ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04187001
FLE-XX4352L1
共通 Common
朝日講座「居場所」の未来
The Future of Living Places
祐成 保志
A1A2 水曜5限
Wed 5th
「居場所」の未来

 安心して過ごすことのできる居場所があることは、生きるための基本的な条件です。  一面で、現代社会では、かつてなく居場所を見つけることが容易になったと言えるでしょう。室内はますます快適になり、街には居心地の良さそうな場所が増え、サイバー空間の使い勝手も劇的に改善されてきました。その気になればいつでもどこでも居場所を手にすることができるかのような楽観的な見方すら、珍しいものではありません。  その一方で、居場所の欠如や喪失の感覚が深まり、これを取り戻すための努力が静かに広がりつつあるのも現代の特徴ではないでしょうか。もっとも、居場所への渇望ないしは衝動は、それをつくったり維持したりすることを妨げるものへの無関心や、ときには敵意にまでつながるのかもしれません。  本年度の朝日講座では、こうした矛盾に注意を払いつつ、見えるものと見えないもの、そして、身近なコミュニティと宇宙のスケールの間を行き来しながら、私たちの居場所とその未来について考えたいと思います。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D283-0092S
科学哲学I
Philosophy of Science I
鈴木 貴之
SUZUKI Takayuki
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
道徳心理学研究と倫理学

近年、社会心理学や神経科学を中心として、道徳認知のメカニズムにかんする経験的な研究が急速に進展しています。これらの経験的な知見は、規範倫理学やメタ倫理学の営みにどのような意味を持つのでしょうか。この授業では、道徳心理学研究の哲学的含意を論じたAppiah, Experiments in Ethicsの講読を通じて、倫理学における事実と規範の関係について考察します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 308室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M283-0092S
科学哲学I
Philosophy of Science I
鈴木 貴之
SUZUKI Takayuki
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
道徳心理学研究と倫理学

近年、社会心理学や神経科学を中心として、道徳認知のメカニズムにかんする経験的な研究が急速に進展しています。これらの経験的な知見は、規範倫理学やメタ倫理学の営みにどのような意味を持つのでしょうか。この授業では、道徳心理学研究の哲学的含意を論じたAppiah, Experiments in Ethicsの講読を通じて、倫理学における事実と規範の関係について考察します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 308室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X400101
FAS-XA4D01L1
横断型 University-wide
高度教養特殊講義(こころの総合人間科学概論)
Special Lectures of Liberal Arts for Advanced Students (Introduction to Human Integrative Science and Education of Mind)
岡ノ谷 一夫
OKANOYA Kazuo
A1A2 未定
To Be Arranged 
こころの総合人間科学概論:東大のこころの科学を俯瞰する

人間(及び動物)の行動や心理、神経活動、そしてこころの健康については、東京大学内の複数の学部、研究科で、多様なアプローチから教育と研究が行われている。欧米の大学では、心理学部あるいは認知神経科学部といったまとまったユニットで行われる教育が、東大に限らず我国では分散して行われているのが実情である。そこで、この講義では、「学内の壁」を低くし、東大のこころの科学(神経科学、心理学、認知科学、発達精神医学、実験社会科学など)の全体像と最前線を俯瞰できるようなオムニバス形式の講義を提供する。この講義を通じて受講者は、こころの多様性と適応について理解し、こころの健康に関する広い知見を学ぶことができる。なお、平成29年度とは異なる講師陣のため、平成29年度に履修した学生も引き続き履修単位が認定される。平成28年度に履修した学生は単位認定がされない。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-19
GFS-MJ6T03L1
医学概論
Introduction to Medicine
内丸 薫
Kaoru Uchimaru
S1S2 集中
Intensive 
医学概論 (Introduction to Medicine)

近年の基礎医学のめざましい進展により、現代医療も著しい変貌を遂げつつある。東京大学医科学研究所附属病院の大きな使命は、先端医療の導入とその遂行、中でも基礎医学研究の成果を臨床に取り入れることである。即ち、探索型臨床研究 (Translational Research) の推進である。本講義においては、non-M.D.の学生を対象にして、医学概論をわかりやすく解説するとともに、実際の症例や看護上の視点も交えながら、最先端の探索型臨床研究についての新たな視座を提供することを目的とする。 Because of remarkable progress in recent basic medicine, the modern medicine is also accomplishing a remarkable change. The great mission of IMSUT Hospital is the introduction of advanced medicine and its accomplishment, especially the introduction of results of basic medical research into clinical studies. In other word, it is a promotion of translational research. In this lecture, we aim for introducing outline of medicine and offering a new standpoint to translational research with practical cases and nursing viewpoints.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室、分子細胞生物学研究所 2F 会議室(206号室) Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.,
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D282-0280A
応用情報論III
Applied Information Science III
植田 一博
UEDA Kazuhiro
A1A2 未定
To Be Arranged 
行動経済学および神経経済学

近年、行動経済学や神経経済学が、人の消費行動や経済行動を説明する新しい枠組みとして注目されている。行動経済学とは、典型的な経済学のように合理的な経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、(多くの場合、合理性からずれた意思決定を行うことに焦点を当てて)人間がどのように選択・行動するのかを究明することを目的とした学問分野である。また神経経済学は、脳科学の手法を用いて、人間の経済的な意思決定のメカニズムを科学的に分析する新しい学問分野である。本授業では、これらの分野を含めたJDM (Judngment and Decision Making) に関する先行研究を広くレビューし、今後の研究の方向性について議論する。具体的には、以下の参考書に挙げた書籍のいくつかのチャプターを読み進める。毎回発表担当者を決めて、各チャプターの内容を紹介してもらうとともに、必要に応じて関連する重要な研究の原著論文も紹介してもらい、その上でチャプターのテーマについて参加者全員で議論を行う。どの書籍ならびにチャプターを取り上げるかは、初回の授業で参加者と相談の上で決定する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M282-0280A
応用情報論III
Applied Information Science III
植田 一博
UEDA Kazuhiro
A1A2 未定
To Be Arranged 
行動経済学および神経経済学

近年、行動経済学や神経経済学が、人の消費行動や経済行動を説明する新しい枠組みとして注目されている。行動経済学とは、典型的な経済学のように合理的な経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、(多くの場合、合理性からずれた意思決定を行うことに焦点を当てて)人間がどのように選択・行動するのかを究明することを目的とした学問分野である。また神経経済学は、脳科学の手法を用いて、人間の経済的な意思決定のメカニズムを科学的に分析する新しい学問分野である。本授業では、これらの分野を含めたJDM (Judngment and Decision Making) に関する先行研究を広くレビューし、今後の研究の方向性について議論する。具体的には、以下の参考書に挙げた書籍のいくつかのチャプターを読み進める。毎回発表担当者を決めて、各チャプターの内容を紹介してもらうとともに、必要に応じて関連する重要な研究の原著論文も紹介してもらい、その上でチャプターのテーマについて参加者全員で議論を行う。どの書籍ならびにチャプターを取り上げるかは、初回の授業で参加者と相談の上で決定する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-153
GEN-CO5400L0
工学倫理
Engineering Ethics
村上 存
Tamotsu Murakami
S1 木曜6限
Thu 6th

工学系研究科では、倫理教育を補完することを目的に、夏学期に大学院共通講義として「工学倫理」を開講しています。 科学・技術倫理やこれに深く関わる分野を専門とされる講師の先生方をお招きし、ご講演をいただきます。平成30年度は計8回の講演会を開催します。 -------- The Lectures on Engineering Ethics is held every S1S2 at the Graduate School of Engineering to complement the activities of each department. We invite lecturers in the fields of scientific and technical ethics and, this year, we will provide a series of 8 lectures.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180573
FLE-HU4E05S3
宗教史学演習III
Seminar in the History of Religions III
藤原 聖子
FUJIWARA Satoko
S1S2 木曜6限
Thu 6th
"Explaining" Japanese Religion: A Critical Approach

This course explores ways to explain Japanese religions in English without resorting to stereotypes. At the same time, it is an introduction to the academic study of religion, which questions what we take for granted about religion, spirituality, and secularity. On successful completion of the course the student will have: --achieved a basic knowledge about historical and contemporary Japanese religions, being critical of stereotypical discourses on Japanese people and culture. --acquired a skill to explain Japanese religions to international neighbors in a well-informed as well as original way. --found it both fun and important to consider matters on religion academically and critically (which is different from attacking or disdaining)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:英語 English
21180756
GHS-GC6F02S3
"Explaining"Japanese Religion: A Critical Approach
"Explaining"Japanese Religion: A Critical Approach
藤原 聖子
FUJIWARA Satoko
S1S2 木曜6限
Thu 6th

This course explores ways to explain Japanese religions in English without resorting to stereotypes. At the same time, it is an introduction to the academic study of religion, which questions what we take for granted about religion, spirituality, and secularity. On successful completion of the course the student will have: --achieved a basic knowledge about historical and contemporary Japanese religions, being critical of stereotypical discourses on Japanese people and culture. --acquired a skill to explain Japanese religions to international neighbors in a well-informed as well as original way. --found it both fun and important to consider matters on religion academically and critically (which is different from attacking or disdaining)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 11576 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account