ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
47220-26 サステイナビリティ学最前線
Frontier of Sustainability Science
味埜 俊、小貫 元治
MINO Takashi
S1S2 集中
Intensive 
Frontier of Sustainability Science サステイナビリティ学最前線(2)

This course is designed to learn a great variety of research conducted at the frontier of “Sustainability Science", through the latest research outcomes of Integrated Research System in Sustainability Science (IR3S) and Sustainability Science Consortium (SSC). IR3S and SSC are research networks for establishing a new academic field “Sustainability Science" among Japanese universities, companies, municipalities and other organizations. By understanding a variety of academic fields related to sustainability and interactions among them, students will come to take part in the process of integrating several academic disciplines and establishing a new academic field “Sustainability Science".  ネットワーク型研究拠点IR3S(Integrated Research System for Sustainability)ならびにSSC(Sustainability Science Consortium)におけるサステイナビリティ学研究の最先端に触れる。サステイナビリティ学の関連分野の広さと相互関連性を知り、それらの統合とサステイナビリティ学創成の過程に参加する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 3F 講義室3 Environmental Studies Bldg. Lecture Room 3
講義使用言語 Language:英語 English
47195-01 サステイナビリティ論
Sustainability Perspectives in Environmental Issues
小貫 元治
ONUKI Motoharu
S1S2 木曜4限
Thu 4th
Sustainability perspectives in environmental issues サステイナビリティ論

In order to understand the essence of environmental issues and their solution, it is necessary to understand the material cycle and energy flow. In this lecture, group discussion on "sustainability" will be offered at first to let students find out its essence. Next, lectures on ethics will be offered, that will build a basis on the understanding of following lectures. Then, material- and energy flows in natural- and industrial systems will be lectured. 環境問題の本質を理解し、その根本的な解決を図るためには、物質やエネルギーの動態の現状を理解し、それらの循環的なシステムを確立することによって、持続可能なシステムにしていく必要がある。本講義においては、まず持続可能な発展をテーマに取り上げて教員をファシリテーターとするグループ討論を行うことにより、問題点の発見・抽出を行う。続いて、環境問題へのアプローチの土台となる環境倫理と技術倫理について講義する。その上で、循環をキーワードとして、物質やエネルギーの収支に関わる実態を解説し、社会的視点を考慮した上で、循環型システムの構築に向けた取り組みのあり方について講義する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 1F FSホール Environmental Studies Bldg. FS Hall 1st fl.
講義使用言語 Language:英語 English
47220-71 資源のサステイナビリティ
Sustainability of Resources
木村 伸吾 他
KIMURA Shingo
S1S2 金曜1限
Fri 1st
資源のサステイナビリティ Sustainability of Resources

From food and energy supply point of view, all resources is very important social issue because abundance of these resources fluctuate with effects of human beings and global natural environment change. In this course, mechanism of these aspects are lectured.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 3F 講義室3 Environmental Studies Bldg. Lecture Room 3
講義使用言語 Language:英語 English
FEN-SI2701L1 安全学基礎
Safety Studies
古田 一雄
Kazuo Furuta
A1 月曜5限 木曜5限
Mon 5th Thu 5th

工学において考慮しなければならない必須の因子である安全の基本概念、評価・達成するための方法論、社会との関係に関する問題についての基本的知識と理解を得る。 Fundamental knowledge and understanding will be presented concerning basic concepts, methodologies to assess and achieve safety, and relational issues with society that should be considered in engineering.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-051 リスク認知とコミュニケーション
Risk Perception and Communication
工藤 久明
Taniguchi
A1A2 水曜
Wed 

原子力技術の開発・利用が人間・社会との間にいかなる諸問題を生み出しているか、あるいは生み出す可能性があるか、両者の新たな関係はいかにあるべきか、それらはどのように構築していくかについて、欧米をはじめ日本においても90年代後半より社会学や政策科学などトランス・ディスプリナリーな視野から議論がされてきたが、2011年3月の福島原子力災害は日本国民に改めて問いかけている。  原子力利用は、原子力施設の立地地域社会、日本社会、国際社会との間でそれぞれ質の異なったリスク問題を抱えている。それは健康リスクであったり、経済リスクであったり、政治的リスクであったりと多様であり、利害関係者の立場によって何をリスクとして認識するか、何のリスクを重大視するかも異なる。したがって原子力リスク問題への対処には、科学技術的な方策だけでなく、人々のもつ心理的要素の存在を十分認識しつつ、利害関係者間での問題認識の共有、対話、共考そして協働が求められる。  講義では、原子力技術のもつ社会的課題への理解向上と課題対応への基礎的知識の習得を目的とし、(1)科学技術リスクと社会、(2)リスク認知と社会信頼、(3)リスク・コミュニケーション、(4)メディア対応、を主な柱として、技術リスクの社会的ガバナンスに係る諸課題について論じるとともに、リスク心理学の基礎的知識および専門家と非専門家のリスク認知ギャップの問題の理解を深めた上で、リスク・コミュニケーション活動の企業行動や規制活動における意義や技法など基本的な事項について実践事例を交え教授する。 ** Purpose of this course is to understand social subjects in nuclear engineering, and to acquire the fundamental knowledge to correspond them; based on 1) Risk in science and technology and Society, 2) Risk perception and confidence from society, 3) Risk communication and 4) Media correspondence. Subjects related to social governance of technical risk will be discussed, and fundamental knowledge in risk psychology and gap in risk perception between experts and non-experts will be understood. Importance and techniques of risk communication activities by enterprises and regulatory bodies are lectured with practical examples.  

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東海 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-154 リスクコミュニケーション/メディア対応演習
Exercise of Risk Communication and Media Correspondence
工藤 久明
TANIGUCHI Taketoshi
A1A2 水曜
Wed 

「リスク認知とコミュニケーション」の講義において学んだ知識を踏まえた上で、特に将来のリーダーに求められる基本的スキルである、情報の収集能力、事例の分析能力、プレゼンテーション能力、ファシリテーション・コミュニケーション能力を身に付けることを目的とし、リスクコミュニケーションそしてメディア対応の演習を行う。 ** Purpose is to acquire the ability to collect information, ability to analyze cases, presentation skill, facilitation/communication skill, which are requisite for prospective leaders.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 東海 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291617 金融機関のリスクマネジメント
門利 剛、須崎 良和
Tsuyoshi Monri
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
金融機関のリスクマネジメント

金融の自由化・国際化が一層進展する中、金融業務は多様化・複雑化しており、金融機関は信用・市場・流動性をはじめとした多様なリスクを抱えている。業務やリスクの特性に応じて、これらのリスクを適切に管理し、コントロールしていくことが、金融機関にとって重要な経営課題の1つになっている。 本講義は、みずほフィナンシャルグループの役職員が講師となり、金融機関のリスクマネジメントについて、理論と実務の両面から概説する。具体的には、ALM、プロジェクトファイナンスを含む与信管理方法、為替・金利トレーディングや年金の資産運用など市場関連業務のリスク管理方法、デリバティブの利用、BIS規制とその背景などのトピックスを採りあげる。 Progress in financial deregulation and internationalization has led to an increase in the diversity and complexity of banking operations, exposing financial institutions to various risks, including credit and market operation risks. Managing such risks with respect to their individual characteristics and operational demands is a key issue relating to successful overall management for financial institutions. In this course, executives and regular employees of Mizuho Financial Group give lectures about the risk management of financial institutions. The lectures cover both theoretical and practical aspects.These topics will be discussed, such as ALM operations, credit risk management including commercial and project finance, market risk management regarding currency and interest rate tradings, derivatives transactions and asset management and pension fund businesses, and BIS regulations and their backgrounds.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟地下1階 第1教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08F140701
横断型 University-wide
グローバル教養特別演習III(1)
Seminar in Global Liberal Arts III (1)
勝又 幹英
KATSUMATA Mikihide
S1S2 水曜1限
Wed 1st
スタートアップとヴェンチャーキャピタル: Start-up and Venture Capital

このコースは受講生徒に、起業とはなにか、ビジネスモデルとしてのベンチャーキャピタルは如何にワークするのか、の基本的な考え方を理解する機会を与えることを旨とする。 授業は、クラス講義、クラス討論、チーム発表、及び最終試験(持ち込み可)からなり、すべて英語で行われる。 This course is designed to give students an opportunity to acquaint themselves with basic understanding of what start-up and entrepreneurship are and how venture capital works as a business model. The Class will consist of lectures, discussions, team business presentation and final open book examination, which are all made in English.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 8号館 8-210
講義使用言語 Language:英語 English
5122400 Global Governance
Global Governance
TIBERGHIEN Yves
TIBERGHIEN Yves
A1A2 集中
Intensive 

Purpose of this course is obtaining a solid understanding and some critical skills at five levels: 1. The theoretical dilemmas of global governance in the current age; 2. The ability to unpack the process of creating global governance (comparing different arenas) 3. The ability to develop a pathway to analyze and solve governance problems; 4. A better empirical understanding of the particular historical juncture of our current period in a larger comparative perspective with a focus on the interplay between the US, the EU, Japan, and large emerging powers (China, India, Brazil) among others. 5. And empirical knowledge on four issue areas: global finance, climate change, and biosafety from the perspective of global governance, and a changing balance of power

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
0704753 金融機関のリスク管理
Risk Management for Financial Institutions
門利 剛、須崎 良和
Tsuyoshi Monri
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
金融機関のリスクマネジメント

金融の自由化・国際化が一層進展する中、金融業務は多様化・複雑化しており、金融機関は信用・市場・流動性をはじめとした多様なリスクを抱えている。業務やリスクの特性に応じて、これらのリスクを適切に管理し、コントロールしていくことが、金融機関にとって重要な経営課題の1つになっている。 本講義は、みずほフィナンシャルグループの役職員が講師となり、金融機関のリスクマネジメントについて、理論と実務の両面から概説する。具体的には、ALM、プロジェクトファイナンスを含む与信管理方法、為替・金利トレーディングや年金の資産運用など市場関連業務のリスク管理方法、デリバティブの利用、BIS規制とその背景などのトピックスを採りあげる。 Progress in financial deregulation and internationalization has led to an increase in the diversity and complexity of banking operations, exposing financial institutions to various risks, including credit and market operation risks. Managing such risks with respect to their individual characteristics and operational demands is a key issue relating to successful overall management for financial institutions. In this course, executives and regular employees of Mizuho Financial Group give lectures about the risk management of financial institutions. The lectures cover both theoretical and practical aspects.These topics will be discussed, such as ALM operations, credit risk management including commercial and project finance, market risk management regarding currency and interest rate tradings, derivatives transactions and asset management and pension fund businesses, and BIS regulations and their backgrounds.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟地下1階 第1教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 9692 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account