ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
03-161851
横断型 University-wide
高齢社会総合研究学概論I
Introduction of Sciences on Aging I
大方 潤一郎
Junichiro Okata
S1S2 水曜6限
Wed 6th

 わが国では、団塊世代の高齢化と出生率の低下により、今から13 年後の2030 年には65 歳以上の高齢者が人口の約 1/3 を占め、75 歳以上の「後期高齢者」も倍増して人口の約 1/5 を占める超高齢社会が到来する。また、韓国、シンガポールも、日本にやや遅れて2040 年には高齢者人口が1/3 を超え、中国でも2060 年には高齢者人口が約1/3 に達することが予測されている。こうした急激な人口構成の変化に対応し、医療、介護、社会保障、居住環境、社会的インフラ、就業形態をはじめとした社会システムを組み替える必要性が目前に迫っている。この社会全体の変化を見通し、超高齢社会にむけて社会システムをリ・デザインする取り組みを直ちに開始し、若い人、現役世代、高齢者の誰もが、人間としての尊厳と生きる喜びを享受しながら快活に生きて行ける、活力ある超高齢社会の実現に向けて挑戦していかなければならない。  本授業ではこれらの課題に対して、主として高齢者の体と心について、国内のトップ講師からの講義を受け、老いとつき合うとはどういうことであるのか、その基礎を分野横断的に学ぶことが狙いである。本講義を通じて、高齢者の健康寿命を延ばし、経済活動・地域活動への参加を促すことによって高齢者が快活に暮らし、社会の支え手となって活躍する活力ある超高齢社会について考えていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工11号館 工11号館講堂
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-220
高齢社会総合研究学概論I
Introduction of Sciences on Aging I
大方 潤一郎
Junichiro Okata
S1S2 水曜6限
Wed 6th

 わが国では、団塊世代の高齢化と出生率の低下により、今から13 年後の2030 年には65 歳以上の高齢者が人口の約 1/3 を占め、75 歳以上の「後期高齢者」も倍増して人口の約 1/5 を占める超高齢社会が到来する。また、韓国、シンガポールも、日本にやや遅れて2040 年には高齢者人口が1/3 を超え、中国でも2060 年には高齢者人口が約1/3 に達することが予測されている。こうした急激な人口構成の変化に対応し、医療、介護、社会保障、居住環境、社会的インフラ、就業形態をはじめとした社会システムを組み替える必要性が目前に迫っている。この社会全体の変化を見通し、超高齢社会にむけて社会システムをリ・デザインする取り組みを直ちに開始し、若い人、現役世代、高齢者の誰もが、人間としての尊厳と生きる喜びを享受しながら快活に生きて行ける、活力ある超高齢社会の実現に向けて挑戦していかなければならない。  本授業ではこれらの課題に対して、主として高齢者の体と心について、国内のトップ講師からの講義を受け、老いとつき合うとはどういうことであるのか、その基礎を分野横断的に学ぶことが狙いである。本講義を通じて、高齢者の健康寿命を延ばし、経済活動・地域活動への参加を促すことによって高齢者が快活に暮らし、社会の支え手となって活躍する活力ある超高齢社会について考えていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工11号館 工11号館講堂
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0671A
運動適応科学演習I
Seminar on Exercise Adaptability I
福井 尚志
FUKUI Naoshi
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
スポーツおよび加齢に伴う関節の疾患と障害

スポーツや加齢に伴う関節障害について多面的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 213室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0671A
運動適応科学演習I
Seminar on Exercise Adaptability I
福井 尚志
FUKUI Naoshi
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
運動適応科学演習I

スポーツや加齢に伴う関節障害について多面的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 213室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0881A
行動適応論II
Behavior Adaptation Related to Fitness II
石井 直方
ISHII Naokata
A1A2 月曜6限
Mon 6th
生体のメカニカルデザインとその適応

生体は周囲の環境や体内環境に応じ多様な適応を示す。本講では特に生体運動に焦点を絞り,1)生体運動の原動力となる骨格筋収縮の分子機構,2)重力環境における生体のデザイン,3)メカニカルストレスに対する筋の適応のメカニズム,4)それらの応用としてのトレーニングのメカニズムと実際,5)加齢に伴う筋萎縮(サルkペニア)のメカニズムとその対策、などについて学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 会議室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0881A
行動適応論II
Behavior Adaptation Related to Fitness II
石井 直方
ISHII Naokata
A1A2 月曜6限
Mon 6th
生体のメカニカルデザインとその適応

生体は周囲の環境や体内環境に応じ多様な適応を示す。本講では特に生体運動に焦点を絞り,1)生体運動の原動力となる骨格筋収縮の分子機構,2)重力環境における生体のデザイン,3)メカニカルストレスに対する筋の適応のメカニズム,4)それらの応用としてのトレーニングのメカニズムと実際,5)加齢に伴う筋萎縮(サルkペニア)のメカニズムとその対策、などについて学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 会議室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0910A
認知行動科学演習II
Seminar on Cognitive and Behavior Sciences II
石井 直方
ISHII Naokata
A1A2 月曜5限
Mon 5th
生体運動の制御と適応

行動の基礎となる生体運動や身体運動につき,その基本的メカニズム,制御機構,適応機構を幅広い視点から学ぶ。主に最近の論文や総説を題材として,セミナー形式で発表や討論を行う。主なテーマは次の通り: 1)生体内での筋収縮の制御機構;2)運動や加齢が筋・骨格系に及ぼす効果;3)骨格筋肥大・萎縮の分子機構;4)運動と体内抗酸化活性;5)環境・運動が筋や中枢の老化に及ぼす効果,など。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 会議室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0910A
認知行動科学演習II
Seminar on Cognitive and Behavior Sciences II
石井 直方
ISHII Naokata
A1A2 月曜5限
Mon 5th
生体運動の制御と適応

行動の基礎となる生体運動や身体運動につき,その基本的メカニズム,制御機構,適応機構を幅広い視点から学ぶ。主に最近の論文や総説を題材として,セミナー形式で発表や討論を行う。主なテーマは次の通り: 1)生体内での筋収縮の制御機構;2)運動や加齢が筋・骨格系に及ぼす効果;3)骨格筋肥大・萎縮の分子機構;4)運動と体内抗酸化活性;5)環境・運動が筋や中枢の老化に及ぼす効果,など。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 会議室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41711109
医学共通講義IX
General Lectures in Medical SciencesIX
大須賀 穣
Yutaka Ozuka
A2W 火曜5限
Tue 5th
生殖・発達・加齢医学入門

生殖発達加齢医学専攻は、ヒトの一生を時間軸で捉え、その様々な局面を解析・研究するユニークな専攻です。本専攻領域における最先端の研究成果を紹介し、学生諸君の研究テーマを展開するためのアイディア、刺激とすることを目的とします。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08E1404
FAS-EA4F04L1
適応生命科学
Human Biology of Adaptation
石井 直方
ISHII Naokata
A1A2 月曜1限
Mon 1st
運動に対する身体の適応とそのメカニズム

身体は刺激を受容して反応することによりその恒常性を維持する一方、継続的な刺激に対して適応することにより、環境に即して柔軟に自らを作りかえるという可塑性をもっている。このように、恒常性と可塑性という、一見相反する性質を巧みに使い分ける点は、生命の本質のひとつとして捉える必要がある。したがって、身体の適応について理解することは、生命科学を学ぶ学生のみならず、身体運動科学やスポーツ科学を学ぶ学生にとっても重要な課題のひとつといえる。一方、身体はさまざまな組織・器官からなる複雑系であり、その適応のメカニズムもまた複雑である。本講義では、メカニカルストレス、運動、温度環境などに対して著しい適応を示す運動器(筋・骨格系)や内分泌・代謝系に焦点を絞り、それらの適応のメカニズムとそれを応用した運動・トレーニング法などについて学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場3号館 113室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 8930 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account