ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04170210
FLE-PR4B03L1
中国思想文化学特殊講義
Topics in Chinese Philosophy
横手 裕
Yutaka Yokote
S1S2 月曜5限
Mon 5th
漢籍目録学入門

 中国学を学ぶにあたって、近年続出している出土文物に目を配るほか、漢文で書かれた漢籍史料を利用することは基本である。中国では二千年以上の長い歴史にわたり膨大な書籍が蓄積されてきた。例えば、『四庫全書』は清代の乾隆帝の勅命により国家事業として編纂された大型の叢書であるが、この叢書に漢籍はやく三千四百余種、七万九千余巻が収録されている。なお、『四庫全書総目提要』(二百巻)は『四庫全書』に収録されている膨大な数の漢籍をある原則に基づいて分類して目録を作り、各々の著書に概説を施して編纂された解題目録である。漢籍を分類する原則である目録学は、史料を扱うために必要な知識である。  本授業は中国学を学ぶ初心者を対象者として、実際に漢籍史料(前述した『四庫全書総目提要』や『漢書・芸文志』・各『読書志』など)を分かりやすく解説しながら、中国学を学んでいく上での基礎的な知識を身に付けることを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 赤門721
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C3205
FAS-CA4U05L1
国際関係史II
History of International Relations II
川島 真
KAWASHIMA Shin
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
現代東アジア国際関係史

本講義では20世紀後半から21世紀初頭の東アジアの国際政治史について講義する。日本からの目線のみならず、中国や台湾などの多様な観点を重視する。この講義を通じて、東アジア域内の、あるいは東アジアという場における国際政治史の研究状況を把握するとともに、現在生じているさまざまま歴史にかかわる問題の背景についても考察できるようになるであろう。教養課程での東アジア国際政治の講義よりも、学界における研究状況などアカデミックな話題を取り混ぜ、またその時々に発生する時事的な問題へのコメントなども取り混ぜながら講義する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場7号館 722教室 Komaba Bldg.7 Room 722
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1219
FAS-CA4D25L1
比較日本文化論I
Comparative Japanese Culture I
菅原 克也
SUGAWARA Katsuya
S1S2 火曜4限
Tue 4th
夏目漱石『三四郎』を読む

夏目漱石『三四郎』を読みながら、文学のテクストを分析する方法論、態度を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-1070S
比較文学比較文化演習VI
Seminar on Comparative Literature and Culture VI
菅原 克也
SUGAWARA Katsuya
S1S2 火曜4限
Tue 4th
夏目漱石『三四郎』を読む

夏目漱石『三四郎』を読みながら、文学のテクストを分析する方法論、態度を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1070S
比較文学比較文化演習VI
Seminar on Comparative Literature and Culture VI
菅原 克也
SUGAWARA Katsuya
S1S2 火曜4限
Tue 4th
夏目漱石『三四郎』を読む

夏目漱石『三四郎』を読みながら、文学のテクストを分析する方法論、態度を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C321619
FAS-CA4U17L1
特殊講義「中国の外交」
Lectures on Special Topics (Chinese Diplomacy)
川島 真
KAWASHIMA Shin
A1A2 火曜4限
Tue 4th
近代中国外交(史)研究

中国外交(史)についての講義。中国外交がどのようなものかということと、それがどのように研究されてきたのかということ、また研究するための材料(漢文の外交文書など)を把握することで、中国外交史とともに現代中国外交を歴史的に見る視座を養う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04171206
FLE-HI2I10L1
東洋史学特殊講義I
Topics in Oriental History I
佐川 英治
SAGAWA Eiji
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
漢帝国以後の多元的世界

この講義では4世紀末におこなわれたヒ水の戦いが中国史・東アジア史の大きな転換点になったことについて述べます。このことを通じて中国史・東アジア史の新しい見方について考えていきます。 この講義でまず取りあげるのは前秦(三五一―三九四)の苻堅(三三七―三八五)です。苻堅は長い中国史のなかでも四世紀に現れたはとりわけ不思議で魅力的な英雄です。苻堅は「五胡」と呼ばれる異民族の一つである氐族の出身ながら、前燕、仇池、前涼、代等の国を滅ぼして華北を統一、さらには東晋から四川を奪い中国の大半をおおう大帝国を作りあげました。その名はインドや中央アジアにも届いて六十二国の王が使者を送り、中国西南や東北・朝鮮の諸外国からも朝貢の使節が訪れました。一方で苻堅は、理解しがたい性急さで天下統一に挑み、淝水の戦いで東晋軍に大敗を喫し、一朝のうちに帝国を崩壊に至らしめた人物でもあります。ついにはもとの部下であった後秦の姚萇に縊り殺されるという哀れな最期を遂げます。 苻堅は一体何を目指し、そしてどうしてヒ水の戦いに敗れることになったのでしょうか。実は苻堅の夢と敗北は彼個人の問題ではなく大きな歴史の転換でもあったのです。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 212教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C321696
FAS-CA4U17L1
特殊講義「アジア国際政治」
Lectures on Special Topics (International Politics in Asia)
袁 静
YUANG JING
A1A2 木曜4限
Thu 4th
中国対外政策におけるイデオロギー宣伝—「人民日報」を中心に文章を読み解く

外交が内政の延長線にあるという認識は中国共産党にとっては特に強い。中共の特殊なイデオロギーの「話語(言葉)」及び外交文章にまで浸透したその表現は、若手研究者にとっても往々にして理解が容易ではない。本講義はA面(前期)・B面(後期)の二つの部分に分かれる。A面は主に中共イデオロギー宣伝の内部メカニズム、組織構造、機能体系の解説に重点を置き、党内宣伝、国民教育、党校のシステムや大衆運動におけるイデオロギー宣伝の発生やその実行状況を逐次分析することで、対外政策におけるイデオロギー宣伝の背後のロジックや要因に対する受講生の理解の一助とする。B面では、中共のイデオロギー宣伝の主戦場である「人民日報」を取り上げる。社説や「任仲平」「国紀平」「鐘声」等の評論文章を読み解く。日中国交正常化45年以降の重要な節目である国内外の環境の変化と結び付けることで、中共の「国際観」及び中国の対外政策にどのような影響を受けているのかについて、共産党内部と外部の宣伝メカニズムの両面から、重層的に理解できるようになることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:中国語 Others
31D230-1112A
国際社会科学特別講義I
Specific Lecture: International Studies I
袁 静
YUANG JING
A1A2 木曜4限
Thu 4th
中国対外政策におけるイデオロギー宣伝—「人民日報」を中心に文章を読み解く

外交が内政の延長線にあるという認識は中国共産党にとっては特に強い。中共の特殊なイデオロギーの「話語(言葉)」及び外交文章にまで浸透したその表現は、若手研究者にとっても往々にして理解が容易ではない。本講義はA面(前期)・B面(後期)の二つの部分に分かれる。A面は主に中共イデオロギー宣伝の内部メカニズム、組織構造、機能体系の解説に重点を置き、党内宣伝、国民教育、党校のシステムや大衆運動におけるイデオロギー宣伝の発生やその実行状況を逐次分析することで、対外政策におけるイデオロギー宣伝の背後のロジックや要因に対する受講生の理解の一助とする。B面では、中共のイデオロギー宣伝の主戦場である「人民日報」を取り上げる。社説や「任仲平」「国紀平」「鐘声」等の評論文章を読み解く。日中国交正常化45年以降の重要な節目である国内外の環境の変化と結び付けることで、中共の「国際観」及び中国の対外政策にどのような影響を受けているのかについて、共産党内部と外部の宣伝メカニズムの両面から、重層的に理解できるようになることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1112A
国際社会科学特別講義I
Specific Lecture: International Studies I
袁 静
YUANG JING
A1A2 木曜4限
Thu 4th
中国対外政策におけるイデオロギー宣伝—「人民日報」を中心に文章を読み解く

外交が内政の延長線にあるという認識は中国共産党にとっては特に強い。中共の特殊なイデオロギーの「話語(言葉)」及び外交文章にまで浸透したその表現は、若手研究者にとっても往々にして理解が容易ではない。本講義はA面(前期)・B面(後期)の二つの部分に分かれる。A面は主に中共イデオロギー宣伝の内部メカニズム、組織構造、機能体系の解説に重点を置き、党内宣伝、国民教育、党校のシステムや大衆運動におけるイデオロギー宣伝の発生やその実行状況を逐次分析することで、対外政策におけるイデオロギー宣伝の背後のロジックや要因に対する受講生の理解の一助とする。B面では、中共のイデオロギー宣伝の主戦場である「人民日報」を取り上げる。社説や「任仲平」「国紀平」「鐘声」等の評論文章を読み解く。日中国交正常化45年以降の重要な節目である国内外の環境の変化と結び付けることで、中共の「国際観」及び中国の対外政策にどのような影響を受けているのかについて、共産党内部と外部の宣伝メカニズムの両面から、重層的に理解できるようになることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9609 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account