき、障害者をノーマライズすることによる「解放」は、ポストフェミニズムと同様の問題をはらんでくる。(3)ポストフェミニズム状況における男性性の問題について。以上の三点、場合によってはさらに発展的な考察を進めていきます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 119教室 Komaba Bldg.1 Room 119
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C161923
FAS-CA4H18L1
言語文化論特殊研究(23)
Special Seminar on Language and Culture (23)
河野 真太郎
KONO Shintaro
S1S2 火曜5限
Tue 5th
新自由主義とポストフェミニズムの理論と文化分析

1980年代以降の新自由主義、グローバリゼーション、ポストフォーディズムそしてポストフェミニズム状況の諸側面を、労働と共同体という観点から社会(学)的に捉えつつ、それを枠組みとした作品分析の方法を学んでいきます。第一の教科書としている拙著『戦う姫、働く少女』では、現在をポストフェミニズム状況として捉え、そこでは第二波フェミニズム的な目標が達成されたことにされて、女性が新自由主義的な労働市場で競争に勝ち抜くこと「こそ」が解放をもたらすというイデオロギーが支配的になっていることを指摘し、それを枠組みにしてディズニーやジブリなどのポピュラーカルチャーを分析しています。本セミナーではこの教科書を読みながら参加者それぞれの独自の作品分析を展開してもらいつつ、以下の諸点についていくつか文献(英語の文献も含みます)を読んで発展的な考察をしいていきたいと思います。(1)バイオ資本主義の問題。とりわけ、代理出産のグローバルな市場に典型的に見られる、資本主義の新たな形態の分析。(2)障害学の新たな展開について。新自由主義とポストフォーディズムを背景としたとき、障害者をノーマライズすることによる「解放」は、ポストフェミニズムと同様の問題をはらんでくる。(3)ポストフェミニズム状況における男性性の問題について。以上の三点、場合によってはさらに発展的な考察を進めていきます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 119教室 Komaba Bldg.1 Room 119
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0118987
特別講義 情報社会と法
Informational Law
宍戸 常寿
Shishido Jouji
A1A2 水曜1限
Wed 1st
情報社会と法

情報法について、情報化社会の進展を踏まえつつ、講義を行う。ただし、知的財産法等、他の科目が扱う論点はひとまず除き、憲法研究者である講義担当者の関心によりながら、法分野を横断して現れる新しい問題をできるだけ積極的に取り上げることとする。ゲストスピーカーによる講義や議論の機会も予定している。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 22番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4893-1001
情報理工学英語特別講義Ⅰ(国民生活・社会基盤としてのITシステム特論)
Special Lecture in Information Science and Technology Ⅰ
教員
S1 月曜4限 水曜5限
Mon 4th Wed 5th

Many new services supporting our daily life composed of multiple systems via internet are prevailing. Society is increasingly dependent on software systems. Software failures and data incompatibility can cause or contribute to serious accidents that result in death, injury, serious environmental damage, or major financial loss. Such accidents have already occurred, and, without intervention, the increasingly pervasive use of software – especially in arenas such as transportation, health care, and the broader infrastructure –may make them more frequent and more serious. In the future, more pervasive development of software in the civic infrastructure could lead to more catastrophic failures unless improvements are made. On the other hand, so far worldwide research and studies have been suggesting us that software-related accidents are usually caused by flawed requirements; incomplete or wrong assumptions about operation of controlled system or required operation of computer, and unhandled controlled-system states and environmental conditions. Consequently, merely trying to get the software “correct” or to make it reliable (satisfy its requirements) will not make it safer under these conditions. In other words, preventing component or functional failure is NOT enough for maintaining or realizing system safety and security. This is a reason why currently systems engineering is coming to be focused on instead of conventional software engineering. In order to help the students understand the key technological issues for realizing dependable IT systems as public and socio-economic infrastructures, topics will be lectured by experts who are at the forefront from the following 3 aspects in this course. 1) Integrated systems as a social infrastructure - a large scale interconnected SoS (System of Systems) and Cyber Physical Systems (CPS) 2) Open data and interoperability infrastructure of Japanese e-Government 3) Systems Engineering for Cyber Security and System Safety

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理7号館 102号室 Faculty of Science Bldg.7 Room#102
講義使用言語 Language:英語 English
25-301-02
GLP-LP6101L1
情報社会と法
Constitutional Law (Special Study)
宍戸 常寿
Shishido Jouji
A1A2 水曜1限
Wed 1st
情報社会と法

情報法について、情報化社会の進展を踏まえつつ、講義を行う。ただし、知的財産法等、他の科目が扱う論点はひとまず除き、憲法研究者である講義担当者の関心によりながら、法分野を横断して現れる新しい問題をできるだけ積極的に取り上げることとする。ゲストスピーカーによる講義や議論の機会も予定している。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 22番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0510068
FSC-IS4068L3
情報と職業
Information and Profession
松本 隆明
Takaaki Matsumoto
S1 月曜4限 水曜5限
Mon 4th Wed 5th

Many new services supporting our daily life composed of multiple systems via internet are prevailing. Society is increasingly dependent on software systems. Software failures and data incompatibility can cause or contribute to serious accidents that result in death, injury, serious environmental damage, or major financial loss. Such accidents have already occurred, and, without intervention, the increasingly pervasive use of software – especially in arenas such as transportation, health care, and the broader infrastructure –may make them more frequent and more serious. In the future, more pervasive development of software in the civic infrastructure could lead to more catastrophic failures unless improvements are made. On the other hand, so far worldwide research and studies have been suggesting us that software-related accidents are usually caused by flawed requirements; incomplete or wrong assumptions about operation of controlled system or required operation of computer, and unhandled controlled-system states and environmental conditions. Consequently, merely trying to get the software “correct” or to make it reliable (satisfy its requirements) will not make it safer under these conditions. In other words, preventing component or functional failure is NOT enough for maintaining or realizing system safety and security. This is a reason why currently systems engineering is coming to be focused on instead of conventional software engineering. In order to help the students understand the key technological issues for realizing dependable IT systems as public and socio-economic infrastructures, topics will be lectured by experts who are at the forefront from the following 3 aspects in this course. 1) Integrated systems as a social infrastructure - a large scale interconnected SoS (System of Systems) and Cyber Physical Systems (CPS) 2) Open data and interoperability infrastructure of Japanese e-Government 3) Systems Engineering for Cyber Security and System Safety

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理7号館 102号室 Faculty of Science Bldg.7 Room#102
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12701 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account