ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
FEN-UE4m38L1
FEN-UE4m38L1
横断型 University-wide
高齢社会総合研究学概論I
Introduction of Sciences on Aging I
大方 潤一郎
Junichiro Okata
S1S2 水曜6限
Wed 6th

 わが国では、団塊世代の高齢化と出生率の低下により、今から12年後の2030 年には65 歳以上の高齢者が人口の約 1/3 を占め、75 歳以上の「後期高齢者」も倍増して人口の約 1/5 を占める超高齢社会が到来する。また、韓国、シンガポールも、日本にやや遅れて2040 年には高齢者人口が1/3 を超え、中国でも2060 年には高齢者人口が約1/3 に達することが予測されている。こうした急激な人口構成の変化に対応し、医療、介護、社会保障、居住環境、社会的インフラ、就業形態をはじめとした社会システムを組み替える必要性が目前に迫っている。この社会全体の変化を見通し、超高齢社会にむけて社会システムをリ・デザインする取り組みを直ちに開始し、若い人、現役世代、高齢者の誰もが、人間としての尊厳と生きる喜びを享受しながら快活に生きて行ける、活力ある超高齢社会の実現に向けて挑戦していかなければならない。  本授業ではこれらの課題に対して、主として高齢者の体と心について、国内のトップ講師からの講義を受け、老いとつき合うとはどういうことであるのか、その基礎を分野横断的に学ぶことが狙いである。本講義を通じて、高齢者の健康寿命を延ばし、経済活動・地域活動への参加を促すことによって高齢者が快活に暮らし、社会の支え手となって活躍する活力ある超高齢社会について考えていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工11号館 工11号館講堂
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-220
GEN-CO5y00L1
横断型 University-wide
高齢社会総合研究学概論I
Introduction of Sciences on Aging I
大方 潤一郎
Junichiro Okata
S1S2 水曜6限
Wed 6th

 わが国では、団塊世代の高齢化と出生率の低下により、今から12年後の2030 年には65 歳以上の高齢者が人口の約 1/3 を占め、75 歳以上の「後期高齢者」も倍増して人口の約 1/5 を占める超高齢社会が到来する。また、韓国、シンガポールも、日本にやや遅れて2040 年には高齢者人口が1/3 を超え、中国でも2060 年には高齢者人口が約1/3 に達することが予測されている。こうした急激な人口構成の変化に対応し、医療、介護、社会保障、居住環境、社会的インフラ、就業形態をはじめとした社会システムを組み替える必要性が目前に迫っている。この社会全体の変化を見通し、超高齢社会にむけて社会システムをリ・デザインする取り組みを直ちに開始し、若い人、現役世代、高齢者の誰もが、人間としての尊厳と生きる喜びを享受しながら快活に生きて行ける、活力ある超高齢社会の実現に向けて挑戦していかなければならない。  本授業ではこれらの課題に対して、主として高齢者の体と心について、国内のトップ講師からの講義を受け、老いとつき合うとはどういうことであるのか、その基礎を分野横断的に学ぶことが狙いである。本講義を通じて、高齢者の健康寿命を延ばし、経済活動・地域活動への参加を促すことによって高齢者が快活に暮らし、社会の支え手となって活躍する活力ある超高齢社会について考えていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工11号館 工11号館講堂
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0671A
運動適応科学演習I
Seminar on Exercise Adaptability I
福井 尚志
FUKUI Naoshi
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
スポーツおよび加齢に伴う関節の疾患と障害

スポーツや加齢に伴う関節障害について多面的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 213室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0671A
運動適応科学演習I
Seminar on Exercise Adaptability I
福井 尚志
FUKUI Naoshi
A1A2 金曜3限
Fri 3rd
スポーツおよび加齢に伴う関節の疾患と障害

スポーツや加齢に伴う関節障害について多面的に学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 213室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-266
GEN-CO6y36L1
高齢社会総合研究学特論XXVII
Advanced Course on Gerontology and AgingⅩⅩⅦ
大須賀 穣
Yutaka Ozuka
A2 火曜5限
Tue 5th

生殖・発達・加齢医学専攻は、ヒトの一生を時間軸で捉え、その様々な居面を解析・研究するユニークな専攻です。本専攻領域における最先端の研究成果を紹介し、学生諸君の研究テーマを展開するためのアイディア、刺激とすることを目的とします。

単位 Credit:0.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 13階第6セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-MX4b21L1
FEN-MX4b21L1
横断型 University-wide
福祉工学
Welfare Engineering
鎌田 実
KAMATA Minoru
S1S2 火曜3限
Tue 3rd

豊かな社会の創造には、障害者や高齢者のみならず、すべての支援を必要とする人々の心身特性や生活特性を考慮した設計・計画が必要不可欠である。障害者・高齢者・介護者等が使用している工学技術の現状および展望について講義する。福祉工学の変遷や社会背景・制度などを踏まえたうえで、将来あるべき姿などについても講義をする。単に現在ある福祉機器を羅列するだけではなく、本質的に人を支援する機器がどうあるべきかをのべる。具体的には、本校および学外のそれぞれの専門家が講義を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工222号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-230
GEN-CO6y18L1
高齢社会総合研究学特論IX
Advanced Course on Gerontology and Aging Ⅸ
飯島 勝矢
IIJIMA Katsuya
A1A2 火曜5限 火曜6限
Tue 5th Tue 6th

超高齢化を目前にして、いつまでも自立して自分らしく生きる為に、より早期からの健康維持〜虚弱予防が重要な鍵となる。そこには本人自身の意識変容・行動変容と良好な社会環境の実現の両面が必要であり、高齢者の様々なプロダクティビティの増進が期待される。そこで、本講義では虚弱(フレイル:Frailty)の最たる要因である加齢性筋肉減少症(サルコペニア)を予防する為に、『食』を中心に見据えた高齢期に置ける早期からの健康維持を包括的な視点から、その予防対策に関する最新知識を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工8号館 722演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41811109
GME-ML6109L2
医学共通講義IX
General Lectures in Medical SciencesIX
大須賀 穣
Yutaka Ozuka
A2W 火曜5限
Tue 5th
生殖・発達・加齢医学入門

生殖発達加齢医学専攻は、ヒトの一生を時間軸で捉え、その様々な局面を解析・研究するユニークな専攻です。本専攻領域における最先端の研究成果を紹介し、学生諸君の研究テーマを展開するためのアイディア、刺激とすることを目的とします。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 13階第6セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
30111
CAS-GC1D44L1
健康スポーツ医学
Medical Sciences for Health and Sports
福井 尚志
FUKUI Naoshi
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
健康スポーツ医学

現代生活では身体を動かす機会が少なくなったことで健康がさまざまに障害されることが多くなった。糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、心臓病、脳血管障害などの生活習慣病がその代表であるが、肩こりや腰痛も多くの場合運動の不足と関連している。 これらの健康障害を改善しまた予防するためにスポーツがすすめられる。一方、スポーツを一生懸命に行ったことでかえって健康を害する人もいる。過度の運動から病気になり、あるいはスポーツ中に怪我や障害を負うことも多い。スポーツ障害の原因は何か、予防のために何をすればよいか、また障害が起った場合スポーツ復帰のためにどういうことをすればよいのかを考え研究するのがスポーツ医学である。本講座では駒場にいる内科、整形外科、精神科、産業医、歯科の専門家から現代人が知っておくべき健康医科学、スポーツ医学などの医学的知識および健康に関する知識を学ぶ。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場13号館 1331教室 Komaba Bldg.13 Room 1331
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
50091
CAS-GC1D44L1
健康スポーツ医学
Medical Sciences for Health and Sports
福井 尚志
FUKUI Naoshi
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
健康スポーツ医学

現代生活では身体を動かす機会が少なくなったことで健康がさまざまに障害されることが多くなった。糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、心臓病、脳血管障害などの生活習慣病がその代表であるが、肩こりや腰痛も多くの場合運動の不足と関連している。 これらの健康障害を改善しまた予防するためにスポーツがすすめられる。一方、スポーツを一生懸命に行ったことでかえって健康を害する人もいる。過度の運動から病気になり、あるいはスポーツ中に怪我や障害を負うことも多い。スポーツ障害の原因は何か、予防のために何をすればよいか、また障害が起った場合スポーツ復帰のためにどういうことをすればよいのかを考え研究するのがスポーツ医学である。本講座では駒場にいる内科、整形外科、精神科、産業医、歯科の専門家から現代人が知っておくべき健康医科学、スポーツ医学などの医学的知識および健康に関する知識を学ぶ。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場13号館 1331教室 Komaba Bldg.13 Room 1331
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 14325 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account